先ほどデパートで買った下着、まだ新品の香りが残っているのに、早くも違和感を覚えてしまった。試着した時と全然違って見えますなんて、ラベルを確認すると自分が選んだものだけど。

 

これは一体何がいけないんでしょうか?理論的に言えば、店で試着して買った下着は、よりぴったりするはずです。しかし、家に持ち帰った後も問題が多数発生しています。

 

今回は、購入した下着が家に持ってきてから、店で試着したときとの違いについて話すことにします。

 

試着が十分でない場合

どのようなブランドでも、たとえ品質が安定して信頼性が高くても、購入したい各アイテムを必ず試着することをおすすめします。

 

下着は絶対的なサイズの安定性を保証できないため、使用される生地やカップの形状によって違いが発生します。そのブランドが複数の生産ラインを持っている場合、さらに多くの人々に合わせるために、ブランドは異なる製品ラインに対して差別化の設計を行います。

 

同じようなデザインでも、まったく異なるカップのデザインがあり、一部しか試着しないで他のものを直接購入すると、多少なりともフィット感が落ちる可能性があります。

 

品質があまり良くないブランドの中には、同じデザインであってもサイズが異なるものがあるかもしれません。

 

同じデザインでも、赤色はちょうどよいけれども、緑色は合わないというケースがありますが、多くの人々は同じデザインの一部のアイテムだけを試着し、他のアイテムは面倒だと思って試着しないことが多いです。

 

その結果、試着時にはピッタリだったものが、持ち帰ってから合わない状況になることもあります。

 

さらに、一部のブランドでは、異なる色の下着は異なる時期に生産されることもあり、特定のデザインが非常によく売れて新色が追加された場合、同じメーカーが製造していない可能性もあります。

 

これらはすべて、同じデザインでも異なる色の下着の品質に違いが出る原因となります。

 

下着を購入する前に、必ず購入したい各アイテムを試着し、確かにフィットしてから購入してください。時間が十分にない場合やすべてのアイテムを試着することができない場合は、いつでも交換が可能な店舗を選ぶか、自由な時間帯に再度下着の購入に臨むことをおすすめします。

 

また、一部の店舗ではサイズをまったく測定しないため、あるいは間違った方法でサイズを測定する可能性があります。例えばテープを任意に巻き付けたり、テープを非常に締め付けたり緩くしたりするなど、肌にぴったりと密着していない場合、測定されたサイズは間違っている可能性が高いでしょう。

 

自分で測定したサイズと店舗で測定したサイズが大きく異なるケースを多く見てきました。しかし、店員は彼女たちの測定に問題がないと信じており、「正しいサイズ」を顧客に押し付けます。

 

顧客が自身の意志が十分に強くなかったり、自分の測定に自信がなく、「専門家」の判断を信じる傾向があれば、間違った下着を家に持ち帰る可能性が高くなります。

 

複数のアイテムを購入する場合でも、「だいたい同じサイズ」と考えて購入したり、店員の「全てのアイテムはほぼ同じサイズです」という言葉を鵜呑みにして一度にすべてを購入することは避けてください。

 

特にセール品で試着が許可されない場合、私個人的には、価格が低くても合わないアイテムには絶対に金を払わない方が良いと思います。それでも極端に安ければ構いませんが、原則として可能な限り試着するようにしましょう。

 

また、店に現在展示している旧モデルで、店員が新しいバージョンを提供すると言った場合や、「現在は在庫がないので、似たようなデザインの物を提供します」と言われた場合でも注意が必要です。

 

何卒ご了承いただきたいのは、下着の世界では「ほぼ同じ」では通用しないということです。密着する下着における許容範囲とフィット感は非常に小さいので、アウターウェアを購入する時のような方法は適応できません。

 

店員に試着を手伝ってもらうのではなく、自分で試着することをお勧めします。店員の役割はあくまで下着を見つけることであり、下着を着用するプロセスはあなた自身が最適です。

 

下着のさまざまなフィット感が問題となり得ますが、(非常に大幅かつ明らかに適合しない場合を除き)手の調整によって一時的に適合する状態にすることが可能です。

 

多くの人々はバストが適切な位置に移動することは微調整程度だと考えますが、実際には、技術が確かであれば完全に関係のないサイズをあなたの体にフィットさせることが可能です。

 

バストを移動することによって、自分の実際のサイズと大きく異なる下着を体にぴったりとフィットさせることが可能です。 このような小技は、多くの人が実店舗で本当にフィットする下着を見つけることができない主要な理由の一つです。

 

試着時間が短いと下着が本当にフィットしているかどうかの正確な感覚を得るのは難しいです。さらに、陌生な場所や人々の前で不適切な動きをしたくないと思うのは、ごく自然な反応です。

 

店員が鏡を見せてくれるとき、下着が体に密着していることは感じるでしょうが、実際に家で着用してみると、その違いは大きくなります。

 

だからこそ、店舗で試着するときは様々な動きをしてみてください。大きなストレッチを行ったり、身体を動かしてみることで、下着が期待通りに動作しているかどうかをテストできます。

 

伸張中でも下着が押しつけられて安定している場合、それは下着があなたにとって本当に適したものであることを証明します。

 

そして何より、自分自身が心地よく感じる下着を選ぶことが最も重要です。あまりにも多くの調整が必要な下着は、おそらく本当にあなたに合ったものではないでしょう。

 

ブラを着用してじっとしていることはあり得ません。動いて初めて、ブラの真の状態がわかります。試着時には、可能であれば数回跳ねてみて、ブラのサポート力を感じてみてください。

 

簡単な飛び跳ねだけで胸が大きく揺れ動くようであれば、そのブラの品質に問題があると言えるでしょう。

 

