街角を歩けば、美の追及を促す広告に目が留まることでしょう。しかし、その理想像から少しでも逸脱すると、自尊心はたちどころに揺らぎます。

 

特に、「垂れ乳」というデリケートなテーマは、20代の女性たちの心にも影を落とし得るのです。彼女たちが抱く理想のバストラインへの憧れと、鏡に映る現実との間に立ちはだかるジレンマ。

 

そんな彼女たちが直面する問題に対して、垂れ乳の実態を解き明かし、その防止策を詳細にご紹介してまいります。

veimia垂れ胸

垂れ乳はどのような状態なのか?垂れ乳のセルフチェック方法

垂れ乳とは、バストが本来のべき位置から下に垂れ下がってしまうことを指します。この状態は見た目にも影響を与え、多くの方々にとって悩みの種となっています。

 

セルフチェックの方法は非常にシンプルです。鏡の前に立ち、両手を天井に向けて上げてみましょう。その時に乳房の大部分が乳輪よりも下にある場合、それは垂れ乳の兆候かもしれません。

 

また、ブラジャーを外した状態で乳房の形を確認することや、横から見た時に乳頭がどれだけ下向きになっているかもチェックすると良いでしょう。これらのチェックを定期的に行うことで、自分自身のバストの変化に気付きやすくなります。

垂れ乳になる原因

①加齢による垂れ乳

加齢による垂れ乳は、避けられない生理的な現象として捉えられがちです。歳月が経つにつれ、体内のエストロゲンの分泌量が減少し、これは乳腺のボリュームを維持する上で重要な役割を担っています。エストロゲンの低下は乳腺組織の衰退を促し、それに伴い乳房全体の張りが失われることにつながります。

 

また、肌組織を構成するコラーゲンやエラスチンの生成も減少し、それによって皮膚の弾力性が低下します。この二つのタンパク質は、乳房を支え、美しい形を保つために不可欠であり、その減少は皮膚のたるみと直結するのです。

 

さらに、加齢によって筋肉量が減少するため、胸筋のサポート力も弱まります。バストを支える筋肉が衰えると、それだけ重力による影響を受けやすくなり、垂れ乳へと進行する可能性が高まります。

②胸筋の筋力が低下している

胸筋の筋力低下は、垂れ乳の大きな原因の一つとして挙げられます。バストを支える主要な筋肉である大胸筋が衰えると、その結果として乳房は重力に負けやすくなり、下垂しやすい状態に陥ります。

 

日々の姿勢や運動不足がこの現象を加速させることもあり、特に長時間のデスクワークや不活発なライフスタイルは胸筋を弱体化させる要因となり得ます。

 

加えて、非効率的なトレーニング方法や急激なダイエットによる筋肉量の減少も、胸筋の衰えを招きます。適切なエクササイズを心がけることは勿論、日常生活においても正しい姿勢を保つことで、大胸筋を適度に使い、その機能を維持することが大切です。

③クーパー靭帯の損傷や伸びがある

veimiaクーパー靭帯とは

クーパー靭帯の損傷や伸びは、垂れ乳に直結する重要なファクターです。クーパー靭帯とは、乳房内部を支える繊維質のネットワークであり、その主要な機能は乳腺を固定し、バストの形を保持することです。

 

この靭帯が損傷したり伸びたりすると、バストは本来の位置を保つことが難しくなり、下垂してしまうのです。

 

クーパー靭帯のダメージは、急激な体重変動や運動時の衝撃、不適切なブラジャーの着用などによって生じます。また、授乳期間中の女性もこの問題に直面しやすいとされています。バストの重量が増加し、クーパー靭帯への負担が大きくなるからです。

 

一度伸びたり損傷したりしたクーパー靭帯は、元の状態に戻ることが非常に難しいため、予防が非常に重要です。

④ノーブラの時間が多い

ノーブラで過ごす時間が多いことも垂れ乳の一因になります。ブラジャーは、バストを適切な位置に保持し、クーパー靭帯への負担を軽減するための重要な役割を果たします。

 

常にノーブラでは、これらの繊維が支えを失い、重力の影響によってバストが下方向に引っ張られてしまう可能性があります。

 

