「妊娠中や出産後に使える授乳ブラって必要なの?」と思っているあなた。

妊娠中や出産後は、バストがサイズアップするため身体を締め付けない為にも授乳ブラは必要です。

 

妊娠前の下着を続けて身に付けていると、バストを過度に締め付けてしまう恐れがあります。

 

また出産後は、乳腺が発達する時期でもあるので、過度な締め付けはあまり良くありません。

本記事では、veimiaの授乳ブラを使用する期間や授乳ブラの選び方。また、妊娠中や産後におすすめのveimiaの授乳ブラ3選を紹介します。

 

現在妊娠中の方や、出産後で授乳ブラを探している方は必見です。

 

目次

授乳ブラはいつから使う?

普段使っている下着がきついと感じたら

無理してバストを締め付けることは良くない

 

授乳ブラの選び方

授乳中はノンワイヤーがおすすめ

ハーフトップタイプも人気

 

授乳の方法でブラジャーを選ぶ

 生地をずらすだけで授乳ができるクロスオープン

ワンタッチで外せるストラップオープン

 中央のボタンを外して授乳できるフロントオープン垂れ防止!

 

おすすめの授乳ブラ3選

 ノンワイヤー授乳ブラ ストラップオープンタイプ

 2way 授乳プラ

 垂れ防止 授乳ブラ2着セット

 

マタニティブラや授乳ブラで子育て中も快適に過ごそう

 

授乳ブラはいつから使う?

 

授乳ブラは、妊娠中から使用できます。

身体を締め付けない優しい素材が使われていることが多く、また授乳中のママに必要であるしっかりとバストを包んでくれる役割と、バストが垂れないように支えてくれる役割があります。

 

授乳期は、乳腺が発達しバストがサイズアップします。その時にバストをしっかり支えないと、授乳が終わった時にバストが垂れてしまう原因になります。

使用する期間が短いため、購入するか迷う方がいますが、後々のためにも購入しておいて損はないでしょう。

 

授乳ブラは、通常、妊娠後期から出産後にかけて使用されます。妊娠後期には、乳房のサイズが増大し、通常のブラジャーがきつくなることがあります。

この時点で、授乳ブラを使用することで、快適なサポートを提供することができます。

 

出産後、母乳育児を始めると、授乳ブラは特に便利です。授乳ブラには、通常のブラジャーと比較して、乳房を簡単に露出できるようにする特別なデザインがあります。

これにより、授乳時に便利に赤ちゃんを授乳することができます。

 

一般的には、妊娠後期から授乳開始までの期間に、授乳ブラを準備することをおすすめします。ただし、個人の体型や状況によって異なる場合もありますので、自身の快適さや必要性に基づいて判断することをお勧めします。

授乳ブラを選ぶ際には、適切なサイズと適切なサポートを提供するものを選ぶことが重要です。必要に応じて、専門家や販売員に相談することもおすすめします。

 

普段使っている下着がきついと感じたら

妊娠時は胎児を守るために、お腹回りが大きくなっていきます。

それに伴い、バストもサイズアップするので、妊娠周期が進むにつれて普段使用している下着が段々ときつくなってきます。

その時に、授乳ブラの購入を検討してもいいでしょう。

 

無理してバストを締め付けることは良くない

「妊娠期や授乳期でしか使用しないから。」と考えてしまい、授乳ブラの購入に迷ってしまうママも多いはず。

しかし、そのまま妊娠前の下着を着けていると、身体を締め付ける原因になってしまうのであまり良くありません。

 

妊娠中は、できるだけ身体を締め付けないように過ごしたいですし、授乳期はバストを締め付けすぎてしまうと乳腺が詰まって乳腺炎を引き起こしてしまう原因になります。

できるだけ身体をストレスフリーな状態に保つためにも、授乳ブラは購入しましょう。

 

授乳ブラの選び方

授乳ブラの選び方は大きく2種類あります。

 

ノンワイヤータイプを選ぶ

 

ハーフトップタイプを選ぶ

 

