胸が大きいとワンピースは似合わない…?

 

胸が大きいさんの皆さん、似合うワンピース選びって難しいですよね。

 

巨乳がもたらす着こなしの難題は、多くの女性が直面するファッションにおけるジレンマです。ワンピース一つを取っても、バストサイズに合わせて選ばなければならない圧迫感や、不自然なフィットから生じるデザインの歪みは、見た目の美しさだけでなく、日々の快適さにも影響を及ぼします。

 

その他にも、大きなバストは体型全体のプロポーション調整を必須とします。例えば、過度にタイトなトップスは、望まない部分のアクセントを強調してしまう可能性がありますし、逆に過度にルーズな服装は、全体のシルエットを不格好に見せがちです。

 

このように、バストが大きいことに起因するスタイリングの困難は数知れず、それらをどう克服するかがファッションを楽しむ上でのキーポイントとなるのです。

 

胸が大きくてもキレイに服を着るポイント

胸が大きい方が洗練されたファッションを楽しむためのポイントはいくつかあります。まずは、サイズ感を正しく把握することが肝心です。バスト部分に余裕を持たせることで、快適さと美しいドレーピングを実現します。

 

次に重要なのが生地選びです。ストレッチ性のある生地や、流れるような素材は体に優しくフィットし、窮屈感を減らしてくれます。また、生地の厚みにも注意し、薄すぎず厚すぎないものを選ぶと良いでしょう。

 

デザインにおいては、ウエストラインを高めることで視覚的にバランスを整えることができます。エンパイアウエストのワンピースや、ウエストに切り替えがあるデザインは特におすすめです。

 

さらに、Vネックやラップスタイルなど、デコルテラインを美しく見せるカットのワンピースを選ぶと、顔周りがスッキリし、全体の印象が引き締まります。

 

色と柄に関しては、ダークトーンや落ち着いた色合いのものを基調にすると、スマートな印象を与えやすくなります。また、小さめの柄や縦のラインが入った柄は、スタイルアップ効果が期待できます。

 

アクセサリーを上手に取り入れることもポイントです。例えば、長めのネックレスを使用すると、視線が縦方向へと導かれ、細見えの効果を得られます。ただし、バスト周りがごちゃごちゃしないように、シンプルなデザインを選ぶことが重要です。

 

最後に、ブラの選び方も大切です。支えがしっかりしていて、自分の体型に合ったブラを選ぶことで、外からの見た目も美しく保てます。

 

体型カバーの魔法:色と柄の選択

 

明るい色か、暗い色か?

体型を上手にカバーするための色と柄の選択は、まさに着こなしの魔法と言えるでしょう。明るい色か暗い色かという問題に対しては、まず基本となるのが色彩がもたらす視覚的影響の理解です。

 

一般に、暗い色は引き締め効果があり、スリムな見た目を演出することができます。黒やネイビー、ダークグレーといった色は、体型をよりシャープに見せるために有効です。これらの色は、部分的に使用することで特定のエリアを目立たなくする効果も期待できます。

 

対照的に、明るい色や白は、光を反射させて視覚を拡大させる傾向にあるため、バランス良く取り入れることが重要です。例えば、体の好きな部分に明るい色を配置し、気になる部分に暗い色を用いることで、目線をコントロールしつつ、ファッションを楽しむことができます。

 

大柄?小柄?柄の効果的な使い方

柄を効果的に使うことで、着こなしの印象は大きく変わります。まず「大柄」と「小柄」、この二つはそれぞれに異なる効果を持ち、狙いどおりのスタイリングを実現するための重要な要素となります。

 

大柄デザインは、その存在感で圧倒的な印象を放つことができます。フローラルやアニマルプリントなど、目を惹く大きなパターンは主張が強いため、ステートメントとして機能します。

 

しかし、大柄は体型を大きく見せる傾向があるため、使用する際は注意が必要です。バストやヒップなど、強調したくないエリアに大柄を持ってくると、より目立ってしまう可能性があります。

 

したがって、大柄を取り入れる場合は、全身ではなく部分使いにするか、またはスリムなシルエットのワンピースに組み合わせて、バランスを取ることがポイントとなります。

 

一方で、小柄デザインは洗練された雰囲気を演出し、体形カバーにも適しています。細かなドットやストライプ、小花柄などは、視覚的に穏やかな印象を与え、落ち着きのあるスタイルを作り出します。

