「胸が垂れるのは巨乳だけ」という誤解を持っていませんか?加齢や重力の影響で胸が下がるというイメージから、「若ければ垂れない」「小さい胸は垂れる心配がない」と思い込んでいる人も多いですよね。でも、実際にはそれだけが原因ではありません。

 

小さな胸にコンプレックスを感じている女性にとって、貧乳は早急に改善したい悩みの一つです。

 veimia 小さい胸の女性

そこで、小さい胸の女性に特有の利点やバストアップの方法もお伝えします。是非この情報を手に入れて、小さい胸に対する悩みにさようならを告げましょう!

貧乳さんでも垂れ乳になる原因を徹底解説!

1、クーパー靭帯に負担がかかっている

まず大切なのは、バストのサイズに関わらず、重力が存在する限り、どんなバストも時間とともに下垂してしまうという事実を理解することです。

 

地球の重力が作用することで、バストを支えているクーパー靭帯には常に負荷がかかっており、それが原因で徐々にバストが下がってしまうのです。特に注意しなければならないのは、一度伸びたり損傷したりしたクーパー靭帯は元の状態に戻らないという点です。

 

クーパー靭帯のダメージは痛みを伴わないため、バストの変化に気付きにくいものです。

 

さらに、重力や揺れだけではなく、加齢によってもクーパー靭帯は弱まりますので、年齢を重ねるごとにより一層のケアが必要です。

2、運動不足による大胸筋の筋力が低下している

 大胸筋の筋力が衰えると、バストをしっかりと支えきれず、下垂してしまう原因になります。

 

大胸筋はバストの下で支える役割を担っており、この筋肉を鍛えることで胸板がしっかりとし、バストラインが引き上げられるため、垂れ胸の予防に効果的です。

 

更に、筋トレにより血行が促進されると、バストに必要な栄養が行き渡りやすくなります。それに加えて、筋トレは冷え性の改善にもつながるため、一石二鳥のメリットがありますね。

3、ノーブラやカップ付きインナーで過ごすことが多い

ノーブラやカップ付きのインナーを日常的に着用していると、バストが垂れやすくなることがあります。

特にバストが小さい方は、快適さを求めてノーブラやカップ付きインナーの使用を選ぶことが多いようです。

 

しかし、これらのアイテムでは十分なサポート力が提供されず、バストを適切な位置で保持することが難しくなります。そのため、バストの形を保つためには、適切なサポート力のあるブラジャーを選ぶことが重要です。

 

ノーブラはバストへのリスクを高める可能性があります。ブラジャーで支えられていないバストは、日常生活での動きによって通常以上に揺れ動きます。

 

この揺れが原因で、バストを支える靭帯や皮膚が伸び、結果的にバストが下垂することにつながりますし、バストの脂肪が周囲に流れやすくなる原因ともなります。適切なサポートを提供するブラジャーの着用は、こうした問題を防ぐために重要です。

 

その結果、クーパー靭帯に過剰な負荷がかかり、バストの形が崩れる原因となります。

 

快適さを求めてノーブラやカップ付きインナーを選ぶこともあるかもしれませんが、バストの美しさを保つためには、できる限り正しいサポートを提供するブラジャーを着用することが望ましいです。優れたフィット感と適切なサポート力を持つブラジャーを選び、バストの健康を守りましょう。

4、バストへの栄養不足

バストに必要な栄養が不足していると、十分な発育が見込めません。バスト上部のボリュームが不足すると、俗に「そげ胸」と呼ばれる状態になりかねません。

 

そげ胸になると、バストそのものが小さく見えがちですし、全体的に貧弱な印象を与えてしまうこともあります。実際、そげ胸は垂れた胸の初期段階と言われており、放置しておくとバストの下垂が進行してしまう可能性が高いです。

 

そげ胸を避けるためにも、食事を通じてバストに必要な栄養をしっかりと供給することが大切です。バランスの取れた食生活で、美しいバストラインを維持しましょう。

5、猫背で血行が悪くなっている

猫背はバストラインの低下やバストサイズが小さく見える原因になると言われています。猫背の姿勢では背中が丸まり、肩が内側に入ることで悪い姿勢が定着してしまいます。

 veimia 猫背

悪い姿勢は血行を妨げ、バストへの栄養供給も不足しがちになります。その結果、バストサイズの減少や大胸筋の力の低下に繋がるのです。

 

