Eカップ向けのおすすめブラを紹介! 美しさと快適さを兼ね備えたブラジャー選びのポイント – VEIMIA

日本では、男女問わず「バストが大きい」と言えばEカップが一つの基準となっていますね。しかし、実際のEカップの重さについてはどのくらいかご存知ですか?

 

自分の胸の重さを測るのはなかなか難しいため、意外にも知らない方が多いのではないでしょうか。その重さが引き起こすEカップ特有の悩みから、日常で抱える小さな不便まで、一緒に解説して、お互いの疑問や困ったことを解決していきましょう。

veimia バストが大きい

Eカップのバストってどれくらいの大きさなの?

1.Eカップの重さは約1000g 

女性のバストサイズについての興味深い調査があり、Eカップのお胸が約1,006グラムであることが明らかになりました。

 

この1,006グラムという重さは、1リットルのペットボトルほどの重さです。想像してみてください、毎日の生活で1リットルのペットボトルを常に持ち歩くようなものです。これだと肩への負担がどれほどかかっているのか、容易に理解できますね。

 

果物にたとえるならば、「梨2個分」が妥当な比較です。つまり、片胸につき梨1個分の重さがあるわけです。

 

多くの方が言及する通り、胸が大きいと肩こりも引き起こしやすいのですが、これらの数字を見るとその理由がよくわかります。

 

また、体重に敏感な女性にとって、たとえ1キログラム未満でもその重さは気になるものです。「もしこの胸の重さがなかったら」と自分の胸に苛立ちを感じることもあるかもしれませんね。

2.トップとアンダーの差が「19.0~21.0cm」

バストサイズを知る鍵は、トップバストとアンダーバストの差にあります。カップサイズはこの差で決まり、以下の計算式によって求められます。

 

トップバスト - アンダーバスト = カップサイズ

 

【カップサイズとトップとアンダーのサイズ差】

・Aカップ: 9.0~11.0cm

・Bカップ: 11.5~13.5cm

・Cカップ: 14.0~16.0cm

・Dカップ: 16.5~18.5cm

・Eカップ: 19.0~21.0cm

・Fカップ: 21.5~23.5cm

 

トップとアンダーの差が19.0~21.0cmある場合、それは「Eカップ」と判定されます。

 

もしブラジャーがしっくりこないと感じている方は、一度自分のバストを測ってみるといいでしょう。思いがけずDカップやFカップである可能性もありますよ。自分の正確なサイズを知ることで、より快適なブラジャー選びができるはずです。

あなたはどのくらい?実際のバストサイズや重さの測り方

実はバストサイズを正確に測った経験はありますか?自分のバストがどの程度の大きさなのか理解するためにも、定期的にご自身でバストサイズを測ることをおすすめします。

 

それにより、ブラジャーのフィット感を改善したり、バストケアの方法を見直したりする良い機会になります。自分にピッタリ合うブラジャーを見つける第一歩は、自分の正しいサイズを知ることから始まります。

バストの1番高い位置!トップバストの測り方

トップバストとは、バストの最も高く盛り上がったポイントのことを指します。これを測定する際には注意が必要です。

 

まず、パッド入りのブラジャーを着用していると、実際のバストサイズよりも大きく計測されてしまう可能性があるため、正確なサイズを知りたい場合はパッドなしのブラジャーを着用するか、あるいはブラジャーを外した状態で測定しましょう。

 

さらに、メジャーは体のラインに沿ってしっかりとフィットするタイプの柔らかい素材を選ぶことが重要です。硬いメジャーだと体のラインに沿わず、バストサイズが正確に測れないことがあります。柔軟なメジャーを使い、リラックスした自然な姿勢でトップバストを測ることで、最も正確なバストサイズを把握することができます。

バストサイズを測る際は、以下のステップを丁寧に行うことが大切です。

 

1.まずメジャーを体の後ろで持ち、手前に向かってしっかりと引きます。

2.立った状態でゆっくりと体を前に傾けてください。これにより、バストが自然な形で前に落ち、最も高いポイントが明確になります。

3.メジャーを水平に保ち、バストの最も高い位置、つまりトップバストの周囲を測ります。メジャーが斜めになってしまわないよう注意しながら、バスト全体を包み込むようにして長さを測ります。

バストの膨らみがある下の部分!アンダーバストの測り方

アンダーバストとは、バストの下部、すなわち胸の下のふくらみのない直線的な部分のことを指します。

 

