ブラジャーについて話すと、多くの人がデフォルトでワイヤー入りのブラジャーを思い浮かべるでしょう。それは、ワイヤー入りのブラジャーが確かに「ブラジャーらしい」からです。しかし実際は、ワイヤーなしのブラジャーが最初のブラジャーの原型であり、市場シェアももっと大きいです。両方は選ぶ必要はなく、互いに補完関係にあります。

 

ワイヤー入りのブラジャーの機能性が高いこと、ワイヤーなしのブラジャーが快適で選びやすいことは皆さんも知っているでしょう。しかし、具体的な詳細は、一言で説明するのは難しいです。

ですから、この記事では両者の違いについて具体的に説明し、皆さんに自分に最適な選択かどうかをもっと理解しやすくさせます。

 

カップの立体感が異なる

立体感とは、ブラのカップの形状のことを指します。同じ条件下で、ワイヤー入りのブラは、カップがもっと丸くてふっくらしているため、立体感がもっと強調されます。

 

 

これはブラがどれだけフィットするか、また肌にどれだけ密着するかに影響します。立体感が高ければ高いほど、体との接触が密になります。サイズがすべて適している場合、ワイヤー入りブラはワイヤーなしブラよりも明らかにフィット感があり、体との密着度が高くなります。

 

それに比べ、ワイヤーなしブラは立体感が少し劣るため、ブラの中心部が少し浮くことがあります。

 

立体感の高低は、ブラジャーの良し悪しを判断する基準ではありません。異なる人々にはそれぞれ長所と短所があります。立体感が高く、フィット感が強ければ、それはブラと体表面との隙間が小さくなることを意味します。

 

 

長所は、ブラが体に更にフィットし、安定性が増すことで、ブラジャーが持つ機能を十分に発揮できるようになります。短所は、痕ができやすく、長時間着用すると不快に感じる可能性があることです。また、汗をかくと、ブラが体に吸着し、着心地が悪くなる可能性もあります。

 

サポート力が異なる

 

下の画像から、ノンワイヤーとワイヤー入りブラジャーのサポート力の違いが見て取れます。

 

ノンワイヤーブラの支持力は、主にカバー面と布地から来ており、その支持は正面から来ています。胸が大きい女性の場合、ノンワイヤーブラの構造は胸部と胸の皮膚を十分に分けることができず、これにより摩擦による傷が発生する可能性があります。したがって、支持力に加えて、構造の問題から、ノンワイヤーブラは胸が大きい女性には適していません。

 

 

ワイヤー入りブラの支持力は、カバー面と布地から来るだけでなく、下部のワイヤーからのサポートもあり、より完全です。

 

ノンワイヤーブラの支持力は、主にカバー面と布地から来ており、その支持は正面から来ています。胸が大きい女性の場合、ノンワイヤーブラの構造は胸部と胸の皮膚を十分に分けることができず、これにより摩擦による傷が発生する可能性があります。したがって、支持力に加えて、構造の問題から、ノンワイヤーブラは胸が大きい女性には適していません。

 

ワイヤー入りブラの支持力は、カバー面と布地から来るだけでなく、下部のワイヤーからのサポートもあり、より完全です。

 

 

ワイヤー入りのブラは、通常、ある回数着用した後に破損することが一般的です。これは、通常、アンダーが緩んできたり、ストラップが変形したりする場合です。一方、ノンワイヤーブラは、布地自体が摩耗に耐えられない場合があります。

 

同じ素材を使用する場合、理論的にはノンワイヤーのブラの寿命の方が長くなるでしょう。なぜなら、ワイヤーがないので、ワイヤーの変形や脱落などの問題が起きないからです。

しかし、多くの場合、ノンワイヤーのブラは、メーカーがより柔らかく、支持力が不足している素材を使用するため、耐久性が低下する可能性があります。もっと耐久性のあるノンワイヤーのブラを求める場合は、ワイヤー入りのブラに近い素材を選ぶことをお勧めします。

 

veimiaノンワイヤーブラは、これらの問題を効果的に解決しています。その理由は、ブラのアンダーベルトが広く、かつ伸縮性に富んでいるからです。これによって、ワイヤーが提供する支持力をうまく代替しています。さらに、フルカップと広めのストラップの設計は、バスト全体を適切に支え、リフトアップ効果をもたらします。広いストラップは、バストの重さを適度に分散させ、より快適な着用感を提供すると同時に、バストを美しく整える助けとなります。

 

選ぶ難易度が異なる

 

適切なスタイルに出会えば、ワイヤー入りのブラのフィット感は非常に良いです。それはぴったりと合う効果を達成でき、フィット感は90%以上になります。しかし、スタイルやカップ形状があまり適していないワイヤー入りのブラは、立体感が高いものほどフィット感が低くなり、20%またはそれ以下になる可能性があります。これはいわゆる「許容誤差」が低いということです。

 

多くの人がブラが合わないと言う時、それは主にワイヤー入りのブラを指しています。しかし、ノンワイヤーのブラは、アンダーベルトさえ選べば、着用できないという問題はほとんど発生しないでしょう。

 

ノンワイヤーブラのフィット感は通常、50%から80%の間であります。構造の関係で完全にフィットすることはできませんが、着用できないほどではありません。許容誤差は自然に高くなります。多くの専門的でない下着ブランドは、ノンワイヤーブラの制作を選びやすいです。

 

