お悩み解決!バストやブラに関するお悩みQ&A – VEIMIA

<はじめに>

 

ブラを着用する際に感じる不快感やストレス、それはありませんか?

些細なバストの不快感でも、気になってしまうこともあるでしょう。

バストやブラに関する悩みは、多くの人にとって共通のものです。

適切なブラジャーの選び方やケア方法を知ることで、快適な日常生活を送ることができます。

以下ではveimiaが提案したよくあるお悩みごととその解決策について紹介します。

下着に関する気になる要因を解消していきましょう!

 

 

 

Q1.ブラジャーのストラップが肩に食い込んで痛い。

 

ブラジャーのストラップが肩に食い込んで痛い原因は、以下のような要因が考えられます。

 

  • サイズが合っていない

 

ブラジャーのサイズが適切でない場合、ストラップが肩に食い込んでしまうことがあります。

胸囲や胸のカップサイズが合っていないと、ブラジャー全体が適切にフィットせず、ストラップが肩に負担をかけることになります。

 

  • ストラップの調節が不十分

 

ブラジャーのストラップは長さを調節できるものが多いです。

適切な長さに調節しないと、肩に食い込むことがあります。

 

  • ストラップの幅が狭い

 

ストラップの幅が狭い場合、その部分にかかる圧力が集中してしまい、肩に食い込む原因になることがあります。

 

おすすめのアイテムは:

 

肩への負担を軽減するために、幅広のストラップを備えたブラジャーを選ぶことをおすすめします。

さらに、ブラのストラップの長さを調節して肩へのフィット感を調整することで、痛みを軽減できます。

 

Q2. 背面にあるホックの数が多数あり、自分自身で下着の着用ができない。

 

背面にあるホックの数が多数あり、自分自身で下着の着用ができない原因は、以下のような要因が考えられます。

 

  • 手の届かない位置にある

 

ホックの数が多い場合、それらを正しく留めるためには複雑な手順が必要です。特に背中側での操作は視界に入りにくく、正確な留め具位置を見つけるのが難しいため、自分自身での着用が難しくなります。

 

  • 視覚的な制約

 

背中のホックを見ることが難しいため、正確な位置に引っ掛けるのが難しいかもしれません。

鏡を利用することで見える範囲を広げることができますが、それでも角度によっては確認が難しい場合もあります。

 

おすすめのアイテムは:

 

後ろに手を回して、ホックを留めるという方法だけではなく、前でホックを留めて、ブラを後ろに回すという方法もおすすめです。

素材によって摩擦があるかもしれませんが、でもいい所はちゃんと目でホックを見て確かめることができます。

背面のホックが難しい場合、前面にホックのあるブラジャーが特におすすめです。フロントホックブラを選ぶことで着脱が簡単になるかもしれません。

 

Q3.ブラジャーのアンダーバスト部分がきつくて息苦しい。

 

ブラジャーのアンダーバスト部分がきつくて息苦しい原因は、以下のような要因が考えられます。

 

  • 誤ったサイズの選択

 

ブラジャーのバンドサイズが実際のサイズよりも小さい場合、アンダーバスト部分が過度に圧迫されてしまいます。これにより胸郭が締め付けられ、息苦しさを感じる可能性があります。

 

  • バンド位置の不正確さ

 

バンドが適切な位置にないと、胸の下に食い込んだり圧迫されたりすることがあります。バンドが胸の下にしっかりとフィットしていない場合、胸の周囲に圧迫感を生じ、息苦しさを引き起こすことがあります。

 

  • バンドの伸縮性不足

 

ブラジャーのバンドが十分な伸縮性を持っていない場合、呼吸に必要な動きや伸び縮みが制限されます。これにより、胸の周囲に圧迫感や窮屈さを感じ、息苦しさが生じることがあります。

 

  • ブラジャーのデザイン不適切

 

ブラジャーのデザインや構造が、アンダーバスト部分に過度な圧力をかけるようなものである場合、息苦しさが生じることがあります。特にワイヤーや硬い材料が使用されている場合、圧迫感が強まることがあります。

 

おすすめのアイテムは:

 

正しいサイズのブラジャーを選ぶことが重要です。

アンダーバストのサイズを測定し、適切なバンドサイズを選んでください。

しっかりとしたサポートを提供しつつ、快適なフィット感を得ることができます。

 

 

 

Q4.ブラジャーのカップの形がバストに合わず、ブラ内で形が崩れる。

 

ブラジャーのカップの形がバストに合わず、ブラ内で形が崩れる原因は、以下のような要因が考えられます。

 