トップバストの測定が終わったら、次にアンダーバストも同様に測定しましょう。これはブラジャーでサポートする部分に相当し、カップサイズを決定する上で非常に重要です。

 

アンダーバストを測る際は、メジャーが床に水平になるように注意しながら、バストの直下を囲むようにしてメジャーを持ちます。息を吸ってリラックスした自然な状態で、体に密着させずにゆるめに測定します。この時、メジャーがきつ過ぎず、かつ緩すぎない程度に保ちましょう。

アンダーバストの測り方は、以下の手順を丁寧に行うことで、正確なサイズを把握することができます。

 

1.立っている姿勢でリラックスし、メジャーの片端を背中側に持っていきます。

 2.次に、バストの直下、すなわちバストの膨らみが終わる部分、つまり肋骨が始まる箇所にメジャーを当てます。

 3.メジャーをしっかりと床に平行に保ちながら、体を圧迫せずに自然な状態で長さを測ります。この時点で息を吐き切って、リラックスした状態であることを確認してください。

試してみよう!バストの重さの測り方

もし、バストの重さを実際に測定してみたいということであれば、以下のアイテムが役立ちます。

1.胸がぴったり入る大きさのボウル

まずは自分のバストがすっぽりと収まるサイズのボウルを用意しましょう。このボウルはバストが水中に完全に浸かるのにちょうど良い大きさが必要です。

2.上記のボウルよりも一回り大きいボウル:

次に、さらに大きなボウルを用意します。これは小さなボウルを置くために使います。

3.計量カップ:

バストに相当する水の量を測るために計量カップが必要になります。

4.ぬるま湯:

快適に測定するために、冷たすぎず暖かすぎないぬるま湯を準備します。

 

一般的な条件下では、1ミリリットル(ml)の水はおおよそ1グラム(g)と等しいとされています。したがって、この換算を利用して、水置換法でこぼれたぬるま湯の量をグラム単位で測定することによって、バストの大体の重さを推定することができます。

 

バストのサイズに左右差がある場合、両方のバストを個別に測定することが重要です。片方のバストを測った後、同じ方法でもう片方のバストも測定し、それぞれの体積や重さを確認しましょう。これにより、より詳細なデータを得ることが可能です。

 

ただし、この方法はあくまで近似値を求めるためのものであり、実際の医学的な測定には使用できないことに注意してください。また、水の温度や計測時の状況によっても結果は変わる可能性があるため、その点を理解した上で測定を行いましょう。

Eカップの大きさは周りからどう思われている?男性はEカップをどう思っている?

1.理想のサイズ

バストサイズに関する男性の意見は、文化や個人の好みによりさまざまですが、「理想のサイズ」としてEカップを挙げる声も少なくありません。多くの場合、このような意見はポジティブな印象を持って表現されることが多いです。

2.服の上からでも胸の大きさが分かる

約1100グラムの重さを持つEカップは、確かに視覚的なインパクトも強いでしょう。その存在感から、男性の中には「服の上からでもバストの大きさが分かる」と感じる方もいるようです。

3.巨乳

「Eカップ」というサイズに対する印象は、文化的背景や個人の好みによって大きく異なりますが、ある調査において男性にそのイメージを尋ねたところ、「大きい」「やや大きい」と答える回答が8割以上を占めたというデータがあるようです。

 

これは、Eカップが多くの男性から見て、比較的大きなバストサイズと認識されていることを示しています。

4.なかなか出会えないサイズ

あるアンケート調査によると、自己申告のバストサイズが「Eカップ」と答えた女性は全体の6.8%だったとか。この割合からも、Eカップのサイズを持つ女性はそう多くないことが伺えますね。

 

この希少性が、男性の中で「Eカップの女性はなかなかいない」という印象を持つ原因の一つである可能性があります。

5.ぽっちゃりしている

バストサイズに対する一般的な印象は多種多様ですが、確かに中には胸のボリュームがある女性を見て、「体全体もふっくらしているのでは」と考える男性がいるかもしれません。

 

これはおそらく、体型に関するステレオタイプや先入観から来るもので、実際のところバストサイズと体型は必ずしも直接的な関係があるわけではありません。

Eカップさんのあるあるな悩みを大公開!

