<はじめに>

 

ガードルは美しいシルエットを作るための必須アイテムですが、正しくフィットしていなければ、快適さと健康に悪影響を及ぼします。

veimiaが提案したこの記事では、ウエスト、ヒップ、クロッチ部分、そしてすその状態を含む、ガードルのフィット感を見直すための5つのチェックポイントをご案内します。

 

<チェックポイント1: ウエストの状態>

 

ウエスト部分はガードルが体に適切にフィットするための重要な指標です。不快感や見た目の問題、さらには健康上のリスクを防ぐためにも、以下の点を確認しましょう。

 

食い込みや圧迫感がないか?

 

食い込みや圧迫感は、ガードルが小さすぎるサインかもしれません。これは、ガードルが皮膚を圧迫し過ぎているか、あるいは体の特定の部位に不必要な負荷をかけている証拠です。長期間にわたる強い圧迫は血流を妨げ、消化器系にも影響を及ぼす可能性があります。

 

対策:

✦サイズを再測定し、体に合ったサイズに変更してみましょう。

✦伸縮性が高く柔らかい素材のガードルを選んてみましょう。

✦はきこみ丈が深いガードルや、ハイウエストのガードルを着用してみましょう。

 

ga-doru-20231208crx

 

ゆるみや巻き上がりが生じていないか?

 

ウエストバンドが巻き上がると、服の下でガードルが目立ってしまうことがあります。これはガードルが大きすぎるか、はきこみ丈が深すぎるか、またはウエスト部分のパワーが弱い可能性があります。

 

対策:

✦1サイズ小さいのガードルにしてみましょう。

✦ウエスト部分のパワーが強いガードルにしてみましょう。

✦はきこみ丈が浅いガードルにしてみましょう。

 

<チェックポイント2: ヒップの状態>

 

ヒップを均等に包み込んでいるか?

 

ガードルがヒップを均等に包み込むことで、滑らかで自然なシルエットを作り出します。不均等な圧力は不快感や変なふくらみを引き起こす可能性があります。

 

対策:

✦体の曲線に合わせた形状のガードルを選んでみましょう。

✦平らな縫い目またはボンディング技術を用いたシームレスなガードルを選んでみましょう。

 

ga-doru-20231208crx2

 

圧迫感や余分な締め付けがないか?

 

ガードルがヒップに過度に圧力をかけると、長時間の着用による不快感や血行不良を招くことがあります。

 

対策:

✦正しいサイズのガードルを選んでみましょう。

✦伸縮性の高い素材を選択し、適度な圧力を確保する。

 

<チェックポイント3: クロッチ部分の状態>

 

ガードルのクロッチ部分は、快適さと衛生面で非常に重要な役割を果たします。この部位が適切でない場合、肌への摩擦や不快感だけでなく、健康上の問題を引き起こすリスクが高まります。

 

浮いたり、くいこんだりしていませんか?

 

クロッチ部分が浮いていると十分なサポートが得られず、くい込んでいる場合は摩擦や圧迫感を感じる原因となります。どちらも肌の刺激や不快感へと繋がりかねません。

 

対策:

✦正確なサイズのガードルを選び、クロッチ部分が体にしっかりフィットするようにする。

✦伸縮性があり動きに合わせて形を保つ素材を選択し、浮きやくい込みを防ぐ。

 

<チェックポイント4: すその状態>

 

ガードルの裾は隠される部分ではありますが、外見への影響が大きいため重要な要素です。すそが適切でない場合、服のラインにひびいたり、快適さを損なったりします。

 

すそがめくれたり、ずれ上がったりしていませんか?

 

ガードルのすそがまくれ上がると、不快感や必要なサポートが得られなくなる可能性があります。また、しわになると衣類の下で不自然なラインができてしまいます。

 

対策:

✦裾にシリコンストリップまたはグリッパーが施されたガードルを選ぶことで、まくれ上がりを防止する。

✦体型に合わせて長さの異なるガードルを選び、個々の身長や体の長さに最適化する。

 

ガードルは体型を整えるだけではなく、毎日の快適さも影響します。

この5つのチェックポイントでガードルの状態を確認し、最適なフィット感を保ちましょう。

VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展