「今年の冬は例年以上に寒いですね❄️」

「こんなに雪が積もるなんて思いもよらなかった……⛄」

でも大丈夫!しっかりと防寒対策をして、寒さに立ち向かいましょう!

 

この記事は、簡単にできる防寒方法や、手軽に準備できる防寒グッズをご紹介🧣🧤 あなたの生活スタイルやお住まいの地域に合わせて、ぴったりの対策を見つけてくださいね!寒い冬もこれで乗り切れますよ✨

 

部屋の寒さ対策はどうすればいい?ー部屋の寒さはどこから来る?

部屋の寒さは、主に以下の3箇所からやってきます。寒さ対策を完璧にするためには、寒さの原因となる場所を理解し、それぞれに適した対処法を実施することが重要です。それでは、3つの場所ごとに寒気が侵入する原因を見ていきましょう!

 

 

窓は部屋が寒くなる主な原因の一つです。冷たい外気が入りやすく、窓際では室内の暖かい空気も冷やされがち。特に窓の数が多かったり、大きな窓がある部屋は注意が必要です。

 古い中古物件や賃貸物件では、窓のサッシのパッキンが劣化して隙間ができ、熱が出入りしてしまうこともありますよ。

 

壁も、熱の出入りが起こりやすい場所の一つです。家の中でも大きな表面積を占める壁は、断熱性能が低いと室内温度に大きな影響を与えます。

特に古い建物では、壁材や断熱材が劣化しており、熱を遮断する機能が低下している可能性が高いので、注意が必要です。対策を施すことで、快適な室内環境を保つことができます。

 

空気は冷えると下に沈み、温まると上昇する性質があります。この「コールドドラフト現象」とも呼ばれる現象が、足元の冷えの原因とされています。下に溜まる冷たい空気は、特に背の低い人や子ども、ペットに影響を与えやすいです。

暖房をつけていても寒く感じる場合、床からの冷気が原因の可能性があります。このような状況を改善するためには、床の断熱対策や暖房方法を見直すことが効果的です。

 

部屋の寒さ対策はどうすればいい?ーすぐにできる簡単な部屋の寒さ対策

 

1.厚手で丈が長めのカーテンをつける(玄関寒さ対策も適用 

カーテン寒さ対策には、裏地付きで厚手のカーテンがおすすめです。これらは遮熱性や断熱性に優れており、窓の隙間から入る冷気を効果的に遮断してくれます。

 

関から室内への扉がないと、外の寒さが室内に入り込みやすくなってしまいます。 DIYやリフォームで扉を設置するのは大変ですが、間仕切りカーテンを使って玄関と室内を効果的に区切ることができます。

 

賃貸やアパートでは、窓を二重サッシに変えるのはなかなか難しいですよね。間仕切りカーテンは突っ張り棒で簡単に取り付け可能なので、壁に穴を開ける心配もなく、賃貸住宅でも気軽に使えます。

 

冷気の室内への侵入を防ぐために、遮熱・断熱機能付きの間仕切りカーテンを選んでくださいね。寒さ対策には、このような簡単なアイデアも大きな効果を発揮します。

 

厚手のカーテンに変えることで、部屋の温度が下がるのを軽減し、室内をより快適に保つことができます。また、カーテンで窓をしっかり覆うことにより、温かい空気が外に逃げにくくなります。その結果、暖房を切った後でも暖かさを長くキープすることが可能になります。

 

一人暮らしで電気代を節約したい方は、ぜひ遮熱・断熱カーテンの取り付けを検討してみてください。冬の寒さ対策にも夏の暑さ対策にもなり、一石二鳥ですよ。

 

2.窓サッシに隙間テープを貼る

窓のサッシからの冷気を遮断したい場合は、隙間テープが非常におすすめです。隙間テープはホームセンターで安価に購入でき、その手軽さが大きな魅力です。中古物件や賃貸住宅の窓サッシのパッキンが劣化している場合にも有効です。

 

ドアや引き戸に貼るタイプもありますが、窓専用の隙間テープを使用することで、より効果的に窓からの冷気の流入を防ぐことができます。

 

さらに、暖房効率を高める効果もあるため、電気代やガス代の節約にもつながります。冬の寒さ対策には、このような簡単な方法でも大きな違いが生まれるんですね。

 

3.カーペットやアルミシートを敷く

冷たい空気は部屋の下部に溜まりやすいため、足元の寒さ対策が非常に重要です。

 

フローリングの床には、保温効果のあるアルミシートを敷くことがおすすめです。そして、その上に厚手のカーペットを敷くことで、さらに防寒効果が高まります。

この組み合わせは、冷気をしっかり遮断し、足元を暖かく保つのに効果的です。

 

服装による寒さ対策ー体が冷える主な原因

体が冷える原因はさまざまですが、主な原因は以下の3つに分けられます。

 

<筋肉量が少ない>

人の基礎代謝は筋肉量に大きく左右されます。筋肉量が少ないと、体が生み出す熱も少なくなりがちです。

 

<自律神経の乱れ>

体温調整をつかさどる自律神経が乱れると、適切な体温を保つことが難しくなります。

 

<ホルモンバランスの乱れ>

ホルモンバランスが乱れると血行が悪くなり、冷え性を引き起こしやすくなります。特に女性は、生理や出産などによってホルモンバランスが乱れやすく、男性に比べて冷えやすいとされています。

 

