はじめに

 

ブラジャーについて話すと、多くの人はワイヤーが入ったタイプ を思い浮かべるでしょう。

でも、実際にはノンワイヤーブラが最初のブラジャーの原型であり、市場シェアも大きいです。両方が選ぶ必要はなく、お互いに助け合う関係です。

ワイヤー入りとワイヤーなし、どちらも一長一短があるので、選ぶ時は自分の好みや用途に合わせて選びましょう。

 

ワイヤー入りブラはサポート力が高いですが、ノンワイヤーブラは着心地が良いです。

veimiaが提案したこの記事では両者の違いについて詳しく説明し、皆さんが自分に最適な選択ができるようにします。

 

ノンワイヤーブラとワイヤー入りブラの違い

 

01カップの立体感

 

立体感は、カップの形状を指します。

同じ条件で、ワイヤー入りのブラは、カップがより丸くて膨らみがあり、立体感が出ます。これはブラジャーのフィット感や肌への密着度に影響します。

 

bura waiya- 20231101crx
「上はワイヤー入りブラで、下はノンワイヤーブラです。」

 

立体感が高いほど、ブラが体に密着しやすいです。

サイズが適している場合、ワイヤー入りのブラは、ノンワイヤーブラよりも明らかに優れており、体への密着度も高いです。一方、ノンワイヤーブラは立体感が少しおとるため、中心部が少し上向きになります。

 

bura waiya- 20231101crx2

 

立体感の多少は、良いか悪いかではなく、人それぞれに合った長所と短所があります。

立体感が高いブラは、体にぴったりとフィットします。これは、ブラがしっかり体を支え、安定した着け心地を提供する利点があります。

しかし、長時間着ると痕がつきやすく、不快に感じる可能性もあります。特に暑いときや汗をかいていると、ブラが肌にくっつき、快適さが少し失われるかもしれません。

 

02 サポート

 

画像からも分かるように、ワイヤーなしとワイヤー入りブラの支える力に違いがあります。

 

bura waiya- 20231101crx3

 

ノンワイヤーブラは、布の面積と素材で胸を支えます。主に前からの支持です。

胸が大きい人には、ワイヤーなしは胸を十分に支えられないかもしれません。さらに、胸と皮膚の間の摩擦で痛みが起きる可能性もあります。だから、大きな胸の人にはワイヤーなしはおすすめできません。

ワイヤー入りは、布とワイヤーで胸をしっかり支えます。これは、胸全体にしっかりした支持を提供します。

 

03 耐久性

 

ワイヤー入りとワイヤーなしブラジャーは、ターゲットとしている人が違うため、使われる素材も違います。

ワイヤー入りブラジャーは、胸が大きい人向けで、ナイロンのような丈夫な素材が使われています。綿はあまり使われません。

ワイヤーなしブラジャーは、快適さを重視し、シームレスなデザインや柔らかいモダールコットンが使われることが多いです。ですが、これらの素材は快適ではあるものの、耐久性には欠ける場合があります。

 

bura waiya- 20231101crx4

 

ワイヤー入りブラは使い続けると、ワイヤーの問題や肩紐の変形など、壊れやすいです。一方、ワイヤーなしブラは布がすり減りやすいです。

同じ素材を使っても、ノンワイヤーブラのほうが長持ちするかもしれません。なぜなら、ワイヤーがないため、ワイヤーの変形や脱落などの問題がないからです。

でも、ノンワイヤーブラは柔らかくて支持力が少ない布がよく使われるので、壊れやすくなります。ワイヤーなしで丈夫なブラジャーを探すなら、しっかりした素材を選びましょう。

 

04 選択のしやすさ

 

適切なデザインのワイヤー入りブラジャーは、非常にフィット感があり、90%以上のフィット感が得られます。でも、デザインやカップ形状が合わないワイヤー入りブラジャーは、フィット感が20%以下まで下がることもあります。

これはいわゆる「許容誤差」が低いということです。(許容誤差とは、測定で許容される誤差の範囲を指す。)

 

bura waiya- 20231101crx5

 

ノンワイヤーブラは通常、フィット感が50%〜80%です。完全にフィットするのは難しいけれど、着用できないほどでもありません。そのため、選びやすいと言えます。多くのブランドはノンワイヤーブラの生産を選びます。ワイヤーなしの方が許容誤差が大きいから、選ぶ際のリスクが低く、人々に選ばれやすいです。