特に、活動量の多い日中にノーブラでいると、動きによる衝撃で靭帯が伸びやすくなります。その結果、長期的に見ると乳房の形が崩れ、下垂してしまうリスクが高まります。

⑤ブラジャーの着用に問題がある

サイズが合わないブラジャー、特に小さすぎるものや大きすぎるものを着用することにより、バストは十分な支持を得られなかったり、逆に圧迫されたりしてしまいます。

 

veimia 垂れバスト

サイズの不適切なブラジャーは、バストの形を歪ませ、時間と共にそれが定着してしまう可能性があります。また、古くなって伸びてしまったブラジャーも同様に適切なサポートを提供できなくなります。

⑥悪い姿勢で過ごしている

悪い姿勢で過ごすことが続くと、バストの下垂につながるリスクが高まります。これにより、胸筋が衰え、バストが垂れやすくなるのです。

 

長時間同じ姿勢でデスクワークをする人や、スマートフォンの使用で頭を前に傾けがちな人は特に注意が必要です。

⑦出産後や授乳期による下垂

出産後や授乳期による下垂は、多くの新しい母親が直面する自然な現象です。妊娠中から授乳期にかけては、女性の体は大きな変化を経験します。ホルモンの影響で乳腺が膨張し、バストのサイズが増加します。

 

授乳が始まると、乳房は乳をためることでさらに重くなり、その重さがクーパー靭帯にストレスを与え、バストの下垂を招く原因となります。加えて、赤ちゃんが授乳する際の引っ張りも靭帯にとっては負荷となります。

⑧皮膚の弾力不足

皮膚の弾力不足は、垂れ乳を引き起こす大きな要因の一つです。皮膚の弾力はコラーゲンやエラスチンによって維持されており、これらのタンパク質は年齢と共に減少するため、皮膚がたるみやすくなります。バストは皮膚によって支えられているため、この弾力が低下すると自然と下垂してしまうのです。

 

veimia 皮膚の弾力不足

日焼けや喫煙、不適切な栄養摂取なども皮膚の老化を早め、バストの弾力不足に拍車をかけることがあります。

⑨運動不足による血行不良

運動不足が引き起こす血行不良は、バストの健康にとって非常に深刻な影響を及ぼします。活発な身体活動は血液循環を促進し、組織に酸素や必要な栄養素を届ける役割を担っています。この循環が損なわれると、結果的に皮膚や筋肉はその弾力性を失い、下垂乳の要因となり得るのです。

 

穏やかなストレッチやヨガ、ピラティスといった運動は、リラックスを促しながら血行を改善する効果があります。深い呼吸と共に行うこれらの活動は、ストレス解消にもつながり、ストレスホルモンの過剰分泌が原因の一つであるコラーゲンの減少を抑制します。

垂れ乳になる3つのステップ

STEP1.垂れ乳初期

垂れ乳になる過程は段階的に進行しますが、最初のステージは「垂れ乳初期」と呼ばれます。乳房の位置が少しずつ下方に移動し始めることが特徴です。セルフチェックを行った際、以前よりも乳輪が下向きになっているかもしれませんし、乳房の形状に若干の変化が感じられるかもしれません。

 

初期段階では、バストの弾力が僅かに減少し、クーパー靭帯や皮膚の支持力が徐々に弱まり始めています。この状態を放置すると次のステージへと進行してしまうため、早めにケアを開始し、生活習慣の改善を図ることが重要です。

STEP2.垂れ乳注意期

バストの形状変化が明らかになり始め、自覚的にも不快感を覚えることが増えてきます。乳房のボリュームが下半部に集中し、乳首の向きが顕著に下方を指している状態です。

 

この段階では、クーパー靭帯や皮膚の弾力が顕著に衰え、重力の影響を受けやすくなっています。バストの位置が明らかに下がっており、ブラジャーなしでは以前に比べて様々な動作で乳房の揺れが気になるようになるでしょう。また、バストラインが曖昧になり、衣服のフィット感にも変化が現れる可能性があります。

