大きい胸」に憧れている女性は少なくはないはず。しかし、実際に胸の大きい女性からしたら「着る服に困る」「太って見える」「視線が気になる」「目のやり場に困られる」など、悩みが絶えないのもまた事実。胸の大きさをコンプレックスに感じ、隠すために猫背になってしまう女性もいるでしょう。

 

そこで今回は、胸を強調しすぎず、スッキリとしたスタイリングになるアイテムやコーディネートをご紹介していきます。少しでもお悩み改善に向かうよう、参考にしてみてくださいね。

 

胸が大きくなる原因は?

 

遺伝による体質

胸が大きくなる原因の一つに、遺伝による体質が挙げられます。私たちの外見や身体的特徴は、親から受け継がれる遺伝子に大きく左右されています。胸のサイズも例外ではなく、家族の中に胸が大きい人が多い場合、それは遺伝的な影響を色濃く反映している可能性があります。

 

遺伝子は、乳腺組織の発達やホルモンバランスなど、胸のサイズに関わるさまざまな生物学的プロセスに指示を出します。これらの要素が組み合わさって作用し、個々人のバストサイズが決定されるのです。

 

したがって、両親や近親者が自然と豊満な胸を持っている場合、それはあなた自身の胸のサイズにも影響を及ぼす重要な要因と言えるでしょう。

 

生活習慣の関係

生活習慣が胸のサイズに影響を与えるという事実は、見過ごすことのできない要素です。食生活や運動量、睡眠の質など、日々の行動パターンは、ホルモンレベルや体型に密接に関わっています。

 

特にカロリー摂取量が多く、脂肪の蓄積しやすい食事を続けていると、それは必然的に胸部の脂肪組織の増加につながり得ます。また、適度な運動が不足している場合、体全体の筋肉量が減少し、代わりに脂肪が付きやすい体質へと変化する可能性があります。

 

睡眠不足はホルモンバランスを乱し、ストレスの増加へと繋がります。これらは全て、体内のエストロゲンやプロゲステロンなど、胸のサイズに関係するホルモンに影響を及ぼし、結果的には胸が大きくなる一因となるのです。

 

胸が大きいことのデメリット

 

1.太って見える

バストのボリュームが全体のプロポーションバランスを覆し、実際の体重や体型よりも豊満な印象を与えてしまう原因となります。特に、服装の選択肢が限られたり、フィット感が不自然に感じられたりすることで、その傾向が強調されがちです。

 

また、トップスのサイズを胸に合わせて選ぶと、ウエストラインや腰回りに余分な生地が生じ、全体的にゆったりとした印象になり、結果として体形が大きく見えることがあります。

 

2.肩が凝る

バストの重さによって肩への負担が増大し、長時間にわたって支え続けることで筋肉が緊張し、凝り固まってしまうのです。この問題は、適切なサポートが欠如したブラジャーの使用や、姿勢の悪化とも関連しています。

 

日々の生活の中で、重みを感じない程度の軽微な疲労から、持続的な痛みや頭痛を伴う深刻なケースまで、影響の程度はさまざまです。肩こりによって集中力が散漫になったり、慢性的な痛みに悩まされることも少なくありません。

 

3.垂れ乳・離れ乳になりやすい

重力と絶えず戦いながら、大きな胸を支え続けることは、徐々にその形を保つのが難しくなる原因にもなります。特に、「垂れ乳」と「離れ乳」は大きなバストを持つ方々が直面する一般的な問題です。

 

垂れ乳は、乳房の下垂を意味し、乳房内部の組織や皮膚が重力の影響で伸びてしまうことにより生じます。離れ乳は、乳房が外側に分散してしまう現象で、中心から乳房が離れて見える状態を指します。

 

これらは、適切なサポートを提供するブラジャーの着用や、正しい姿勢の維持が不十分な場合に発生しやすくなります。また、急激な体重変化や妊娠・授乳期間を経ることによって、乳房の形状変化が引き起こされることもあります。

 

4.運動の際に邪魔になる

ジョギングやエアロビクスなど、特に跳躍や激しい動きを伴う運動では、バストが揺れることが不快感を生じさせるだけでなく、パフォーマンスの妨げにもなり得ます。

 

このような揺れは、胸部組織に無用なストレスをかけ、長期的には形の崩れや肌の伸びを引き起こす原因ともなります。また、運動中の不適切なバストの揺れは、胸部や肩、背中への痛みを引き起こす可能性があり、これらは運動を続ける意欲を減退させる要因にもなりかねません。

 

5.胸の下が蒸れやすい

バストと肌の間に空間が少なくなるため、通気性が悪くなり、汗が溜まりやすくなります。これは特に、暑い季節や運動時に顕著になり、不快な湿り気を感じさせるだけでなく、皮膚トラブルの原因となることもあります。