授乳中はノンワイヤーがおすすめ

妊娠中や授乳中は、身体を締め付けないノンワイヤーブラがおすすめです。

通常ブラジャーには、バストをしっかり支えるためにワイヤーが入っています。しかし、そのワイヤーが逆に身体を締め付ける原因になってしまう可能性があります。

 

ノンワイヤータイプだと、身体を締め付ける心配がなくなるので、ストレスフリーで過ごせます。

 

ハーフトップタイプも人気

ハーフトップタイプとは、後ろにホックが付いていないタイプ。ホックが付いていないので、上から被って着けます。

 

楽に着脱できるので、妊娠期や授乳期のママに人気です。

 

授乳の方法でブラジャーを選ぶ

授乳ブラには、次の3種類があります。

 

下にずらすだけで授乳ができるクロスオープン

 

ワンタッチで外せるストラップオープン

 

中央のボタンを外して授乳できるフロントオープンタイプ

 

生地をずらすだけで授乳ができるクロスオープン

フロント部分が交差している授乳ブラ。片手で生地をずらすだけで簡単に授乳ができます。

バストを全体的に包み込み、締め付け感も少ないので人気の種類です。

 

ただ、バストが大きい方だと寝ている間に授乳ブラからはみ出ていることがあったり、生地が伸びやすかったりするので注意が必要です。

 

ワンタッチで外せるストラップオープン

カップ上部が、ストラップでオープンできるようになっており通常のブラジャーに近い授乳ブラです。

デザインも通常のブラジャーのような物を選べますし、大きいバストでもしっかり支えられます。

 

ただ、ほかの授乳ブラよりは締め付け感があるので、締め付け感が気になる方には向いていません。

しっかりバストを支えてほしい方にはおすすめ。

 

中央のボタンを外して授乳できるフロントオープン

前面のボタンを開けて授乳するタイプ。バスト全体を出して授乳ができるので、授乳に慣れていない方でも安心して授乳できます。

また赤ちゃんの顔に、授乳ブラが付きにくくなっています。

 

ただ、授乳時に両方のバストが出てしまうので、母乳が多く出るママは母乳パッドで片方のバストを支えないといけなくなる可能性があります。

また授乳が終わった後に、ボタンを閉じる際両手を使って付ける必要があります。

 

 

垂れ防止!おすすめの授乳ブラ3選

授乳期間の時に大きくなったバストが、授乳後に小さくなったり垂れてしまったりすることがとても不安なママは多いのではないでしょうか。

ここでは、バストが垂れにくい授乳ブラを紹介します。

 

ノンワイヤー授乳ブラ ストラップオープンタイプ


ノンワイヤーなので、身体を締め付けずストレスフリーで着けられます。

またストラップオープンタイプなので、大きめのバストもしっかりホールド。授乳による垂れ防止にも役立ちます。

 

2way 授乳ブラ

フロントオープンとストラップオープンが使える2way授乳ブラ。

コットン100%に加えて、バストのアンダー部分は太めのゴムになっているので身体を締め付けません。

 

2種類の授乳方法ができるので、状況に応じて使い分けられて便利です。

 

垂れ防止 授乳ブラ

フロントオープン式の授乳ブラ。

フロントのスナップボタンを外すだけで、ブラを外さずに授乳できます。

 

バックベルトが幅広なので、身体への締め付けも軽減。ホックは4段階調節が可能なので、サイズの変動にも対応できます。

 

マタニティブラや授乳ブラで子育て中も快適に過ごそう

妊娠中や出産後に便利な授乳ブラ。身体の変化や、サイズの変化にも対応できるので、持っていると安心で便利です。

 

また出産後は、身体がとてもデリケートになっています。できるだけ身体の締め付けを控えた方がいいので、きつい下着を無理に付けることはやめましょう。

 

さらにveimiaの授乳ブラを着けると、自宅にいる時でも外出中でも授乳する際にとても便利です。初めは、授乳に慣れないママも多いので、できるだけ簡単に授乳できるようにしておきたいですよね。

 

あなたもこの機会に、授乳ブラを着けてみてはいかがでしょうか。

VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展