巨乳の悩みを解決!お悩みあるあると実際の対策方法 – VEIMIA

<はじめに>

 

こんにちは!今日のブログでは、多くの女性が抱える「巨乳」に関するお悩みについてフォーカスします。大きなバストは女性らしさを象徴する一方で、実際には様々な困りごとがついて回るものです。

 

例えば、街を歩いている時に男性の視線が気になったり、重たいバストが原因で肩や首が凝ってしまうこともあります。また、洋服選びに苦労したり、ブラジャーが上がってくる不快感を経験したことはありませんか?

 

veimiaが提案したこのブログでは、Gカップの筆者自身の体験を交えながら、大きなバストによる具体的な悩みとその対策、さらに胸を小さく見せるためのおすすめブラジャーについて詳しく紹介していきます。同じような悩みを持つ読者のみなさんにとって、この情報が役立つことを願っています。

 

それでは、早速本題に入りましょう!

 

<1. 巨乳とは?>

 

ではまず、「巨乳」とは何かについてお話ししましょう。

巨乳という言葉は、一般的に大きなバストを指しますが、その具体的な定義や基準は人それぞれ異なります。通常、Dカップ以上のバストサイズが「巨乳」として認識されることが多いですが、文化や個々の体型によってもその認識は変わることがあります。

日本では、下着メーカーやブラジャーのサイズガイドラインに基づき、Eカップ以上が「巨乳」とされる傾向があります。海外でも同様にDカップやそれ以上が巨乳と見なされますが、人々の体型や平均バストサイズによって感じ方は異なるでしょう。

胸が大きくてもお腹が出ていれば巨乳とは言えません。重要なのはトップバストとアンダーバストの差です。この差が大きいほど、巨乳と呼ぶことができます。

 

 

 

バストサイズの測り方

どれだけ胸が大きくてもお腹が出ていたら巨乳とはいえません。大事なのはトップバストとアンダーバストの差です。この差が大きければ大きいほど巨乳と呼ぶことができるでしょう。

バストサイズはアンダーバストとトップバストの差で決まります。具体的には、アンダーバスト(胸の下周囲)を測り、その値に基づいてブラジャーのバンドサイズを決定します。そして、トップバスト(胸の最も豊かな部分)の周囲を測り、アンダーバストとの差がバストカップを決める基準になります。この差が大きければ大きいほど、カップサイズも大きくなります。

 

詳しくはこちらも参考にしてくださいね

→<カップ数はどうやって決まるの?ブラサイズ表付き>のページへ

 

<2. 巨乳女子のお悩みあるある5選>

 

2.1巨乳の悩み

 

胸が重い

大きなバストは、その重量によって肩や背中への負担が大きくなります。特に長時間の立ち仕事や座り仕事では、体全体にかかるストレスが増し、疲労感を感じやすくなります。

この問題に対処するためには、適切なサポート力のあるブラジャーを選ぶことが重要です。また、定期的にストレッチやマッサージを行って筋肉の緊張をほぐすことも効果的です。

 

肩コリ・首コリ

胸の重量が直接肩や首にかかることで、慢性的な肩凝りや首凝りに悩まされることがあります。

姿勢改善エクササイズやヨガなど、筋肉をリラックスさせる運動が有効です。また、専門の医療機関で物理療法を受けることも検討してみてください。

 

垂れ乳問題

年齢と共に、バストの皮膚や靭帯が伸びて垂れてしまうことがあります。

これを防ぐためには、日常生活の中でバストを正しくサポートすることが重要です。ナイトブラやスポーツブラを使い分け、バストの形を保つ努力を怠らないようにしましょう。また、バスト専用のマッサージクリームや美容液を使用して、ハリを保つケアを続けることもおすすめです。

 

 

 

2.2見た目とファッションの悩み

 

・胸が大きいと太って見える

大きなバストが原因で、全体的に太って見えることがあります。特にフィット感のある服を着る際には、バスト部分が強調されすぎてしまうことがよくあります。

Aラインのトップスやウエストを引き締めるデザインの服を選ぶことで、シルエットを美しく保つことができます。

 

・服が似合わない

ファッションの選択肢が限られることも大きな悩みのひとつです。特に、ボタンシャツやタイトなドレスは、胸の部分だけがパツパツになってしまうことが多いです。

この問題を解決するためには、自分に合ったカスタムメイドの服を選んだり、フロントのディテールが少ない服を選ぶことがポイントです。また、オーバーサイズのアイテムを上手に取り入れることで、スタイルを良く見せることができます。