これは、多くの人がノンワイヤーブラを選ぶ理由でもあります。許容誤差が高ければ、ブラ選びで失敗する可能性が低くなります。ノンワイヤーブラの選びは簡単ですが、ワイヤー入りブラの選びは多少面倒です。

 

 

多くの人は機能と快適さの間で、快適さを選ぶ傾向があり、選択にかかる時間の無駄を減らしたいと思います。

 

サイズと価格設定の違い

 

ワイヤー入りのブラは通常、アンダーサイズとカップサイズを組み合わせてサイズを作成する必要があります。最小サイズのワイヤー入りのブラでも、少なくとも三つのアンダーサイズと二つのカップサイズを用意する必要があり、これにより合計6つのサイズが必要になります。

 

 

一方で、ノンワイヤーのブラは最小でフリーサイズ一つだけでも作成することができ、さらに多くてもXSからXXLまでです。一部のブランド、例えばLove storiesのようなブランドは、70Cや70Dのような特定のサイズを追加で作成することもありますが、通常、10サイズ程度あれば十分多いと言えます。ワイヤー入りのブラの場合、10サイズあるだけでも少ない方です。

 

したがって、ワイヤー入りのブラに必要な在庫量はより大きく、在庫の圧迫も大きくなります。

 

特に高価なブランド、同等の品質のブランドのほとんどは、ノンワイヤーのブラがより安価です。ブラの価格は材料費だけでなく、物流コストや広告コストも含まれますが、後者のコストは下着ブランドすべてに適用され、大きな違いはありません。したがって、前者のブラの材料費と保管費用が、価格差の主な要因となります。

 

着用感と機能性の違い

 

 

ワイヤーの存在は、ブラの支持力を向上させ、それにより胸部をより高く、ほぼ無重力の状態に保つことができます。

ワイヤーはバストを包み込み、長時間着用することでバストをよりはっきりさせることができます。適切なワイヤー入りのブラは、ブラを着用しているときのバストをより魅力的に見せるだけでなく、ブラを取り外した後のバストも美しく見せることができます。バストの揺れを防ぎ、胸部のたるみや変形を緩和するために、ワイヤーは一定の役割を果たします。

 

ノンワイヤーのブラを着用すると、より自然な状態に近くなります。洋服による肌への摩擦ダメージの防止など、基本的なインナーウェアの機能が主です。

 

ノンワイヤーのブラは、日常のインナーウェアだけでなく、睡眠用やスポーツ用などの機能性インナーウェアも含まれます。ワイヤー入りのブラを着用するのに適していない多くのシーンでも、バストを保護し外部からのダメージに抵抗する役割も果たします。

 

使用年齢層とシチュエーションの違い

 

 

バストが発育する時期は、ノンワイヤーのブラジャーが主役です。そして、バストが老化し始めた頃も、ノンワイヤーのブラジャーが主になります。

 

ただし、妊娠や授乳期間は、ノンワイヤーのマタニティブラや授乳ブラを着用するのが良いでしょう。

 

 

 

日常の仕事や生活、外出時などは、活動量が多く、バストが動いたり衝撃を受ける可能性も高いため、これらの場合ではワイヤー付きのブラジャーの方が良いです。

 

 

一方で、リラックスする時間は、基本的に座ったり横になったりすることが多いので、このような場合では一日中ノンワイヤーのブラジャーを着用しても全く問題ありません。

 

まとめ

 

ここでは、胸が大きく、胸を特別に気にする女性を例に挙げます。彼女たちは、「veimia」公式サイドの主要な読者層でもあります。どのようにして2種類の異なる下着を補完的に着用するのでしょうか。

 

 

ワイヤー入りブラは、日中の活動において、特に体調が良い時に着用するのに最適です。選ぶ際には、自身の経済能力に合わせて、最良の品質のものを選ぶことをお勧めします。良質なインナーウェアを選ぶことは、バストの健康を維持するだけでなく、人々がより自由に活動するのを助け、バストが体の姿勢に悪影響を及ぼさないようにする助けにもなります。

 

 

良いインナーウェアの選択は、多方面にわたる効果があります。それはバストの問題に限らず、快適さや姿勢の保持、さらには自信の向上にも寄与するからです。適切なブラの選び方を学び、自分の体に最適なものを見つけることが重要です。

 

ワイヤーなしブラは、リラックスした時間に着用するのが最適です。一日中の労働や学びで疲れた後は、ワイヤー入りブラを脱いで、しっかりお風呂に入り、普通のワイヤーなしブラやパッド入りのナイトウェアを着用しましょう。これにより、身体はリラックスでき、家族の前でも自然で過ごせます。このようにして、心地よく過ごしながら、自身の体もきちんとケアできます。

 

 

もし家で運動する習慣がある場合、スポーツブラを着用して適度な運動をすることもできます。運動がバストのサイズを大きくしたり、たるみを緩和する効果があるかどうかはっきりとは言えませんが、運動は体調を調整するのに役立つことは確かです。

 

寝る時間が来たら、睡眠用のインナーや快適で負担がないノンワイヤーのブラジャー以外の何ものも着用しないようにしましょう。

 

睡眠中にワイヤー入りのブラジャーを着用すると、睡眠の質に悪影響を及ぼす可能性があります。薄いパッド付きのナイトウェアは睡眠中に着用しても良いですが、位置が簡単にずれないものを選ぶようにしましょう。体が動いてもパッドが簡単に滑らないタイプを選ばないと、睡眠の質に影響が出る可能性があります。

10月 19, 2023 — VEIMIAチーフデザイナー
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展