 

このような環境は、細菌の繁殖に適しており、発疹やかぶれ、皮膚炎など、さまざまな肌の問題を引き起こす可能性があります。

 

6.下着選びで苦労する

胸の大きさは下着選びにおいても頭を悩ませる要因です。市場に出回っているブラジャーの多くは標準的なサイズ感に基づいており、豊かなバストに対応するものは限られています。適切なフィット感を見つけるためには、しばしば時間と労力が必要とされるのです。

 

大きな胸を支え、形を整えるためには、十分なサポート力と快適な装着感を兼ね備えたブラジャーが不可欠です。

 

加えて、デザインや素材の面でも選択肢が限られる場合があり、ファッションに合わせたいと考えると、下着選びはさらに複雑なものとなります。

 

7.似合う服が限られる

特定のスタイルやカットが胸を強調しすぎてしまったり、反対に不自然に見えてしまったりすることで、ファッション選択の幅が狭まってしまいます。

 

例えば、ラップドレスやボタンダウンのブラウスは胸が大きいとフィット感に問題が出ることがあり、また、タイトなトップスは体のラインを不必要に強調してしまう可能性があります。

 

8.視線が気になることがある

公共の場や社会的なシチュエーションでは、胸元への注目が気になり、心理的なストレスを感じることがあります。

 

例えば、深いVネックやタイトなトップスはファッションとしては魅力的かもしれませんが、それが不本意な注意を引く要因になる可能性があるため、避けた方が良い場合もあります。同様に、会社でのプレゼンテーションやイベント時には、プロフェッショナルで控えめなファッションが好まれる傾向にあります。

 

胸を小さく見せるために自分でできること・ファッションで印象は変わる!

 

1.胸が大きくてもスマートに見せるコーデ術

胸が大きくてもスマートに見せるためのコーデ術は多岐に渡ります。コーディネートの際には、バストラインを上手くカモフラージュしつつ、全体のプロポーションをバランス良く見せることがポイントです。

 

まず、色の濃淡や柄のサイズを意識した着こなしで視線をコントロールすることが有効です。ダークカラーのトップスは視覚的に引き締まって見える効果がありますし、小さな柄や縦のラインがあしらわれたアイテムは、身体のシルエットをすっきりとさせる傾向にあります。

 

また、VネックやUネックといった程よい開きのある首元は、顔周りへ注意を引き上げます。これにより、視線が自然と上半身の中心から離れ、バストの大きさを目立たなくすることができます。

 

レイヤードスタイルもおすすめです。カーディガンやジャケットなどのアウターを取り入れることで、縦のラインを強調し、さりげなく体型をカバーすることが可能です。ただし、レイヤードする際は厚手の素材を避け、軽やかで流れるような素材を選ぶことで、重たくならずに洗練された印象を保つことができます。

 

2.胸を小さく見せる下着を着用する

胸を小さく見せる下着を着用するのもおすすめの方法です。

バストを均等に分散させ、視覚的にサイズダウンさせる効果があります。これらのブラジャーは、カップの形状が工夫されており、圧迫感を感じさせずに自然なラインを保ちながら胸をコンパクトに整えます。

 

さらに、胸のボリュームを抑える機能性素材やデザインのものを選ぶことも重要です。しっかりとしたサポート力のある下着を選ぶことで、服の上からでもスムーズなシルエットを描くことができ、自信を持ってファッションを楽しむことが可能になります。

 

このように、胸を小さく見せるためには、機能的で美しいラインを作り出す下着を選ぶことが、理想的なスタイリングへの第一歩となります。ボリュームを抑えられる上、大きな胸の方が悩みやすい胸の下の蒸れを解消する効果を兼ねているものもあるので、胸が大きいことによるデメリットをカバーしやすいです。

 

素材と色の魔法

 

1.色で調節する視覚効果

暗めのカラーは背景と融合しやすく、どうしても目立ってしまうバストを自然に引き縮めて見せることが可能です。例えば深いネイビーやチャコールグレー、エレガントなブラックはスリムな印象を演出します。

 

一方で、明るい色や鮮やかな色調はパーツを際立たせ、注目を集めやすい特性があります。したがって、アクセントとして用いる時は慎重に選ぶ必要があります。例えば、下半身やアクセサリーに明るい色を取り入れることで、上半身から視線をそらすことができます。

 

2.素材選びで変わるラインの見え方

しなやかで流れるような素材は、体に自然に沿って落ちるため、スマートな印象を与えます。シルクやレーヨン、薄手のコットンなどがその良い例です。これらの生地は、構造上、体の凹凸を強調しすぎず、むしろ綺麗なドレープを作り出してくれます。

 