服装による寒さ対策ー薄着でも寒くない!おすすめの方法3つ

冷えやすい部分を温めることで、薄着でもある程度の防寒ができます。まずは、薄着でも寒くない方法を押さえていきましょう。

 

1.「3首」をしっかり温める

寒さ対策には、「3首」と呼ばれる首、手首、足首を温めることが効果的です。これらの部位は皮膚が薄く、太い動脈が通っているため、温めることで血行が促進されると言われています。

 

首にはマフラーやスヌードを着脱しやすくすると良いでしょう。手首には手袋やアームウォーマーが活躍します。足首を温めるには、レッグウォーマーや靴下、タイツなどがおすすめです。これらの対策で、冷え知らずの冬を過ごしましょう。

 

2.あったかインナーを着る

薄手のあったかインナーは、どんな服とも合わせやすく、着膨れしないのが大きな魅力です。吸湿発熱繊維を使用したインナーなら、汗をかいた後の冷えも防ぐことができます。

 

インナーを選ぶ際は、合わせたいトップスとのバランスを考え、ネックラインが隠れるか、見えてもおしゃれなデザインであるかに注目すると良いでしょう。これにより、寒い季節でも暖かく、かつスタイリッシュに過ごせます。

 

3.コーデの幅も広げてくれるレギンス

下半身を温めつつ、コーディネートのアクセントにもなるレギンスは、ワンピースやスカートを履く際の防寒対策に最適です。デザインや素材にこだわることで、コーディネートがより洗練された印象になります。

 

大人の上品さを演出したい場合は、裾にスリットが入ったデザインや、ワッフル素材のレギンスがおすすめです。これらを取り入れることで、冬のファッションを一層楽しむことができます。

 

おすすめの防寒アイテム!

1.カイロ・貼るカイロ

細かい鉄粉や活性炭が入ったカイロは、空気に触れると中の鉄粉が酸化し、熱を発生させます。カイロの平均温度は大体40~50℃程度で、中には高温タイプで60℃程度になるものもあります。

 

手に持つと体が温まるのはもちろんのこと、貼るタイプのカイロなら腰や背中、足先などを直接温めることができて大変便利です。寒い季節のお出かけや屋外活動には、これらのカイロがとても役立ちますね。

 

2.スリッパやルームシューズ

カーペットやアルミシートを敷くのは効果的ですが、部屋中に敷くのはなかなか難しいですね。特にフローリングの床が直接触れる場所では、やはり寒さを感じることがあります。

 

そんな時、足元の寒さ対策としてスリッパやルームシューズの着用がおすすめです。足を温かく保つことで、全体の体温も保ちやすくなります。さまざまなデザインや素材のものがありますので、お好みのものを見つけて冬の寒さから足元を守りましょう!

 

3.湯たんぽ

足元の冷え対策に湯たんぽを活用するのもおすすめです。

 

伝統的なお湯を入れるタイプの金属製湯たんぽはもちろん、手軽に使える充電式や電子レンジで温めるタイプの湯たんぽも人気が高まっています。これらの湯たんぽは使い勝手が良く、寒い季節の足元を暖かく保つのに大変役立ちます。

 

4.スノーブーツ

足元の寒さに悩む方に特におすすめなのが、防寒性に優れたスノーブーツです。

 

スノーブーツは、裏地やインソールに起毛素材や吸湿発熱素材を使ったものが多く、外部にはゴアテックスやラバーなどの素材が使われており、保温性に優れています。

 

足を濡れから守る防水設計のものであれば、雪や雨の日でも快適に過ごすことができます。冬の足元寒さ対策に、これらのスノーブーツは非常に有効です。

 

5.イヤーウォーマー(耳当て)

寒さで耳が痛くなるときには、イヤーウォーマー(耳当て)の着用がおすすめです。

 

耳には、顔の筋肉を動かす顔面神経や舌の感覚に影響を及ぼす舌咽神経、内臓や血管の機能を維持する自律神経など、重要な神経が通っています。イヤーウォーマーで耳を温めることで、寒さ対策だけでなく、これらの神経にも良い効果が期待できます。

 

保温性の高いフリース素材のイヤーウォーマーなら、寒さ対策をしながらおしゃれも楽しめます。冬の寒い日も、イヤーウォーマーで快適に過ごしましょう

 

6.ニット帽

頭や耳を寒さから守るためには、ニット帽を着用するのが非常に効果的です。

 

たとえば、折り返しのある「ダブルニット帽」や、折り返しがないシンプルな「シングルニット帽」などの定番タイプがあります。さらに、「オスロキャップ」のようにツバ付きで耳までしっかり覆えるタイプもあり、寒さ対策には最適です。

 

また、ニット帽は頭部を暖めるだけでなく、保護する役割も果たします。冬の寒い日には、ニット帽で暖かく快適に過ごしましょう。

 

まとめ

今回は、すぐにできる簡単な寒さ対策をご紹介しました。

 

厚手のカーテンへの変更や隙間テープの使用など、屋内での対策は寒さが本格化する前に終えておくことをおすすめします。

 

屋外では、カイロや温かい飲み物を持ち歩くこと、インナーやアウターの選択に加えて、マフラーやネックウォーマーなどの防寒グッズも賢く活用しながら、服装での寒さ対策を行うことも重要です。

 

真冬の到来前にしっかりと対策をして、寒い季節を乗り切りましょう!

 

👇いかがでしたか?いい情報があったのでシェアするね!👇

🧡リアクションをいただけますと、スタッフが喜びます!🧡

11月 29, 2023 — VEIMIAチーフデザイナー
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展