「bカップのバストを持つ方の間で、「胸が小さい」と考え悩む方もおられます。バストに自信がなく、「もう少し大きければ良かった」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、一体bカップは小さいのでしょうか?この記事は、バストのボリュームに悩んでいる方向けに、Bカップの定義やその長所・短所、バストボリュームに影響を与える4つの要素を詳しく説明します。

 veimia フロントホックブラ ホワイト

理想のバストサイズは人それぞれですが、少しでもボリュームアップを望むのであれば、バストアップを目指すことが一つ方法でしょう。この記事を参考に、あなた自身の理想のバストサイズに近づくためにバストアップに挑戦してみてください。

Bカップの大きさってどれくらい?

(1)定義は「トップバストとアンダーバストの差が11.5~13.5cm」

ブラのカップサイズは、バストトップ(胸の一番盛り上がる部分)とバストアンダー(胸部の直下)の差が決定します。

 

Bカップは、バストトップとバストアンダーの差が11.5cmから13.5cmの間にあると定義されています。

 

例えば、トップの測定が84cm、アンダーが72cmだとしたら、「84cm - 72cm = 12cm」なのでそれはBカップです。

(2)重さは両胸で約280g

Bカップバストの1側の平均重量は約140g、両側で約280gとされています。

 

通常のリンゴの重さは約300~400グラム程度ですから、Bカップのバストの重さは小振りなリンゴ1つ分程度と言えるでしょう。

Bカップは貧乳なの?

Bカップ=貧乳ではない

Bカップは、「小さい胸」や「微胸」のようなイメージを抱かれがちですが、Bカップが必ずしも小さな胸とは言えません。

 

Bカップは平均的なサイズと言えます。

 

また、バストサイズはバストの大きさを示すと思われがちですが、実際にはバストの高さを示すものです。そのため、Bカップであっても、ボリュームのあるバストは実際に見たときのサイズよりも大きく見えることもあります。

Bカップのメリット

(1)ちょうど良い

男性だけでなく女性からも「普通」の声が多く聞かれることは興味深いですね。女性にとって、「普通」は「ちょうど良い」という意味合いを持つことが多いようです。

 

普通というのは、誰もが自然体で在ることを表し、それは自分自身にとって最も快適で、また体調を維持できる状態を意味します。これは、女性が自分の体を認識し、その変化を受け入れ、それに適応する能力を表しています。

(2)ほどよく膨らみがある

「控えめながらも自然な曲線を重視する」という美意識があります。例えば、あるアンケートによると、多くの人々は派手さよりもナチュラルな美しさを好む傾向があることが分かりました。

 

具体的に胸のサイズに関して言えば、「大きすぎず小さすぎず、服の上からでもその美しい輪郭が感じられる程度」を理想とする声が多く聞かれます。

 

日本のファッション業界でも、このようなニーズに合わせたデザインが多数存在しており、例として、「ほどよいカップサイズのブラジャー」や「ナチュラルなラインを強調するトップス」が好まれています。

(3)胸が目立ちすぎない

Bカップのバストサイズはそのような美的基準に合致していると見なされがちです。実際、ファッション業界では、Bカップのモデルがクローズアップされることもしばしばあります。

 

例えば、細身のシルエットを美しく見せるタイトなトップスやドレスは、Bカップの女性にとって魅力を最大限に引き出すアイテムと言えるでしょう。また、日本の女性誌やオンラインメディアでは、「控えめながらも均整の取れたラインを保つ」という観点から、Bカップを理想的なサイズとする記事を目にすることも珍しくありません。

 veimia 胸が目立ちすぎない

さらに、街中で行われるアンケートでは、男女問わず「Bカップは抱擁したときに自然で心地よい」という意見もあります。

(4)下着の種類が充実している

Bカップの女性が約3割というのは、確かに一つの統計データとしても示されています。これは実際に下着ショップやデパートメントストアのランジェリーセクションを歩けば明らかです。Bカップ向けのブラジャーは種類が豊富で、流行のデザインや機能性に優れたものも多く見受けられます。

 

また、Bカップサイズは特別注文せずとも、大抵の店舗で簡単に手に入るため、消費者にとっては非常に便利です。ショッピングの際には、サイズがないことによるフラストレーションを感じることがほとんどありません。

 

さらに、下着メーカーが実施するキャンペーンやセールでは、Bカップサイズの商品が特に目玉となることが多く、賢く買い物をする多くの女性にとっては、これが大きな魅力となっています。

Bカップのデメリット

(1)もう少し胸がほしい

胸のサイズに対する女性たちの意見は多様です。男性と同じく、「もう少しサイズが大きければ」と願う声は珍しくありません。実際に、女性誌や美容関連のウェブサイトでは、バストアップのためのエクササイズやマッサージ方法が頻繁に特集されるほど、このニーズは強いと言えます。