一方で、厚手のニットやフリースなどのボリューミーな素材は、バストの大きさを目立たせる可能性があります。同じ理由で、装飾が豊富なトップスやフリル、ラッフルといったディテールは注意が必要です。これらは視線を集め、ボリューム感を増すため、スタイリングの際には配慮が求められます。

 

また、伸縮性のある素材は体のラインに密着するため、バストの形を強調しやすいです。

 

トップス選びの秘訣

 

胸が大きい場合、あまりにも開いたネックラインはバストを不必要に強調してしまい、逆に望まない視線を集めてしまう可能性があります。

 

開きすぎないネックライン、例えばボートネックやスクエアカット、あるいは程よく開いたVネックなどは、首元を美しく見せつつもバランス良く体型をカバーします。これらのネックラインは肩から首にかけてのラインを強調し、視線を顔の方向へと自然に導きます。

 

また、首回りにアクセサリーを加えることで、さらに視線を上部に集中させる効果を期待できます。ただし、大きなペンダントや派手なネックレスはバストのボリューム感を増す原因になるので、シンプルかつ洗練されたデザインを選ぶことが鍵です。

 

ボトムスとのバランスを考えよう

 

1.Aラインやフレアで体型カバー

ボトムスは、トップスとのバランスを考えながら選ぶことが大切です。特に、胸が大きい方にとって、Aラインやフレアスカートは体型カバーに最適なアイテムです。これらのデザインは腰から下へ向かって自然に広がり、下半身にボリュームを持たせることで上半身のバストの大きさを相対的に目立たなくします。

 

Aラインスカートはウエストを強調し、美しいラインを描きつつも、余計な重点を置かずにシルエットを整えます。同様に、フレアデザインも動きに合わせて優雅に波打ち、視覚的な快楽を提供しながら、体の形をバランス良く見せることができます。

 

これらのボトムスは、その流れるようなラインが体型を上手く包み込むため、体型に自信がなくても安心して着用することができます。全体のコーディネートにおいてバランスと美しさを両立させるために、Aラインやフレアのボトムスは非常に有効な選択肢となるでしょう。

 

2.スキニージーンズはNG?

スキニージーンズは、体のラインを強調するため、胸が大きな方にとっては慎重に選ぶべきアイテムです。スキニージーンズが下半身を細く見せることで、対照的に上半身がより大きく見える可能性があるからです。これは、バランスの取れた全体のシルエットを目指す際には避けたい効果です。

 

しかし、これはスキニージーンズが絶対にNGというわけではありません。適切なトップスやアウターを組み合わせることによって、スキニージーンズでもバランス良くコーディネートが可能です。

 

例えば、長めのトップスやチュニック、フロント部分がオープンなカーディガンなどを合わせることで、スタイリッシュに着こなすことができます。

 

また、ブーツカットやストレートカットのジーンズは、下半身に程よいボリュームを持たせ、自然にヒップラインから脚へと視線を移動させることができます。

 

アウターで差をつける

 

1. ボリュームを抑えるジャケットの選び方

適度なシェイプが施されたジャケットは、体のラインを美しく見せつつも、不要な強調を回避します。裾が少し長めのジャケットや、中央に一本縫い目が入ったデザインは、縦のラインを強調し、視覚的にスリムな印象を与えます。

 

また、肩パッドが小さめで、ナチュラルなショルダーラインを描くジャケットもおすすめです。これらのジャケットは肩から自然に流れるようなラインで、バストのボリュームを上手く分散させてくれます。

 

ポケットの位置やボタンのディテールにも注意しましょう。バストの下や横に大きなポケットがあると、そこに視線が集中してしまいがちです。

 

2.コート選びで気を付けたいポイント

コート選びでは、バストに余計なボリュームを加えないデザインを選ぶことが重要です。ラップスタイルやベルト付きのコートは、ウエストを強調しシルエットにメリハリをつけることができますが、バストが大きい方にとっては逆にバストのボリュームを強調してしまう可能性もあるため、注意が必要です。

 

また、ダブルブレストのコートはフロント部分にボリュームが出るため、シングルブレストのすっきりしたデザインの方がより適しています。丈感に関しても、膝上丈やロング丈など、自分の体型に合わせて選ぶことがポイントです。

 

特にロング丈コートは全身に流れるような縦のラインが印象的で、スタイルアップ効果も期待できます。

 

コートの首元のデザインにも注目しましょう。例えば、大きなカラーは顔周りにボリュームを持たせることができ、それによってバストのサイズを相対的に小さく見せる効果があります。その他、ポケットの位置やフロントの開閉方法など、細かなディテールにも目を向けると良いでしょう。

 

胸を小さく見せるブラジャーの選び方

 

バストを小さく見せるブラは、バストを軽く圧縮することで視覚的に小さく見せる効果があります。また、カップ裏にパネルやサポート機能を持つものは、バストを均等に分散させて垂れを防ぎながら、スムーズで自然な外観を提供します。