  • カップの形状不適切

 

カップのサイズが小さすぎるか大きすぎる場合、バストがカップ内に適切に収まらず、形が崩れることがあります。カップがバストにフィットしていないため、バストが上下左右に移動しやすくなります。

 

  • ブラジャーの劣化

 

古くなったり使用頻度が高いブラジャーは、素材や縫製が劣化することがあります。この劣化により、カップの形状が崩れてしまい、バストを適切にサポートできなくなることがあります。

 

  • 不適切な洗濯や保管

 

ブラジャーの適切な洗濯方法や保管方法を守らないと、素材や形状に影響が出ることがあります。誤った洗濯や保管により、カップの形状が崩れたり伸びたりすることがあり、バストの形をキープできなくなります。

 

おすすめのアイテムは:

 

自身のバストの形に合ったブラジャーを選ぶことが大切です。

専門店でのブラジャーフィッティングを受けるか、自身で試着して適切なサイズと形を見つけましょう。

バストをしっかりとサポートするブラジャーで形をキープできます。

 

Q5.ブラジャーの素材が肌に合わず、かゆみやかぶれが起きることがある。

 

ブラジャーの素材が肌に合わず、かゆみやかぶれが起きる原因は、以下のような要因が考えられます。

 

  • 刺激性のある素材

 

ブラジャーの素材には、染料や化学物質が含まれていることがあります。これらの成分が肌に刺激を与え、かゆみやかぶれを引き起こすことがあります。

 

  • 通気性の不足

 

ブラジャーの素材が通気性に欠けていると、肌が蒸れて湿度が高まり、かゆみやかぶれを引き起こすことがあります。特に暑い季節や運動中など、通気性の重要性が高まります。

 

  • 摩擦や圧迫

 

粗い素材や縫い目のある部分が肌と直接接触すると、摩擦による刺激が生じることがあります。また、ブラジャーのフィット感が悪い場合、特定の部分に圧迫がかかり、かぶれを引き起こすことがあります。

 

  • 洗濯剤残留

 

ブラジャーを洗濯する際に使用する洗濯剤や柔軟剤が、洗濯後に残留することがあります。これらの化学物質が肌に触れることで刺激を引き起こし、かゆみやかぶれが生じることがあります。

 

おすすめのアイテムは:

 

肌に優しい素材で作られたブラジャーを選ぶことが大切です。

天然繊維や肌にやさしい合成素材を選んでください。

通気性の良い素材を使用した肌に優しい下着は、肌トラブルを軽減するのに役立ちます。

 

Q6. ブラジャーの留め具が壊れやすく、頻繁に交換しなければならない。

 

ブラジャーの留め具が壊れやすく、頻繁に交換しなければならない原因は、以下のような要因が考えられます。

 

  • 低品質な素材の使用

 

安価なブラジャーは、留め具に低品質な素材が使用されていることがあります。このような素材は耐久性に欠け、頻繁な着脱や使用に耐えることが難しいです。

 

  • 縫製の粗さ

 

  • ブラジャーの留め具部分の縫製が粗く、強度が不足している場合、留め具が繰り返しの着脱に耐えられずに壊れやすくなります。

 

  • 留め具の設計不良

 

ブラジャーの留め具が適切に設計されていない場合、留め具にかかる負荷が不均等に分散されず、一部の部分に過度なストレスがかかります。これにより、留め具が早く壊れる可能性が高まります。

 

  • 着脱の頻度

 

ブラジャーの留め具は着脱に使用されるため、頻繁な着脱が行われると留め具に負担がかかります。特に同じ留め具を毎日使用する場合、留め具の耐久性が問われます。

 

  • 洗濯や手入れの方法

 

ブラジャーを適切な方法で洗濯せずに、強い摩擦や力をかけて取り扱うと、留め具に不必要なストレスがかかり、壊れやすくなることがあります。

 

おすすめのアイテムは:

 

高品質なブラジャーを選ぶことで、留め具の耐久性が向上します。

信頼性のあるブランドや評判の良い商品を選んでください。

良い品質の留め具は長持ちし、頻繁な交換の必要性を軽減します。

 

 

 

<まとめ>

 

適切なブラジャーの選び方やケア方法を知ることで、バストやブラに関する悩みを解決することができます。自分の体型やニーズに合ったブラジャーを選ぶことで、快適な着用感を実現しましょう。必要であれば専門家のアドバイスも活用してください。

7月 12, 2024 — 迟茹萱
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展