 

小さい柄は、何処を見ても均一な印象になるため、体のボリュームを自然にカモフラージュすることができます。ただし、小柄だからといって無制限に使用すると地味で古臭い印象になりがちなので、モダンなデザインのアイテムや、明るい色と組み合わせて現代的な感覚に仕上げることが大切です。

 

柄の配置も非常に重要です。例えば、ウエストラインにアクセントとして柄を配することで、視線を中央に集め、スタイルアップを図ることができます。また、縦方向に流れる柄を選ぶと、身長が高く見える効果が期待できます。

 

最後に、色との組み合わせを考慮することも忘れてはいけません。柄の色が背景となる生地の色とコントラストを形成することで、柄が際立ちます。逆に同系色でまとめると、柄が控えめになり、繊細な印象を与えることができます。

 

アクセサリーでアクセント

 

ネックレスとの調和

ネックレスを選ぶ際は、ワンピースのネックラインとのバランスを考慮する必要があります。VネックやUネックなど開いたネックラインには長めのペンダントがマッチし、視線を縦方向に導くことでスタイルアップ効果が期待できます。ハイネックやタートルネックの場合は、チョーカーや短めのネックレスが首元をすっきり見せてくれます。

 

胸が大きい方は、大きすぎるネックレスや複数連なったデザインは胸元でごちゃついて見える可能性があるため、スケール感に注意することが肝心です。スリムなチェーンやシンプルなデザインを選ぶと、上品で洗練された印象になります。

 

ネックレスの色をワンピースや他のアクセサリーの色と合わせることで、コーディネートの統一感が生まれます。金属の色も銀色やゴールド色、ローズゴールド色などがありますので、お肌のトーンやお持ちのウォッチとの組み合わせも考えてみましょう。

 

アクセサリーでアクセントをつける際は、一点豪華主義が基本です。ネックレスをメインのアクセサリーとして選んだ場合は、それ以外のアクセサリーは控えめにすることで、ネックレスが際立ち、バランスの良い着こなしが完成します。

 

イヤリングやブレスレットでバランスを

イヤリングは顔周りを明るく見せる効果があります。バランスの取れた選び方としては、ヘアスタイルや顔の形に合わせてデザインをセレクトすることがポイントです。

 

ロングヘアの場合は、しっかりと存在感のあるロングイヤリングやドロップタイプがおすすめですし、ショートヘアやアップスタイルの場合は、耳元で輝くスタッズや小ぶりなフープが洗練された印象を与えます。また、バストが大きい方は顔周りにアクセントを置くことで視覚的なバランスを整えることができます。

 

一方のブレスレットは、手元の動作をエレガントに演出します。スリーブの長さを意識した選び方が必要で、長袖の場合は細めのブレスレットやバングルを、短袖やノースリーブの場合はよりボリュームのあるものを選ぶと良いでしょう。

 

ウォッチとの組み合わせも考慮し、金属色や素材を合わせることで洗練されたコーディネートに仕上がります。

 

イヤリングやブレスレットを選ぶ際は、すでに身につけているネックレスとの兼ね合いも考慮することが大切です。全てのアイテムが互いに引き立て合うよう、デザインやカラーを調和させましょう。

 

例えば、ネックレスが主張の強いアイテムであれば、イヤリングやブレスレットは控えめなものを選ぶと全体にバランスが取れます。

 

着丈とラインでスタイルアップ

ミニ丈は若々しくダイナミックなエネルギーを放ちます。足元がすっきり見えることで、脚長効果が期待でき、カジュアルなシーンにもぴったりです。しかし、大きめのバストを有する場合は、上半身と下半身のバランスを考慮し、過度に短いミニ丈は避け、程よく膝上の長さを選ぶことをおすすめします。

  

ミディ丈は、洗練された女性らしさを象徴し、どんな体型にもマッチします。ウエストラインが高めに設定されていると、視覚的にスタイルアップが図れ、バストサイズが気になる方にもバランス良くフィットします。

 

マキシ丈はグラマラスでエレガントな雰囲気を作り出し、全体のラインを自然にカバーすることができます。地面に近い部分に広がりを持たせることで、トップスのボリュームを相対的に減少させ、体型のバランスを整えることが可能です。