さらに、猫背は肩こりや疲労といった体調不良を引き起こしやすくします。特にスマートフォンやパソコンの使用が多い方は、無意識のうちに猫背になっていることがありますので、日頃から姿勢には注意が必要です。

6、生活習慣の乱れやストレス

不規則な生活やストレスの蓄積は、バストの成長を阻害する原因となり得ます。栄養がバストに適切に供給されなければ、バストの老化を早める可能性もあります。

 

睡眠不足、過度な飲食、アルコール摂取、喫煙、極端なダイエットなど、バストに負担をかけるような生活習慣や、ストレスがホルモンバランスを崩し、それによってバストへの影響だけでなく、全体的な健康状態にも悪影響を及ぼします。

 

健やかなバストを保つためにも、生活習慣を整え、ストレス管理に努めることが大切です。バストケアは美容の一環であり、健康維持にも直結しています。

7、妊娠・出産によるホルモンバランスの変化

妊娠や出産は、ホルモンバランスの変化により、バストサイズが大きく変わるタイミングです。これは自然な生理現象であり、やむを得ないことです。

 

妊娠するとバストは大きくなりますが、授乳が終わると通常は元のサイズへと戻ります。しかしながら、この過程でクーパー靭帯に負担がかかり、バストが元のボリュームを失い、しぼんだ花のようになってしまうこともあります。

 

バストが一度伸ばされた皮膚は、バストが小さくなった後も余分に残り、その結果、張りや弾力を失いがちです。

 

それでも、産後も美しいバストラインを保つ女性がいるのも事実です。妊娠中や授乳中でも、可能な限りバストへの負担を軽減するケアを行い、良い姿勢を心掛けることが、再び張りと弾力のあるバストを取り戻すための鍵となります。

8、体型に合っていないブラやナイトブラを着用している

体に合わないブラやナイトブラの着用は、バストサイズを小さくしてしまう危険性があります。体型にフィットしない下着では、胸を適切な位置でサポートできず、結果としてバストのお肉が脇や背中へと流れ出てしまうのです。

 

お肉が分散することでバストボリュームが減少し、バストの形も崩れてしまいます。これが原因で、見た目年齢が実際よりも老けて見えることもあるのです。

 

だからこそ、バストを正しく支えるためには、自身の体型に合ったブラジャーやナイトブラを選ぶことが大切です。フィット感の良い下着を選び、美しいバストラインを保ちましょう。

自力でできる貧乳の垂れ乳の予防と改善!

1.きちんとサイズの合うブラジャーを着用する

サイズが合わないブラジャーを長時間着用していると、バストへの圧迫によって血行不良を招き、結果的に垂れ胸の原因にもなりかねません。垂れ胸を防ぐためには、自分のバストサイズにピッタリ合うブラジャーを選ぶことが肝心です。

 

ブラジャーのフィット感を確保するには、カップのサイズ、アンダーバスト、肩紐の長さなどを正しく調整することが大切です。自分のバストに合わない場合や左右でサイズが異なる場合は、パッドを使って調節したり、店舗で直接縫い合わせてサイズ調整をしてくれるサービスを利用することも一つの方法です。

2.よい姿勢を保つよう心がける

正しい姿勢を心がけることで、衰えがちな大胸筋の筋力を取り戻し、バストを適切に支えることができるようになります。

 veimia よい姿勢を持つ

体を横から見たときに、体の中心線がまっすぐになるよう意識すると良いでしょう。座っている際も、肩の中心が耳より前に出ないように巻き肩や猫背にならないよう注意が必要です。

 

歩くときは、頭のてっぺんが上に引っ張られているようなイメージを持つと、自然と良い姿勢が保たれます。日々の意識が美しいバストラインを保つ秘訣です。

3.栄養のバランスを考えた食事を摂る

バストを支える重要な構造であるクーパー靭帯は、主にコラーゲンで構成されています。このコラーゲンを体内で生成するためには鉄分やアミノ酸が必須です。また、大胸筋の筋力維持にはタンパク質が不可欠なため、食事においても栄養バランスを考慮することが大切です。