 

また、出産や授乳後にバストサイズが変化する経験をした女性も少なくなく、これは女性ならではの体験として広く共感を呼びます。例として、「子供を産んでから以前のブラジャーが合わなくなった」という話は、ママ向けのコミュニティや掲示板でよく交わされるトピックです。

 

このような女性の変化に注目し、ランジェリーメーカーが「授乳後のバストケア」をキーワードにした商品を市場に投入することもあります。それらの商品は、バストサイズの変化に対応した調節機能がついていたり、バストを優しくサポートする設計になっていることが特徴です。

 

さらに、美容外科やクリニックでも、バストサイズに関する相談が増えており、サイズアップを希望する女性たちに対する様々な治療法が提案されています。これらは明確な証拠となり、日本における女性のバストサイズに対する意識の高さを物語っています。

(2)下着売り場に行くと「小さい」と思う

ランジェリー売り場では、Bカップサイズのブラジャーが豊富に揃っているものの、それが必ずしもすべての女性にとって良いことだけを意味するわけではありません。ショッピングをする際、自分の体型やバストサイズを改めて見つめ直す瞬間は、多くの女性にとって複雑な感情を引き起こすことがあります。

 

実際に、下着を選ぶ時は、自身の体をより客観的に見る機会となります。鏡の前で試着する際、普段は気づかない体のラインやバストの形が明確になり、時には自己受容につながるポジティブな体験になることもあれば、逆に自信を失うきっかけになることもあります。

 

たとえば、人気のデザインのブラジャーを試着してみたものの、思っていたようにフィットしなかったり、期待した見栄えにならないと感じることもあるでしょう。

(3)胸を強調しにくい

自分の体について控えめなアピールを望む女性がいる一方で、グラマラスなボディラインを強調したいと考える女性も増えています。たしかにBカップの女性の中には、より豊満なバストラインを望む声もあります。

 veimia 胸を強調しにくい

これは特に、ファッションやメディアが影響力を持つ現代社会において、理想のボディイメージが拡散されることで顕著に見られる傾向です。

 

例えば、胸元が開いたドレスやトップスを着用する際、Bカップだとデザインが十分に活かせないと感じる女性は、パッド入りのブラジャーや谷間を作る下着などを利用してバストラインを強調します。

 

また、最近では、インスタグラムなどのSNS上で自分の魅力的な身体をアピールする文化が広がっており、そういった場ではさらにグラマーなボディラインが求められる傾向にあることも、この欲求を後押ししています。

 

さらには、日本のアイドルやタレントの中にもグラマラスな体型を活かしたキャラクターが人気を集めていることから、一般の女性たちにもそのようなスタイルが理想として受け入れられつつあります。

 

このようなニーズに応えるために、リフトアップやボリュームアップを約束する下着や、バストを美しく見せるファッションアイテムが市場に多数登場しているのです。

(4)周囲から「小さい」と言われる

Bカップの見た目について自分の感覚よりも周囲からの声に影響されやすい女性がいます。これは、「周りの目」が個人の美意識やセルフイメージに大きな影響を及ぼす現象で、特に身体的特徴に関しては敏感になりがちです。

 

現代では、メディアやSNSが理想のボディイメージを発信し続けており、そのスタンダードに自分を合わせようとする圧力を感じる女性も少なくありません。

 

例えば、友人の結婚式や同窓会などのイベントでは、特定のドレスコードに適した体型を求められることがあり、そういった場ではBカップのバストサイズに対するコンプレックスを抱く女性もいます。

 

このようなプレッシャーを感じる女性たちは、時にはバストサイズを変えるための補正下着やエクササイズに頼ることもあります。また、身近な人々のコメントや雑誌、テレビ番組でのトレンドの推移などに左右されることも。

 

しかし、最近では自分を受け入れ、愛するボディポジティブのムーブメントも広がっており、自分の自然な体型を誇りに思う女性も増えてきています。

bカップのシルエットを魅力的にする方法

(1)細身の体型をアピールする

Bカップのサイズが小さいと感じることに対して悲観する必要は全くありません。実際、Bカップのバストは重みが少ないため、時間が経っても下垂しにくく、形を保ちやすいというメリットがあります。このような特徴は、スポーツをしたりアクティブなライフスタイルを送ったりする際に特に重宝されるでしょう。

 

また、バストの大きさと体重の相関関係について言えば、確かにBカップの女性は痩せ型であることが多いという傾向があります。これを活かして、細身のシルエットを強調するファッションを選ぶことで、姿勢の良さと合わせてメリハリのあるスタイルを作り出すことができます。

 

例えば、ウエストラインが強調された服や、縦のラインを意識したコーディネートは、スタイルをより良く見せる効果があります。

 