 

直線的なストレートラインは、シャープで現代的なスタイルを演出し、スリムなシルエットを強調します。一方、Aラインは体形を選ばず、特に胸が大きい方にとっては、上半身から自然に流れるようなラインが、全体をバランスよく見せてくれます。

 

また、素材がラインや丈に与える影響も考慮する必要があります。ドレープ性のある柔らかい素材は、体のラインに沿って優雅に落ちるため、スタイルを美しく見せることができます。硬い素材は、形がしっかりしているため、ストレートラインや特定のディテールを際立たせることが可能です。

 

シューズで全体のバランスを調整

 

ヒールの高さの選び方

ヒールを選ぶ際は、まず自身の身長とプロポーションを考慮することが重要です。高いヒールは脚を長く見せ、全体のスタイルを引き締める効果がありますが、バランスよく見せるためには、ワンピースの丈との相性も考える必要があります。ミディ丈やマキシ丈のワンピースには、少しヒールのあるシューズを合わせると、足元からの流れが美しく見えます。

 

長時間履くことを考えると、快適さも非常に重要です。立ち仕事や歩く機会が多い日には、中程度のヒールやウェッジソール、プラットフォームヒールが適しています。これらのデザインは安定感があり、足への負担を軽減します。

 

オケージョンによってもヒールの高さを変えることで、適切なフォーマリティを演出できます。例えば、ビジネスシーンでは落ち着いた印象の低め〜中程度のヒールが適しており、パーティーやフォーマルなイベントではエレガントさを増すために高めのヒールが好まれます。

 

スニーカーやフラットシューズとの組み合わせ

スニーカーは、ドレッシーなワンピースをカジュアルダウンさせるのに最適なアイテムです。特にシンプルなデザインや白スニーカーはどんなワンピースにも合わせやすく、都会的で活動的な印象を与えます。また、厚底スニーカーやカラフルなスニーカーは、個性を表現し、ファッションのアクセントとして機能します。

 

一方、フラットシューズは、エレガントで女性らしい雰囲気を醸し出します。バレエフラットやポインテッドトゥのフラットシューズは、ミニからマキシまであらゆる丈のワンピースと相性が良く、足元に洗練された美しさを演出します。サンダルタイプのフラットシューズは、特に暖かい季節のリラックスしたスタイリングに適しています。

 

スニーカーやフラットシューズを選ぶ際は、色や素材がワンピースと調和するものを選ぶことで、統一感のある装いが完成します。例えば、レザー素材のフラットシューズは、リネンやコットンのワンピースと相性が良く、上質な印象を与えます。

 

胸を小さくみせるブラジャー

 

洋服以外で胸を小さくする方法は、「巨乳を小さく見せるブラを使う」です。

 

最近は、胸の大きさに悩む女性に向けた、すっきり胸をコンパクトに収めてくれる、「胸を小さく見せるブラ」というものがあります。胸だけではなく、脇肉もすっきり収られます。だから、洋服を着た時のボディラインがキレイ。似合う洋服が増えますよ。

 

まとめ

ワンピースは多様なスタイルと個性を表現できる、女性のワードローブにおいて欠かせないアイテムです。胸が大きい方でも自信を持ってワンピースを楽しむためには、上記で挙げたようなポイントを押さえることが重要です。

 

サイズ感に注意しながら、バスト周りにフィット感のあるデザインを選びましょう。素材選びも大切で、肌触りが良く、身体のラインに沿ったドレープ感のある柔らかい生地がおすすめです。色や柄の選択、袖丈やウエストマークの方法も自分の体型やファッションセンスに合わせて工夫すると良いでしょう。

 

また、アクセサリーやシューズの組み合わせによって、よりバランスの取れたスタイリングを目指します。ネックレスやイヤリング、ブレスレットでアクセントを加え、スニーカーやフラットシューズでカジュアルからエレガントまで幅広い装いを実現しましょう。

 

最後に、自分自身のスタイルを見つけ、それを堂々と楽しむことが何よりも大切です。自分の体型を受け入れ、その魅力を最大限に引き出すワンピースを選ぶことで、内面から自信が湧き、外見にもそれが反映されます。ワンピースを通じて、毎日をもっと豊かで楽しいものにしていきましょう。

12月 22, 2023 — VEIMIAチーフデザイナー
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展