 

日々忙しい中でも、食事からすべての必要な栄養素を摂取するのが難しい場合は、サプリメントを利用して補う方法もあります。

 4.習慣的に運動をする

普段から運動の習慣がない方は、軽い運動を日常に取り入れることをお勧めします。運動に慣れていない場合は、最初は5分程度の軽いストレッチから始め、徐々に1日30分の有酸素運動を目指すと良いでしょう。

 

定期的な運動は血行を促進し、バストに必要な栄養がしっかり届くためにも重要です。

 

ただし、激しい運動やブラジャーなしでの運動はクーパー靭帯へのダメージを引き起こす可能性があるので注意が必要です。そうした行為は垂れ胸の原因となりうるため、適切なサポート下で運動を行うよう心掛けてください。

5.睡眠時間を十分に取る

理想の睡眠時間は人それぞれですが、バストの健康を考えるならば、1日に6~8時間の良質な睡眠を目指すことが望ましいです。睡眠不足は成長ホルモンの分泌低下につながり、バストのハリを失わせ、皮膚のたるみや垂れ胸の一因となります。

 

十分な量の睡眠だけでなく、睡眠の質も重要です。質の高い睡眠を確保するために、寝る前にスマートフォンやパソコンの使用を控えたり、就寝前に足を温めたりするなどの工夫を行うと効果的です。快適な睡眠環境を整えて、バストの美しさを保ちましょう。

6.姿勢を意識して寝る

睡眠の質だけでなく、睡眠時の姿勢も垂れ胸予防には大切な要素です。特にうつぶせ寝はバストを圧迫し、血行を妨げるとともにクーパー靭帯に負担をかけるため、垂れ胸を引き起こすリスクがあります。

 

安定した睡眠姿勢を保つためにも、ナイトブラの着用をお勧めします。ナイトブラは就寝中にバストが横に流れるのを防ぎ、形を整える助けとなります。仰向けなどのバストに負担が少ない姿勢で寝る習慣をつけることで、美しいバストラインを維持することが可能です。

7.バストのスキンケアをする

バストは乾燥や紫外線によって皮膚がたるんでしまうことがありますので、適切なスキンケアが非常に重要です。特に露出が増える夏場は、首からバストにかけても日焼け止めをしっかり塗るなどの対策を心がけましょう。

 

お風呂上がりに素早く保湿ケアをすることで、バストの肌のうるおいを保持することができます。化粧水や乳液を利用して、バストにも十分な保湿を施すことを推奨します。バストのお手入れも全身のスキンケアの一環として考えると良いでしょう。

8.妊娠中の場合はマタニティブラを使用する

妊娠をするとホルモンバランスが変化し、バストサイズが1カップから3カップ程度も変わることがあります。妊娠中に通常のブラジャーをそのまま着用していると、サイズの不一致による圧迫で血行不良を引き起こしたり、クーパー靭帯にダメージを与えたりして、垂れ胸の原因になってしまう可能性があります。

 veimia 美胸・授乳ブラ

そのため、妊娠期間中はバストの成長に合わせて適切なマタニティブラを使用することが重要です。マタニティブラはバストへの負担を減らしながら快適にサポートするために設計されており、妊娠中特有のバストの変化に対応してくれます。

胸が小さくてもブラは必要?ブラをつける理由にサイズは関係ない

胸が小さいからといってブラジャーを着用する必要性を感じない女性もいますが、実はバストサイズに関わらずブラジャーをつけることは非常に重要です。

 

ブラジャーの主な機能は以下の通りです:

  • 「乳首を衣服の摩擦から守る」
  • 「背中や脇のお肉を胸に集めて形を整える」
  • 「胸の垂れを防止する」

これらはファッションだけでなく、バストケアの観点からも重要な効果です。ブラジャーを着けないと、これらのメリットを享受できず、バストの垂れや形の変化に繋がる可能性があります。

 

たとえAカップや貧乳と感じていたとしても、ブラジャーには大切な役割があるので、毎日の着用が推奨されます。

 

着心地に不安がある場合は、ノンワイヤーで補正力が高いナイトブラを試すと良いでしょう。ナイトブラは快適さと機能性を兼ね備えており、就寝時でもバストを適切にサポートしてくれます。

胸が小さい女性にもメリットはある!小さい方が良い側面を受け入れてみる!