 

・視線を感じる

街中や公共の場所で、人々の視線が気になることがあります。これは心理的なプレッシャーにもつながります。

自信を持って振る舞うことが一番の対策ですが、もし過度に気になる場合は、ゆったりした服装や目立たない色のアイテムを選ぶと良いでしょう。

 

2.3健康と衛生面での悩み

 

・谷間ニキビ・アンダーバスト汗対策

大きなバストの谷間やアンダーバスト部分には、特に夏場に汗が溜まりやすく、ニキビやかぶれの原因となります。

これを防ぐためには、通気性の良い下着を選ぶことが重要です。また、毎日の清潔ケアと保湿ケアを怠らないようにしましょう。特に、シャワー後には乾燥を防ぐために軽くパウダーを付けると効果的です。

 

 

 

・ブラが上がってくる

動いているうちにブラジャーがずり上がってくる問題もよくあります。これはサイズが合っていないか、サポート力が不足している場合に起こりがちです。

正確なサイズを測って、自分にぴったりのブラを選びましょう。

 

2.4日常生活での困りごと

 

・胸の揺れ

激しい運動やちょっとした歩行でも、大きなバストは揺れてしまい痛みや不快感を引き起こすことがあります。これは特にスポーツやフィットネスアクティビティを楽しむ際に問題となります。

対策:

適切なスポーツブラの使用: 高強度のサポート力を持つスポーツブラを選びましょう。中でも、ランニングやエアロビクスなど激しい運動には、しっかりとバストを固定するタイプが効果的です。

胸を支えるテーピング: 特に揺れを抑えたい場合、一部のアスリートが行っているように、バスト周りにテーピングを施す方法もあります。

 

・盗撮対策

カフェや電車などの公共の場では、特に大きなバストが目立つことで、思わぬ被害に遭うことがあります。盗撮は非常に不愉快で、不安を感じる原因となります。

対策:

高い位置の座席を選ぶ: できるだけ他人の視線から遠ざかる位置に座るようにしましょう。例えば、壁際やコーナー席などがおすすめです。

バッグやスカーフでカバー: バッグを前に抱えたり、スカーフやショールを上手に使って胸を隠すことで、防犯対策になります。

 

<3. 巨乳の悩み解決法>

 

3.1バストケアと対策法

 

・胸を小さく見せるブラのおすすめ

大きなバストを持つ女性にとって、「胸を小さく見せるブラ」は救世主とも言える存在です。このタイプのブラは、バストを適度に圧縮して形を整え、全体のシルエットをスマートに見せてくれます。

 

 

 

・胸を小さくする方法

もし自然にバストサイズを少しでも減らしたいと考えているならば、以下の方法を試してみてください。

ダイエットとエクササイズ:

・有酸素運動: ランニング、ウォーキング、サイクリングなど、全身を使った有酸素運動は、体脂肪を減らす効果があります。これによってバストの脂肪も自然に減少することがあります。

・筋力トレーニング: 胸周りの筋肉を鍛えることで、バストの形を引き締めることができます。例えば、腕立て伏せやダンベルフライなどのエクササイズが効果的です。

 

・綺麗なバストの維持

美しいバストを維持するためには、日々のケアが重要です。

バストマッサージ:

リンパドレナージュ: リンパの流れを促進するマッサージは、むくみを取り除き、バストのハリを保つのに有効です。シャワー後や入浴後に行うのが理想的です。

専用オイルやクリームの使用: バスト専用の美容オイルやクリームを使用することで、肌の保湿と弾力を維持できます。「クラランス」や「ピジョン」のバストケア製品が特におすすめです。

 

詳しくはこちらも参考にしてくださいね

→<あなたの胸の形はどのタイプ?美バストを手に入れろ!>のページへ

 

・アンダーバストを細くする方法

 

アンダーバストを細くすることで、バスト全体のシルエットがより引き締まって見えます。

ウエストラインを引き締めるエクササイズ:

腹筋運動: クランチやプランクなどの腹筋運動を取り入れることで、ウエスト周りの筋肉を鍛え、アンダーバスト部分も引き締まります。

ヨガやピラティス: 呼吸法と一緒に体幹を鍛えるこれらのエクササイズは、全体の姿勢改善にもつながります。

 

3.2心理的な悩みと対処法

 

・視線が気になる

 

街中や公共の場での他人の視線は、大きなバストを持つ女性にとって大きなストレスとなることがあります。注目されること自体が不快で、自分自身の外見に対する自信が揺らぐこともあります。

対策:

自信を持つための心構え: 自分の体についてポジティブな意識を持つことが大切です。「美しい自分」を肯定し、自分の魅力を認めてあげましょう。

カウンセリングのすすめ: 深刻な場合は、専門のカウンセラーに相談するのも一つの方法です。心理療法やカウンセリングを通じて自信を取り戻すサポートを受けることができます。

適切なファッション選び: 目立たない色やデザインの服を選ぶことで、他人の視線を避けることができます。また、ゆったりとしたシルエットの服やアクセサリーを上手に活用して全体のバランスを取ることも効果的です。

 

・胸が柔らかい

胸が柔らかいことに対するコンプレックスを持つ女性も少なくありません。この感触が気になることで、自信を失うことがあります。

対策:

バストケア製品の活用→胸の肌質を改善し、弾力を持たせるための専用クリームやオイルを使用しましょう。例えば、「クラランス」や「ピジョン」のバストケア製品がおすすめです。

バストマッサージ→毎日のケアとして、バストマッサージを取り入れることで、血行を良くし、ハリを保つことができます。

 

<4. おすすめの胸を小さく見せるブラ>

 

大きなバストを持つ女性にとって、バストを小さく見せるブラはまさに救世主です。適切なブラジャーを選ぶことで、視覚的にバストをスリムに見せ、さらに快適な着け心地を提供することができます。ここでは、おすすめのブランドと商品をご紹介します。

 

3.1 VEIMIA 「シームレス小さく見せるブラ

 

VEIMIAの「小さく見せるブラ」は、バストを自然に小さく見せる効果があり、優れたサポート力と快適な着け心地を提供します。以下の特徴があります:

 

安定したフィット感:バスト全体をしっかりと包み込み、安定感抜群です。視覚的にもバストのボリュームを落とす効果があります。

しっかりした造りと良質な素材:このブラは非常に柔らかいながらも、しっかりした作りと良質な素材で長持ちします。

肩への負担軽減:サイドの支えがあり、通常のブラよりも肩への負担を軽減します。

美しいシルエット:服の上からでもブラのラインが目立たず、美しいシルエットをキープします。

 

 

3.2 VEIMIA 「小さく見せるブラ

 

VEIMIAの「小さく見せるブラ」は、バストを自然に小さく見せる効果があります。以下の特徴があります:

 

圧迫感のないフィット感:バスト全体を包み込み、圧迫感なく自然にコンパクトに整えます。この効果は、品揃え最高のバストを作成します。

シームレスカップ:このブラはセームレスカップを採用しているので、服の上からもラインが目立たず、美しいシルエットがキープできます。

優れたサポート力:このブラは肩への負担を軽減し、一日中快適な着け心地を提供します。その結果、一日中安心して使用することができます。

 

 

 

3.3 VEIMIA「小さく見せるブラ

 

VEIMIAの「小さく見せるブラ」は、バストを自然にコンパクトに魅せる効果があります。以下の特徴があります:

 

安定性溢れるフィット感:独自のカップ設計がバスト全体を包み込み、しっかりと整えます。

立体感を抑えたデザイン:ボリュームダウンを促し、自然な見た目を作り出します。

優れたサポート力:肩からの荷重を軽減し、一日中快適な着け心地を提供します。

 

 

 

3.4 VEIMIA「小さく見せるナイトブラ

 

VEIMIAの「小さく見せるブラ」は、バストを自然にコンパクトに見せる効果があります。以下の特徴があります:

 

圧迫感のないフィット感:バストの横流れをガードし、綺麗な形をキープ。独自のカップ設計がバスト全体を包み込み、圧迫感なく整えます。

シームレスカップ:胸を漬けず、自然にボリュームダウンします。バストラインは綺麗なまま無理なくしっかり補正します。

優れたサポート力:胸を強調しないブラで、脇高設計で形の良い胸型を作成しながら、ほっそりと見せます。一日中快適な着け心地を提供します。

 

 

 

<まとめ>

 

この記事では、巨乳に関するさまざまな悩みとその対策、さらに胸を小さく見せるブラのおすすめについて詳しく紹介しました。

巨乳には多くのメリットもありますが、その一方で困難な点も少なくありません。

しかし、正しい知識と適切なアイテムを利用することで、これらの悩みを軽減し、より快適に過ごすことができます。

自分に合った方法を見つけて活用し、自信を持って毎日を楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回も皆さんに役立つ情報をお届けしますので、どうぞお楽しみに!

7月 12, 2024 — VEIMIAマネージャー
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展