1.Eカップは太って見える

Eカップの方が抱える悩みとしてよく挙がるのは、バストが大きいことで胸周りが目立ち、その結果、全体的にふくよかな印象を与えてしまうことです。これは確かに一般的な懸念事項ですが、見た目の印象を変えるためには、体型のバランスを整えることが効果的です。

 

ウエストを細く見せることで、バストのボリュームからくびれにかけての美しい曲線が強調され、メリハリのあるスタイルを作り出すことができます。運動や食生活の改善といった健康的なライフスタイルの取り組みが、引き締まったウエストラインを手に入れる鍵となります。

 

また、ファッションの面では、バストを上手くサポートしつつもウエストラインを強調するような服装を選ぶことも一つの方法です。例えば高ウエストのボトムスやベルトでアクセントをつけたコーディネートなどが有効です。

 

大きなバストを持つことは素晴らしい特徴の一つですので、自信を持ち、自分自身の持つ魅力を最大限に活かしましょう!

2.肩がこる

Eカップのバストが持つ約1キログラムの重さは、毎日負担となり肩こりの原因にもなり得ます。しかし、その肩こりはバストの重さだけに起因するわけではありません。

 

実は、体にフィットしないブラジャーを使用していることが、肩こりの根本的な原因であることも考えられます。

 

バストが大きい方の場合、重力による負担を適切に分散するためには、バストをしっかりと包み込むことができるタイプのブラが必要です。

 

また、肩への圧迫を軽減するためには、幅広でクッション性のあるストラップを備えたブラが推奨されます。そうすることで、サポート力を高めつつ、快適さを保つことができるでしょう。

3.離れ乳や垂れ乳になりやすい

Eカップのバストは、その重さとボリュームによりクーパー靭帯への負担が大きく、時と共に形が崩れる可能性があります。クーパー靭帯は胸部組織を支える重要な構造で、これが伸びたり弱くなったりすると、バストの垂れや形の変化を招くことがあるのです。

4.服が似合わない

ファッションで大事なのはデザインやカラーだけではありません。シルエットも同様に重要です。特にEカップサイズのバストをお持ちの方は、どうしてもバストラインが目立ってしまい、洋服のラインを選ぶ際に苦労することがあるようです。胸元が開いたデザインでは、意図しないセクシーな印象を与えてしまうことも。

 

また、斜め掛けバッグも悩みの種。可愛らしいデザインのバッグでも、ストラップがバストの間を通ってしまうと、思わぬ形で胸を強調してしまいます。これはファッションを楽しみたい女性にとっては、予想外の障害となり得ます。

veimia 斜めがけバッグのパイスラッシュ

5.可愛い下着がない

日本では、Cカップが多いとされていますが、Eカップ以上のバストサイズを持つ女性は、下着選びに苦労することがしばしばあります。店頭での品揃えがDカップまでと豊富なのに対し、Eカップ以上は「大きいサイズ」として別扱いされ、選択肢が限られることもあるのです。

 

さらに残念なことに、その限られた選択肢の中でも、デザインが可愛くなかったり、ファッション性に欠けるものが多いと感じる女性もいるようです。ブラジャーは下着でありながら自己表現の一部ともなり得るアイテムですから、デザインにこだわりたいのは当然の心理です。

 

しかし、最近ではインターネットの普及により、オンラインショッピングで幅広いデザインやサイズの下着を見つけることが可能になっています。特に大きいサイズのブラジャーは、ネットショップにおいて豊富なバリエーションが用意されていて、機能性だけでなくデザイン性にも優れた商品を見つけることができます。

 

ですので、店頭で理想の下着に出会えなかった場合でも、ネットストアをチェックしてみると良いでしょう。そこではきっと、自分の求める可愛くて快適なブラジャーが見つかるはずです。お気に入りの一枚を見つけて、毎日のランジェリー選びをもっと楽しんでくださいね。

Eカップの美バストをキープするために

1.ブラジャーは胸の形にあったものを選ぶ

自分にぴったり合うブラジャーを見つけることは、見た目だけでなく健康面でも非常に重要です。ブラジャーの選び方は大きく「サイズ」と「形」の2つのポイントに焦点を当てる必要があります。

 

人それぞれ胸の形が異なるため、既製品の中から自分に合ったものを探す際には、正確な計測と試着が欠かせません。日本製のブラジャーは日本人の体型を考慮して作られていますが、ブランドやデザインによって微妙な違いがあるのも事実です。

 