1.肩こり・首こり・腰痛のリスクが低い

胸が大きい女性は、その重みによって首や肩のこりを抱えることが多いです。

 

実際、バストのサイズが大きくなるほどに重さも増し、一部の人には腰痛を引き起こすほどの負担となることもあります。たとえば、Eカップのバストは左右合わせて約1kg、Fカップでは約1.2kgにも及びます。これは大きめのペットボトル一本分の重さと同等で、かなりの重量感があるということです。

 

一方で、胸が小さい人はこのような問題に直面する可能性が低いというメリットがあります。バストが小さいことによって、体への不調や痛みを感じにくいという利点があるわけです。

2.似合うファッションコーデの幅が広がる

胸が大きい女性は、「かわいいデザインの服でも胸部分が合わない」「バストサイズのせいで似合う服が限られる」という問題に直面しがちです。バストの大きさが理由でファッションの選択肢が狭まるのは、とても残念なことです。

 

一方、胸が小さい女性の場合、バストのサイズによって着られない服があったり、似合わないと感じることは少なくなるため、ファッションを選ぶ幅が広がる傾向があります。トータルで見ると、胸の小ささは様々なスタイルが楽しめるというメリットがあると言えるでしょう。

3.スレンダーで清潔な印象が保てる

スレンダーな体型はスタイリッシュで洗練された印象を与え、多くの人に魅力的に映ります。

 

一方で、胸が大きい女性はセクシーさや成熟した雰囲気で見られることが多いです。大人っぽい魅力はあるものの、スタイルによっては苦労する場合もあります。

 

対して胸が小さい女性は、ファッションの選択肢が広がり、すらりとした清潔感のあるイメージを保ちやすいという利点があります。どんなスタイルも自在にコーディネート可能で、カジュアルからエレガントまで幅広く対応できるため、日々の着こなしにおいても柔軟性が増します。

4.ジョギングなどの運動で胸垂れが起きにくい

実際に胸が大きな女性は、ジョギングのような運動をするだけでも胸の揺れからくる痛みを感じることがあります。適切なサポートがないと、運動中に集中することができないほどです。

 veimia ジョギングなどの運動

運動時には特にキツめのブラや高価なスポーツ用ブラでしっかりと胸を固定する必要があるため、準備も大変です。また、対策を怠ると運動の度に胸が垂れるリスクも高まります。

 

一方で、胸が小さい女性はこのような問題にあまり悩まされることなく、多くのスポーツを気軽に楽しむことができるという利点があります。事前の準備が少なくて済み、胸垂れの心配が少ないのは小胸さんの大きなメリットと言えるでしょう。

5.遊び目的の男性を回避しやすい

残念ながら、女性の胸にのみ注目するタイプの男性は存在します。特にナンパやマッチングアプリ、SNSを通じて軽い声掛けをしてくる男性は、遊び目的である可能性が高いため警戒が必要です。

 

胸が大きい女性は、そうした男性からのアプローチに疲れることも少なくありません。そういった男性からの不本意な関心を避けたいと感じることが多いのです。

 

この点で見ると、胸が小さい女性はそのような不快な出会いを少なく済ますことができるかもしれません。バストサイズによる差別化が、こういった状況を避ける一助となり得るのです。

まとめ

確かに、バストサイズに関するコンプレックスを抱えてしまうことは、誰にでも起こり得ることです。

 

しかし、世界中には同じように胸のサイズで悩む女性がたくさんいます。そのような女性たちの中には、メンタルを強化する術やポジティブな考え方を身につけて、自信を持って生きている人も多いです。

 

辛い悩みから脱出するのは、思考パターンを変えるだけで実現可能です。誰にでもできることなのです。

 

あなたも、胸が小さいことのメリットや改善策を活用しながら、素敵な一歩を踏み出してみませんか? 小さな胸も魅力の一つと捉え、前向きなステップを進んでいってくださいね。

2月 18, 2024 — VEIMIAチーフデザイナー
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展