 

適切なブラジャーは、バスト全体を包み込み、トップからアンダーにかけての形を整えるようデザインされています。これにより、衣服の上からもはっきりとしたラインが出にくくなります。さらに、良質なフィット感は動きやすさを保証し、日常生活における快適性を向上させます。

 

ブラジャーの選び方としては、自分の身体に正確にフィットするサイズを選ぶことが最も重要です。試着を行い、肩紐の長さやアンダーバストの幅が適切であることを確認しましょう。また、締め付け感が少なく、長時間着用してもストレスを感じない素材と構造を選ぶことが望ましいです。

 

姿勢で変わる見た目の印象

 

1.正しい姿勢でスタイルアップ

姿勢は見た目の印象を大きく左右する要素であり、正しい姿勢はスタイルアップに直結します。背筋を伸ばし、肩を下げてリラックスさせることで、自然に胸が上がり、腹部が引き締まります。これにより、全身のバランスが整い、よりすらっとした印象を与えることができます。

 

特に、胸が大きい方はつい猫背になりがちですが、これはバストをさらに大きく見せるだけでなく、体型全体の印象も悪くしてしまいます。

 

2.日常でできる簡単姿勢改善エクササイズ

壁立ちエクササイズ:背中全体を壁につけて立ち、かかと、お尻、肩甲骨、頭が壁に触れるようにします。この状態で数秒キープし、姿勢をリセットします。

 

ストレッチ:デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていると、肩や首が凝って猫背になりがちです。定期的に肩回りや首をストレッチしてリラックスさせましょう。

 

肩甲骨を寄せるエクササイズ:両手を背中で組み、肩甲骨を寄せるように肩を後ろに動かします。胸を開きながら深呼吸し、肩甲骨周りの筋肉を伸ばしましょう。

 

プランク:腕立て伏せのような体勢で、腕とつま先で体を支えます。この際、背中が真っ直ぐになるように意識し、体幹の筋肉を鍛えます。

春夏秋冬、季節ごとの対策

 

1. 暑い季節におすすめの涼しげコーデ

春夏の暑い季節には、涼しげで軽やかなコーディネートがおすすめです。薄手の素材や通気性の良いファブリックを選ぶことで、快適さとスタイルを両立できます。

 

リネン素材のアイテム:リネンは吸湿性が高く、爽やかな着心地を提供します。シャツやブラウスに取り入れると、爽快感あふれるスタイリッシュな印象に。

 

シフォンやレースのトップス:透け感のあるデザインで、視覚的にも涼しげな演出が可能。ただし、下にキャミソールを重ねてバストを上品にカバーしましょう。

 

マキシ丈のスカート:長めの丈が足元に動きを加え、風を通すことで涼しさを保ちます。また、ビーチやリゾートスタイルにもピッタリです。

 

明るい色合いのコーデ:白やパステルカラーなど、光を反射する明るい色を取り入れると、視覚的に涼しさを感じさせることができます。

 

これらのポイントを活用することで、暑い季節でも快適に過ごしつつ、ファッションを楽しむことができます。

 

2.冬の重ね着でもすらっと見せる方法

冬の重ね着は暖かさを保ちつつもスタイリッシュに見せるための工夫が必要です。

 

シルエットにメリハリをつける:インナーに細身のトップスを選び、上にオープンフロントのカーディガンやジャケットを羽織ります。これにより、縦のラインが強調されて体型がすっきり見えます。

 

色と柄で視覚的なコントラストをつくる:薄手のニットやブラウスにダークカラーのスカーフを合わせることで、視線が上に集まりやすくなり、頭部からバストにかけて流れるようなラインが生まれます。

 

ベルト付きコートやワンピース:ウエストをしっかりマークすることで、全体のプロポーションが整い、スリムな印象を与えることができます。

 

ライトレイヤード:不要な厚みを避けるために、薄手のロングスリーブTシャツやタートルネックに中綿入りベストを組み合わせるなど、軽やかな素材を重ねて暖かさを確保します。

 

これらのテクニックを駆使することで、冬場の重ね着でも洗練されたスタイルで外出することが可能になります。

 

まとめ

体型に合わせたスタイリングによって自信を持ち、毎日を前向きに楽しむことです。ファッションは自己表現の一つであり、個々の魅力を最大限に引き出す手段でもあります。自分らしさを尊重し、リスペクトしながらおしゃれを心から楽しんでください。

 

これからも、あなたの個性を活かしたファッションライフを送り、周囲にポジティブな影響を与える素敵な存在であることを願っています。どんな体型であっても、美しく輝けるコーディネートは無限に存在します。自分に合ったスタイルを見つけ、前向きなファッションライフをお過ごしください。

12月 28, 2023 — VEIMIAチーフデザイナー
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展