実店舗にはあなたのサイズが全くない場合もあるということを覚えておいてください。

 

多くの人が実店舗を好む理由は、オンラインショッピングでの返品や交換が面倒だからです。しかし、普通のランジェリーショップでは、取り扱っているサイズが非常に限られることもしばしばで、これは在庫の蓄積を恐れる実店舗の性質と、「一般的にサイズはそこまで大きくない」という考え方から来ています。

 

このような状況に直面したときは、店内でさまざまなサイズを試着してみることをお勧めします。あなたが適したカップのサイズを見つけるまで試し続けてください。

 

そして、同じカップが持つ別のバンド幅(シスターサイズ)の計算により、自分が本当に必要とするサイズが何かを把握しましょう。

 

例えば、店内であなたがD80のブラジャーのカップ部分が自分にとてもフィットしていることを発見しましたが、アンダーがとてもルーズだと感じました。その時点で、あなた自身のアンダーサイズがどの範囲にあるか分かりました。

 

例えばあなたのアンダーサイズがちょうど70cmだとすれば、あなたに適した実際のブラサイズはE70であると言えます。そのブラのE70のサイズが実店舗では全く見つからなくても、次回オンラインショッピングをする際には心構えがあることで、返品や交換の時間をある程度減らすことができます。

 

下着の選び方は重要ですが、着用方法も同じくらい重要です。

 

ストラップは、バストの位置と同じ高さに調整することが大切です。これにより、肩にいっさい痕跡を残さず、ブラが上に滑る感じも無く、同時に低すぎて不適切な位置にワイヤーがあるということもありません。

 

この「調整」はバストを完全にカバーして彼らをサポートするためのもので、これによりあなたのブラジャー全体が適切に機能します。

 

直接ブラジャーを着用して調整をしない場合、バストの肉が流出しやすくなり、着用感が悪くなりますし、ブラジャーの機能も十分に発揮されません。

 

確かに、店員が顧客のバストを意図的に谷間を作るために潰してしまうようなことは、必要以上にやる必要はありません。適切に調整されたブラジャーも、着用しているうちに自然に形が崩れてしまうことがあります。

 

この高度な谷間寄せ効果は、ブラジャー自体(クロスオーバー型のブラジャーを含む)では固定することができず、頻繁に調整しなければならないからです。

 

下着はある程度の集中効果を持っていますが、両側の胸部が非常に密接するわけではありません。それはあなた自身の胸がそのように形成されている場合や、驚くほど大きなサイズで、同時に胸が近くにあり、そして中央の両半球が大きい場合に限ります。

 

腕でゆっくりと胸を挟んでみてください。肘は腰の方向に近づけ、あまり動かさないように気をつけてください。これが基本的にブラジャーが達成できる効果です。

 

それ以上に集中した状態を保つことは、ブラジャーだけでは固定することはできません。

 

たくさんの人々が下着を選ぶとき、自分の体に本当に合っているかどうかよりも、胸がより美しく見えるかどうかで選びます。確かに、ブラジャーはバストを支えるように助けます。

 

しかし、これらの効果はバストを持ち上げ、布地やストラップの引き上げによる軽微な集中効果に制限され、バストがブラジャーを着用した後に大幅に変化することはありません。

 

このような圧迫は、一時的に見た目を良くするかもしれませんが、長期的には胸部を変形させ、美しさを失わせます。初めは効果が良いように見えますが、しばらくすると動き始めると、バストはカップから外れてしまいます。

 

これは、店内で試着したときには完全に問題なかったが、家に持ち帰ってからどうやってもフィットしないという状況を引き起こします。

 

下着に詳しくない女性は、このカップからのズレを「カップが浮く」だと誤解することがあります。その結果、自分のブラジャーが大きすぎると思い込んでさらに小さいサイズを選び、悪循環に陥り、真のフィット感を一生見つけることができずに終わってしまいます。

 

ブラジャーの調整が正常かどうか確認するためには、手で胸部を軽く支えてみることができます。力を強く入れすぎないように気をつけてください。この手で胸を支える状態が、ブラジャーが提供できる調整範囲です。

 

もしこの調整効果を超えている場合、それはブラジャーがフィットしていないことを意味します。

 

ある程度のゆとりを持った下着を選ぶことは、一部の人々の好みに応えるかもしれません。

 

しかし、下着の素材は弾力性があり、避けて通れない跡が肌に残ります。下着がフィットしていないと感じる人もいます。彼らは少し緩い下着を好みます。

 

しかし、このような選択肢は、真に自分自身に合った下着を見つけることは不可能です。リラックスしたフィット感は、完全なサポートや形状整備を提供できず、長期的には胸部の筋肉繊維を弱くする可能性があります。

 

 圧力は場合によっては避けられませんが、それはしばしば正確なフィット感や適切なサポートに関連しています。

 

フィットするブラジャーは、肌にちょうどよくフィットし、少しの締め付け感があっても大丈夫です。これらの締め付け感は痛みを引き起こさず、ブラジャーが体にぴったりとフィットし、すぐに移動しないことを感じさせるべきです。

 

カップに隙間を作ることはお勧めしません(片方の胸が明らかに大きい場合を除き、その場合は一方が完全にフィットするようにします)。大きすぎるブラジャーも避けるべきで、特別な割引があってもそれは適切ではありません。

 

不快感の多くは、ブラジャーの伸縮性が原因ではなく、サイドパネルやバックパネルが高すぎるために生じることがあります。リラックスしたフィット感は真の快適さを提供できず、サイドパネルやストラップの低い位置を選ぶことが最良の解決策でしょう。

11月 09, 2023 — VEIMIAチーフデザイナー
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展