日本では、"スレンダー = 美しい" という美的価値観が依然として存在しますが、最近では"健康的でバランスの取れた体" を美しいと捉える動きも見られます。そのため、自分の体型を受け入れ、それを最大限に生かしたファッションを楽しむ女性も増えています。

 

結局のところ、バストサイズはあくまで一つの特徴に過ぎず、Bカップであっても、自己の魅力を最大限に引き出すための方法は数えきれないほど存在します。自分自身を大切にし、自信を持って生きることが、真の美しさを引き出す鍵と言えるでしょう。

(2)ブラで形の良さをキープする

確かにBカップやそれ以下のサイズのバストは、重みが少ないため形を保ちやすいというメリットがあります。しかし、適切なケアを怠ると、そのアピールポイントを活かしきれなくなる恐れがあるのも事実です。日常的なブラジャーの選択とケアは、美しいバストラインを維持する上で欠かせません。

 veimia リフトアップブラ イエロー

フィット感はブラ選びの最も大切なポイントです。合わないブラジャーを長時間着用していると、不快感だけでなく、バストの形を崩してしまうことも。そのため、Bカップのバストに合わせた豊富なバリエーションから、自身の身体にジャストフィットするものを見つけ出すことが重要です。

 

サイズ測定は定期的に行うべきです。体型はさまざまな要因で変化するため、現在の自分に合ったサイズを知っておくことが大事です。自分で測る際には、メジャーが水平になっているかを確認し、正確な計測を心がけましょう。

 

また、Bカップ向けに設計されたハーフカップや3/4カップのブラジャーは、小さめのバストにフィットしやすく、美しいシルエットを作り出します。さらに、パッドを使えば、必要に応じてボリュームを加えたり、形を整えたりすることができます。

(3)Bカップこそワイヤーのあるブラジャーを着けるのがおすすめ

ノンワイヤーブラジャーは確かに快適さが魅力ですが、しっかりとしたフィット感や支持力が不足している場合があり、その結果としてバストの脂肪が脇に流れたり、クーパー靭帯が伸びやすくなったりして、下垂の原因になる可能性が指摘されています。

 

一方で、ワイヤー入りブラジャーが痛みの原因になっていると感じる場合は、実際にフィッティングの問題かもしれません。バストの形やサイズに正しく合わせることで、ワイヤー食い込みの不快感を解消することができます。

 

定期的なフィッティングで自分の体型に合ったブラジャーを選ぶことは、快適な着け心地と美しいバストラインを両立する上で非常に重要です。

(4)育乳マッサージをする

バストアップを目指す場合、育乳マッサージは効果的な方法の一つとされています。このマッサージは、リンパの流れを良くし、筋肉の凝りをほぐし、脂肪をバストに集中させることを目的としています。

 

マッサージを行う際は、以下の3つのポイントに注意してください:

 

1.リンパの流れを改善する:乳腺の発達を促進し、老廃物の排出をスムーズにします。

2.筋肉の凝りをほぐす:胸周辺の筋肉が柔らかくなることで、バストラインが整います。

3.脂肪をバストに寄せる:脇や背中、お腹に流れた脂肪をマッサージを通じてバストに移動させることでボリュームアップを狙います。

 

マッサージを行う際には、力加減に注意して優しく行うことが大切です。強すぎる力を加えると、バストのデリケートな組織にダメージを与え、型崩れの原因になりかねません。

 

また、摩擦による肌トラブルを防ぐために、適切なマッサージクリームやバストアップ用クリームを使用することが推奨されます。これらのクリームは、肌への負担を減らすだけでなく、マッサージの効果を高める成分が含まれていることが多いです。

まとめ

bカップは決して小さいサイズではなく、多くの女性にとって標準的なサイズです。サイズに対する社会的な認識や個人の感覚はさまざまですが、自信を持つことが何よりも重要です。

 

bカップのバストには、重みが少なく形を保ちやすいという利点があります。これはアクティブな生活を送る方や、シンプルでナチュラルなスタイルを好む方にとって特に魅力的なポイントです。また、今回ご紹介したような工夫を取り入れることで、さらに自分の魅力を引き出すことができます。

 

フィットする下着の選び方、正しいマッサージ方法、健康的な生活習慣など、様々なアプローチを試しながら、自分らしい美しさを追求していくことが大切です。自分の体型を受け入れ、それを最大限に活かすことで、内面からも輝く自信が生まれるでしょう。

 

最後に、自分自身を大切にする心が、本当の美しさを作り出します。bカップだからこそ楽しめるファッションやライフスタイルがありますので、自信を持ってそれらを楽しんでくださいね。

2月 26, 2024 — VEIMIAチーフデザイナー
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展