バストをしっかりと支え、かつ苦しくなく緩すぎずフィット感のあるブラジャーを選ぶことで、バストを美しく保つことができます。特にEカップのような大きなバストには、バスト全体を包み込むフルカップブラや、サイドからしっかりと寄せ上げる3/4カップブラがおすすめです。

 

これらのタイプはバストを安定させ、脇の肉もしっかりと補正してくれるため、スタイリッシュなシルエットを作る助けになります。

2.姿勢に気をつける

確かに、姿勢が悪いことは見た目の印象を悪くするだけでなく、体の健康にも良くありません。特にバストに関して言えば、猫背という姿勢は美しいバストラインを保つ上で非常に不利です。なぜなら、背中や肩周りの筋肉が衰えることで、バストのサポートが弱まり、形が崩れやすくなるからです。

 

デスクワークやスマートフォンの長時間使用により、知らず知らずのうちに前かがみの猫背姿勢を取ってしまいがちです。このような悪い姿勢を続けることで、背中の筋肉が弱まり、バストを支える力が低下してしまいます。結果的に、バストの形が崩れてしまう可能性が高まるのです。

 

ですから、日常生活の中で意識的に正しい姿勢を保つことが重要です。背筋を伸ばし、肩をリラックスさせるように心がけることで、美しいバストラインと健康な体を維持することが可能になります。

 

また、適宜ストレッチやエクササイズを行い、背中の筋肉を鍛えることも効果的です。美しいバストのためにも、健康的な姿勢を日々の習慣にしましょう。

3.バランスのよい食事で栄養補給

確かに、バランスの良い食事は健康を維持するだけでなく、女性のホルモンバランスを整える上でも非常に重要です。肉、魚、野菜など様々な食品群から適切な栄養を摂取することで、体全体の調子を整えることができます。

 

1日3食をしっかりとることは基本中の基本。特に女性の美容と健康に必要なビタミンやミネラル、良質なタンパク質や脂質を適量含む食事を心がけましょう。これらは皮膚や筋肉の健康に寄与し、結果としてバストの美しさにも影響します。

 

さらに、バストアップサプリメントを利用することで、必要な栄養素を効率的に補うことも可能です。ただし、サプリメントはあくまで食事の補助として考え、主食を置き換えるものではないことに注意しましょう。

 

また、サプリメントを服用する際には、成分や配合量をよく確認し、必要に応じて専門家の意見を参考にすることも大切です。

4.良質な睡眠

良質な睡眠は、心身の健康を保つ上で非常に重要な役割を果たします。特に成長ホルモンは、身体の回復や細胞の再生に欠かせないホルモンであり、その分泌が促進されるのは夜間、特に夜22時から深夜2時までのゴールデンタイムと言われています。

 

この時間帯に深い眠りにつくことで、身体のリカバリー効果を最大限に高めることが可能です。

 

睡眠の質を向上させるためには、夜21時までには就寝準備をして布団に入る習慣をつけると良いでしょう。また、1日に最低7時間の睡眠を確保することも大切です。これにより、十分な休息を得ることができ、ストレス解消にもつながります。

 

しっかりとした休息は、心身のリラックスだけではなく美容面でも多くの利点があります。例えば、肌のコンディションが整い、全体的な血行が改善されることで、バストの健康にも好影響を与える可能性があります。

Eカップ向けのおすすめブラを紹介!

1.胸のラインを綺麗に見せて形を整える「フルカップブラ」

フルカップブラは、グラマラスなバストを持つ女性にとって、優れた選択肢の一つです。その設計上、バスト全体を包み込むことで安定したサポートを提供し、美しいバストラインを形成します。

 

このタイプのブラは、特に大きなバストの動きを抑える役割を果たすため、日常生活における不快な揺れや、前かがみになった時のバストの溢れ出しを防ぎます。これにより、外出時やアクティブな動作をする際にも、着け心地の良さと安心感を得られるでしょう。

 

また、フルカップブラは洋服の下でスムーズなシルエットを保つ助けとなり、多様なファッションスタイルに適応します。さらに、支持力が高いため長時間の使用でも疲れにくく、日々の快適さを支えてくれます。

veimia フルカップブラ ピンク

 

商品詳細ページ

 

2.肩こりも軽減!重い胸を支える「太いストラップのブラ」

厚みがあり幅広のストラップは、グラマーサイズのバストを持つ女性にとって非常に重要なデザイン要素です。これらのストラップは、肩への圧迫感を分散し、重いバストの重さによる食い込みを軽減してくれます。

