小さく見せるブラができること

 

01.胸から体への圧力をゆるめ、姿勢を整える

 

これは私が考える「胸を小さく見せるブラ」ための最も重要な機能です。胸の重さは、女性の正常な活動に影響を与えることがあります。

 

バストは、筋肉組織ではなく、クーパー靭帯によって支えられています。クーパー靭帯は筋膜の一種で、そのため胸部は歩くときなどに揺れ動きます。胸の重さが大きいほど、その揺れも強くなります。

小さく見せるブラはこのような揺れを緩和して、歩行などの活動をより快適にし、胸部の重さの影響を受けにくくします。

 

胸の重さは背中にも負担をかけ、猫背や前かがみの姿勢を取りやすくさせます小さく見せるブラは胸の重さの一部を支え、また胸の重さを均等に分散させることができるので、背中や首の負担を軽減し、姿勢を良く保つのに役立ちます。

 

02.肌を守る

 

胸部の皮膚は薄いため、適切な保護がなければ、皮膚は簡単に傷つく可能性があり、内部の組織もダメージを受けることがあります。

 

通常の洋服の素材には、天然素材の他に、多くの化学繊維が使用されています。これにより、より良い通気性やさまざまなデザインが可能となります。

しかし、バストの皮膚は天然素材との直接的な接触が適しています。ブラの多くは、裏地が綿でできており、バストにとってこれはより安全な保護となり、刺激を避けることができ、アレルギーのリスクを減少させます。

 

03.バストの形をキープし、バストのたるみを改善する

 

多くの方がブラを購入する初心として、胸を綺麗な形に見せたいという思いがあります。ブラジャーを着けない胸は、自然に組織が広がりやすく、きれいな丸みを持つ形にはなりにくい。

一方、ブラのアンダーワイヤーは、バストのラインをしっかりとサポートし、胸の形を整えてくれる。

 

胸のクーパー靭帯は、簡単に伸びてしまったり、裂けたり、断裂することがあります。その弾力を失うと、胸が下がって見えます。ブラジャーの役割は、クーパー靭帯をしっかりと支え、過度な伸びを防ぐこと。

これにより、クーパー靭帯の弾力が保たれ、胸が下がるのを遅らせる助けとなります。

 

04.バストの形を整える

 

ブラのカップは特定の形をしており、ほとんどのブラはしっかりとしているため、胸に一時的な形を作る効果があります。この形はブラをつけている時だけ出てくるものです。

異なるブラは、異なる服装や体型の演出に使えます。

 

ブラができないこと

 

01.バストのサイズを変える

ブラブランドがどれほど美辞麗句を並べて宣伝しても、ブラジャーだけで胸のサイズを実際に変えることはできません。ブラジャーによって胸が大きく見えたり、小さく見えたりするだけです。

 

バストのサイズを本当に大きくしたり、小さくしたりするためには、体内のホルモンレベルの変化が必要であり、ブラジャー自体がホルモンを分泌することはありません。

特に若い女の子たちにとって、ブラジャーを着け始める時期が胸の成長期に重なることが多いですが、それはたまたま成長のピーク期に合致したものです。

 

もちろん、ブラが合わない場合、逆に発育を抑えてしまうかもしれません。適切なブラに変えたとき、その抑えられていた状態が解放され、胸が大きくなるかもしれません。

しかし、大きくなるのはブラのおかげではなく、適切な下着が持つ補助効果です。

 

02.バストのたるみと老化を防ぐ

 

バストの老化やたるみは避けられないことです。エストロゲンが減少し始めると、胸は必然的にたるみや老化が伴います。だから、あるブランドが自分たちの下着でたるみを防げると言っていれば、それは間違いでしょう。

下着は最も、たるみを遅らせるだけで、防ぐことはできません。

 

多くの人は、どうせ老化やたるみが避けられないのであれば、下着を着る意味があるのかと思うかもしれません。

しかし、そうではありません。三四十歳で胸が見るに耐えないほどたるんでいるのと、五六十歳でたるむのは、大きく違います。

 

下着ができることは、ホルモンレベルが低下する前に、胸部をできるだけ最良の状態に保つことです。

 

これは肌のケアと同じ理由です。人は老化を阻止することはできません、体のメカニズムがそれを許しません。しかし、一定のケアを施すことで、身体の衰える前に最良の状態を保つことができます。

同世代の人々と比べて、あなたの状態はより良く、それがケアの意味です。

 

また、年齢が上がっても、下着には一定の形状保持能力がありますので、服を着る時に胸の形を維持でき、自分の体型がより自然で引き締まって見えるようにできます。

 

03.胸部の健康状態を改善する

 

バストの健康は、定期的に検査することでしか確認できません。医師が推奨していない健康食品を無闇に摂取しないでください。また、エストロゲンを含む保健品にも注意が必要です。

ブラができることは、外部からのダメージを防ぐことです。体の健康状態を変えることはできません。問題があれば、医師に相談することが大切です。

 

同時に、ブラが胸の悪化や体の健康に影響を及ぼすことはありません。

確かに、一部の医師はアンダーワイヤー入りのブラジャーを着用することを推奨していないかもしれませんが、実際のところ、窒息感や圧迫感は不適切なサイズの下着が原因で、重要なのは「合わない」という点であり、下着自体が原因ではありません。

22サイズの靴を履くべき人が23サイズの靴を履くと、足が変形してしまうような場合では、健康でないのは靴を履くこと自体ではなく、適切なサイズの靴を選ぶことが必要です。

下着選びの細かい点が多いため、多くの人が最初は合うものを選べず、不適切なサイズの下着を着用することは、着用しない方がまだ健康に良いかもしれません。

下着を着用しない方が一部の健康問題を避けることができますが、完全に下着を着用しないことは得策ではありません。もっと良い方法は、適切なサイズの下着を選ぶことです。

 

ブラが体に及ぼす悪影響

 

01.血液循環への影響

 

通常、サイズが小さすぎる下着や、下着をきつく着けることが原因です。例えば、肩紐を強く引っ張るとそうなります。また、サイズが小さいアンダーワイヤーは、乳腺組織を圧迫し、胸部の痛みを引き起こすこともあります。

 

適切なサイズや正しい調整以外にも、下着を長時間着用することは避けるべきです。通常、1日に12時間以内にすることをおすすめします。

 

寝るときは、特に睡眠用のブラでなければ、できるだけ下着を着用しないようにしましょう。

 

02.アレルギーを引き起こす

 

下着ブランドは、通常、綿の素材を使用しているので、アレルギーを引き起こすことはありません。

品質が悪い下着の素材は、アレルギーを引き起こす可能性があるため、品質が良いブランドを購入することが非常に重要です。無名や無許可のブランドは避けるべきです。

 

下着の素材は通気性が良く快適でなければならず、厚すぎるスポンジは、通気性がなく、ムレやアレルギーの原因となるだけでなく、乾燥が難しく、内部の素材が劣化してカビが生え、体の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

 

まとめ

下着は万能ではなく、無意味でもありません。それは保護者としての役割を果たしており、多くのバストの不良状態に対応できます。

 

下着もただの一枚の服で、適切に選ぶ限り、体に悪影響を及ぼすことはありません。下着に過度な期待を持たないで、また、それが意味がないと思わないでください。自分のバストに合った正しい下着を選択して、日常生活の良いサポートとして役立ててください。

VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展