STEP3.垂れ乳末期

最終段階にあたる「垂れ乳末期」は、バストの下垂が進行し、その変化が明確かつ永続的なものとなっています。このステップでは、乳房のほとんどが乳輪の下方に位置し、乳首も下を向いていることが顕著です。

 

バストの形状が大きく損なわれ、以前の丸みを帯びた形からかけ離れたものになってしまうことも少なくありません。

 

垂れ乳末期に至ると、皮膚やクーパー靭帯の伸びや損傷は修復が困難となり、非外科的な方法での完全な回復は期待しにくくなります。

垂れ乳をこれ以上悪化させない方法

①きちんとサイズの合うブラジャーを着用する

垂れ乳をこれ以上悪化させないためには、まず正しいサイズのブラジャーを着用することが重要です。身体に合ったブラジャーはバストを適切に支え、日常生活での揺れや衝撃から守ります。また、クーパー靭帯への負荷を減少させ、垂れを防止する効果が期待できます。

 

ブラジャーのフィッティングでは、カップが乳房をすっぽりと包み込み、ワイヤーが胸の下の溝に沿う形であることがポイントです。肩紐も調節可能で、締め付け感のないものを選ぶことで、長時間の着用でも快適性を保ちつつ、バストをしっかりとサポートできます。

②よい姿勢を保つよう心がける

良い姿勢を保つことは、垂れ乳防止においても非常に効果的です。猫背や前屈みの姿勢は、バストに対する不必要な圧力をかけ、結果として垂れの原因になり得ます。逆に、肩をしっかり引き、胸を張るように意識すると、筋肉が適切に使われ、バストの位置も自然と上がります。

 

日々の生活の中で、デスクワークをしている時や立っている時にも、背筋を伸ばし、体の軸を正すように心がけましょう。また、背中や肩、胸部周辺の筋トレを行うことで、これらの姿勢をサポートする筋肉を強化することが可能です。

③栄養のバランスを考えた食事を摂る

栄養バランスを考慮した食事を摂ることは、垂れ乳予防においても大切な役割を果たします。肌の健康や筋肉の維持に必要なビタミンやミネラル、タンパク質を十分に摂取することで、バストを支える体内組織の弾力性や強度を高めることができます。

 

veimia 栄養のバランス

特に、抗酸化作用がありコラーゲンの生成を促進するビタミンCや、細胞膜の健康を保持するビタミンEを多く含む食品は積極的に取り入れたいものです。また、良質なタンパク質は筋肉の修復と成長に不可欠であり、バストを支える筋肉の強化に寄与します。

 

適切な量の水分を摂取することも、体内の毒素排出や肌の保湿に効果的で、全体的な健康維持にもつながります。加えて、オメガ3脂肪酸を含むナッツ類や青魚を食べることで、皮膚の弾力性を保ちながら炎症を減らすことが期待できます。バランスの取れた食事は、美しいバストラインを維持するための基盤となるのです。

④習慣的に運動をする

習慣的に運動をすることは、垂れ乳を防ぐための効果的な手段です。適度なエクササイズは血行を良くし、バスト周辺の筋肉を強化することで、乳房の形状を支える役割を果たします。特に胸筋をターゲットにしたトレーニングは、バストアップに直接結びつきます。

 

全身の血流を促進し、体中の細胞に酸素や栄養を行き渡らせることで、皮膚の健康や筋肉のメンテナンスに寄与します。ピラティスやヨガといった低負荷のエクササイズは、姿勢の改善や体の柔軟性向上に有効で、これが間接的にバストの形状を整えることに繋がります。

⑤睡眠時間を十分に取る

十分な睡眠を取ることは、垂れ乳の予防にも役立ちます。身体は睡眠中に細胞の修復や再生を行い、皮膚の健康や筋肉の回復に必要なホルモンを分泌します。特に重要な成長ホルモンは、深い睡眠時に最も多く分泌され、これが直接肌の弾力性や筋肉の維持に影響を与えます。

 

不足した睡眠はストレスホルモンのコルチゾールの過剰な分泌を招き、これがコラーゲンの減少を促進してしまいます。コラーゲンの減少は皮膚のたるみや筋肉の衰弱を引き起こし、垂れ乳のリスクを高める可能性があります。

 