 

通常の細いストラップだと、一日中着用していると肩に痕がついたり、肩こりの原因になったりすることがあります。しかし、幅広ストラップのブラジャーでは、これらの問題を効果的に防ぐことが可能です。

 

快適さを保ちながら、適切なサポート力を提供してくれるため、安心感をもって日常のあらゆる活動を楽しむことができるでしょう。 また、このタイプのブラは長時間の着用でも快適であり、特に動きの多い日やアクティブなシーンでの安定感が求められる時に最適です。

veimia 太いストラップブラ ネイビー

 

商品詳細ページ

 

3.胸を寄せて流れるのを防止するブラ

フルカップブラジャーはその構造上、カップにあるパネルでバスト全体を優しく包み込みます。これにより、バストがずり落ちたり、動いたりすることなくしっかりと安定します。

 

また、脇の部分に二重構造のパワーネットが施されているので、横に広がりがちな胸を中心に寄せ、スリムな見た目を実現します。 さらに、カップの内側は吸汗速乾素材が使われており、汗を素早く吸収し乾燥させるため、長時間快適な状態を保つことができます。

 

アンダーベルトには接触冷感加工が施されているため、肌との接触時に涼しげな感覚を得られ、特に暑い季節でも爽やかな着け心地を提供します。

veimia 胸を寄せて流れるのを防止するブラ

 

商品詳細ページ

 

4.はみ肉、脇肉防止!サイドが高めのブラ

アンダーバストの幅を広く設計することで、脇や背中に流れがちなお肉をしっかりと抑えることができます。これにより、スムーズで整ったサイドラインを作り出し、衣服の下でも美しいシルエットを保つことが可能です。

 

カップ裏に配されたパネルは、大きなバストの横への流れや動きを防ぎ、バストを正面に向けて安定させます。これは特にグラマーサイズのバストを持つ女性にとっては重要な機能であり、日常生活における快適さや見た目の美しさをサポートします。

 

加えて、ストレッチレースを使用することで、柔らかく体にフィットし、優美なデザインでありながらもしっかりとバストを包み込むことができます。その結果、美しいバストラインを維持しつつ、ランジェリーとしての魅力も高めることができます。

veimia はみ肉、脇肉防止 サイドが高めのブラ

 

商品詳細ページ

 

5.垂れ・下垂防止ブラ

サイドパネルとリフトアップパネルが一体化されたブラジャーは、バストの下垂を防ぎながら美しい形に整える効果があります。これにより特に大きなバストを持つ女性でも、安心して日々の活動を行うことができます。

 

吸汗速乾メッシュ素材は、汗をかきやすい季節でも快適さを保ちます。この素材は汗を素早く吸収し、肌表面から蒸発させるため、濡れ感や不快な蒸れを最小限に抑えます。

 

また、脇高仕様のデザインはバストの横流れをしっかりと防ぎます。これはバスト全体を確実にサポートし、サイドシルエットをスッキリと見せる助けとなります。サイドパネルがしっかりとした圧力で脇のお肉を中央に寄せ集め、理想的なバストラインを作り出します。

veimia 垂れ・下垂防止ブラ ホワイト

 

商品詳細ページ

 

 

詳しくはこちらも参考にしてくださいね~

 

 

まとめ

Eカップのバストを持つ日本人女性は、確かに一般的なサイズよりも大きいため、多くの人からの注目を集めることがあります。男性からは憧れの対象とされることもあれば、女性からは羨ましがられることもあるでしょう。

 

しかし、その一方でEカップの女性ならではの特有の悩みも存在します。 例えば、バストの下に汗をかきやすい方は、通気性の良い素材で作られたブラジャーを選ぶことで、快適に過ごすことができます。

 

また、バストの垂れが気になる方は、強力なホールド力を持ったブラジャーを選択することが重要です。これにより、美しいバストの形をキープし、着ている服のシルエットにも差が出るはずです。

 

ブラジャー選びは日常生活の質に直結するため、自分の体型やライフスタイルに合わせた最適なものを見つけることが肝心です。さらに詳しい情報や、バストの大きさや重さに関する知識が必要な場合は、専門的な記事や情報源を参考にするのも良いでしょう。

 

それによって、自分に合ったランジェリー選びができ、毎日をより豊かに過ごせるはずです。

2月 16, 2024 — VEIMIAチーフデザイナー