多くの人は快適さを優先し、選びやすさを求めてノンワイヤーブラを選ぶ傾向があります。

 

05 サイズと定価

 

ワイヤー入りとワイヤーなしのブラジャーのサイズ展開は大きく異なります。

ワイヤー入りブラジャーは、バンドとカップサイズを組み合わせ、最低でも6種類のサイズを提供しなければならないのに対し、ワイヤーなしブラジャーは最低1種類(フリーサイズ)から、多くてもXSからXXLの範囲で対応可能です。

特定のブランドでは、特殊サイズ(例:70C、70D)を加える場合もありますが、それでも10種類以内であることが一般的です。

したがって、ワイヤー入りブラジャーが必要とする在庫量は大きく、在庫リスクも高まります。さらに、ワイヤー入りブラはパーツが多く、必要な前処理材料も多くなります。

特定の高価格ブランドを除き、ワイヤーなしブラジャーは、同等の品質であれば一般的にコストが低く抑えられます。

ブラジャーの価格は布地のコストだけでなく、物流コストや広告コストなども含まれますが、これらのコストはブラのブランドにとっては必要な支出であり、差はそれほど大きくありません。ですから、布地のコストと在庫コストの違いが、価格差の主な原因です。

 

06 着ける効果とブラの機能

 

ワイヤー入りのブラジャーは、優れたサポート力を提供し、胸をしっかりと持ち上げます。これにより、胸が無重力のような状態に保たれ、美しい輪郭が維持されます。適切にフィットするワイヤー入りブラは、着用時はもちろん、取り外した後も胸の形を美しく保ちます。また、胸の揺れや垂れ、形の変形も効果的に防ぎます。

 

ノンワイヤーブラは着心地が良く、自然な感じがします。基本的に、胸を支えて、服からの摩擦や汗を防ぎます。普段使いはもちろん、寝る時やスポーツする時にも便利です。ワイヤーブラが合わない場面でも、胸を守ってくれます。

 

07 利用できる年齢層とシーン

 

胸が成長中や年を取ってからは、ワイヤーなしブラがおすすめです。逆に、胸がしっかりしているうちは、ワイヤー入りブラがいいです。妊娠や授乳中は、特別なマタニティブラや授乳ブラがいいでしょう。

 

活動的な時はワイヤー入りが支えてくれますが、リラックスする時はワイヤーなしでも大丈夫です。普段使いには、自分の状況や予定に合わせて選びましょう。

 

どのように互いに補完するか

 

ワイヤー入りブラとワイヤーなしブラ、両方ともそれぞれの良さがあります。必ずしも、片方だけを使う必要はないんです。

状況や気分によって使い分けることができます。例えば、胸が大きい女性は、普段はワイヤーなしブラでリラックス。でも、特別な日や服に合わせてワイヤー入りブラを選ぶこともあります。

要は、自分の体や気分に合わせて、ブラを選べばいいんです。

 

家で運動する際には、スポーツブラを着用すると良いですね。

運動が胸の形にどう影響するかはっきりはわかりませんが、体全体の健康には確実に良い影響を与えます。

胸も体の一部ですから、体全体が健康であれば、見た目にも良い影響があります。

毎日少しずつでも運動を続けることが大事です。運動初心者の方は、ストレッチや簡単なHiitから始めてみましょう。

スポーツブラの選び方も大事です。運動の種類や自分の好みに合わせて、見た目も機能も良いものを選びましょう。激しく動かない運動なら、ノンワイヤーのブラでも大丈夫です。

運動に慣れてきたら、しっかりとサポートしてくれるスポーツブラを選んでください。

 

ノンワイヤーのブラを選ぶ時、肩紐付きのものがお勧めです。肩紐があると、ブラが滑りにくく、体にしっかりフィットします。

特に胸が小さい方は、ゴムで固定されたタイプやチューブトップタイプも選べますが、胸がある方はあまりお勧めしません。

 

ブラの準備については、ワイヤー入りのブラを4-8枚、ノンワイヤーで肩紐なしのものを1-2枚用意すると良いです。また、機能的なノンワイヤーブラは種類ごとに2枚ずつ、非機能的なものは2枚が適量です。

もしノンワイヤーのブラをよく着用する場合、非機能的なものを4-8枚、ワイヤー入りは2枚用意しましょう。この数は1年分の目安として考え、自分の生活スタイルや予算に合わせて調整してください。

11月 01, 2023 — VEIMIALOVELY
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展