質の良い睡眠を得るためには、寝室の環境を整えることが重要です。静かで快適な空間を作り出し、一日の終わりにはリラックスするためのルーチンを設けましょう。また、カフェインの摂取を控える、就寝前の電子機器の使用を避けるなどの工夫をすることで、より効果的な休息をとることができます。

⑥姿勢を意識して寝る

睡眠中の姿勢も垂れ乳に影響を与えるため、意識して適切な寝姿勢を取ることは重要です。不適切な姿勢で長時間寝てしまうと、バストに無用な圧迫や歪みがかかり、クーパー靭帯への負担が増加してしまいます。

 

理想的なのは、背中や側面に均等な圧力がかかるような姿勢で寝ることです。

 

例えば、仰向けに寝る際には、腕を身体の側ではなく枕の下に置くことで、バストの圧迫を減らすことができます。また、横向きで寝る場合は、抱き枕を使用することで体を安定させ、バストにかかる圧力を軽減することが可能です。

 

さらに、バストが自然な形を保てるようにサポートするナイトブラの使用も一つの方法です。これらの対策により、睡眠時のバストへの負荷を最小限に抑え、垂れ乳のリスクを減少させることが期待できます。

 

十分な休息を取りつつバストのケアも行うことで、夜間の睡眠を美容の時間に変えることができるのです。

⑦バストのスキンケアをする

バストのスキンケアを行うことは、垂れ乳予防において非常に効果的です。皮膚の弾力性はバストの形状を保つ上で重要な要素であり、適切なケアを施すことでその弾力を維持することができます。

 

定期的に保湿を行い、必要な栄養を肌に供給することで、クーパー靭帯への負担を軽減し、皮膚のたるみを防ぐことが可能です。 特に、ハイドレーションを促進する成分やコラーゲンの生成をサポートする成分を含んだバスト専用のローションやクリームを利用することが推奨されます。

 

マッサージを取り入れることによって血流を促進し、栄養素の浸透を高めることもできます。 シャワーやバスタイム後の保湿は特に有効で、この時に肌は柔らかくなり保湿成分の吸収も良好です。

⑧妊娠中の場合はマタニティブラを使用する

妊娠中はバストのサイズと形が変化するため、マタニティブラの使用が非常に重要です。通常のブラジャーと異なり、マタニティブラは成長するバストを支え、快適さを提供するために特別に設計されています。また、拡大し続ける胸部に十分なスペースを与えることで、圧迫感から解放されます。

 

veimia マタニティブラ

 

マタニティブラは、変化する乳房に適応するよう、調節可能なストラップや柔らかく伸縮性のあるカップで構成されており、授乳にも対応したデザインのものが多いです。これにより、クーパー靭帯にかかる負荷を最小限に抑え、垂れ乳のリスクを軽減します。

 

妊娠期間中だけでなく、出産後の授乳時も乳房がサポートされることが重要であり、マタニティブラはその両方のニーズに応えるアイテムです。

まとめ

バストの下垂、俗に言う垂れ乳は、加齢や生活習慣、身体の変化など多くの要因によって引き起こされる現象です。その原因として挙げられるのは、皮膚の弾力不足、運動不足に起因する血行不良、適切なサポートを提供しないブラジャーの着用、また悪い姿勢での日常生活などがあります。

 

垂れ乳を予防し、既存の状態をこれ以上進行させないためには、サイズの合ったブラジャーを着用し、良い姿勢を心掛けることが重要です。

 

バランスの取れた栄養摂取、定期的な運動、充分な睡眠、そして正しい姿勢での睡眠はバストの健康を保つために効果的です。加えて、バストのスキンケアや妊娠中のマタニティブラの使用も、美しいバストラインを長持ちさせる上で有益です。

 

最終的には、自己の体を愛し、適切なケアを怠らないことが、垂れ乳と向き合う上で最も大切なことだと言えるでしょう。垂れ乳は決して恥ずかしいことではなく、自身の体に対する理解と丁寧なケアをもって、長期にわたり美しいバストを維持することが可能です。

1月 15, 2024 — VEIMIAチーフデザイナー
タッグ: 健康 美胸ブラ
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展