―日本の夏の風物詩、花火大会におけるファッションガイド!―

 

 

<はじめ>

 

夏の風物詩といえば、花火大会ですね。

 

花火大会では、美しい花火を楽しむだけでなく、おしゃれな夏コーデで華やかな雰囲気を演出したいものです。

 

veimiaが提案した本記事では、花火大会にぴったりな服装の選び方と、大胆なアレンジを取り入れたコーディネートの提案をご紹介します。さらに、ブラジャーの合わせ方にも注目し、夏のファッションをより一層楽しんでいただけるようにお伝えします。

 
hanabitaikai

 

<パート1:服装選びの注意点>

 

夏のコーディネートは、涼しげで軽やかな素材や鮮やかな色使いが特徴です。例えば、涼しげなワンピースやデニムショーツに、ビビッドなカラーのトップスを組み合わせると、一気に夏らしい印象になります。また、下着はブラショーツセットのものを選ぶのがおすすめです。

 

2.1 涼しさと快適さを重視する    

 

花火大会は夏のイベントですので、暑さに負けずに楽しむために、涼しさと快適さを重視した服装を選びましょう。通気性の良い素材や薄手の衣料品を選ぶことで、熱中症や不快感を軽減できます。

 

さらに、ノンワイヤーブラや夏ブラ、ナイトブラなどの快適なインナーウェアを使用することもおすすめです。これらのアイテムを選ぶことで、より快適に花火大会を楽しむことができます。

 natu nonn waiya- burajya-

 

2.2 花火に映えるカラーコーディネートを意識する    

 

花火は夜空に美しく打ち上げられるため、暗い背景に映える明るいカラーの服装を選ぶと、より一層華やかな印象を与えることができます。例えば、鮮やかなイエローやオレンジ、ピンクなど、夏らしいカラーを取り入れたコーディネートがおすすめです。

 

2.3 移動や座り心地の良さにも配慮する    

 

花火大会ではしばしば移動や長時間の待ち時間が発生しますので、動きやすさや座り心地の良さも重要です。そこで、透気性の高い吸水ショーツを選ぶことも大切です。

 

歩きやすいサンダルやスニーカー、軽いカーディガンなど、快適なアイテムを選んでおくと良いでしょう。

 

<パート3:夏コーデの提案>

 

夏から秋にかけて、全国各地で花火大会や夏祭りが増えていきます。花火大会にはデートで訪れる大人の女性も多いですよね。女性らしい雰囲気のある服装で、花火大会を存分に楽しみましょう。

3.1 フェスティバル感漂うボヘミアンスタイル  

 

大人気のボヘミアンスタイルは、花火大会にぴったりです。

 

柔らかな素材のマキシワンピースに、花柄やレースのディテールがあしらわれたアイテムを合わせると、フェスティバル感漂うコーディネートが完成します。また、足元にはかわいいサンダルを合わせることで、いいお祭り感の雰囲気を演出できます。

 
wannpi-su

 

3.2 夏らしい浴衣スタイル    

 

花火大会といえば、浴衣が人気です。派手な柄や鮮やかな色の浴衣を選ぶと、夏の風物詩をより一層楽しめます。浴衣の柄や色に合わせて、帯や髪飾りなどの小物使いにこだわりましょう。

 

例えば、花火のモチーフや夏の風景が描かれた帯や、髪に挿す花や飾りを取り入れると、より華やかで個性的なスタイリングが完成します。足元には、草履やゲタを合わせて、和の雰囲気を演出しましょう。

3.3 カジュアルなデニムスタイルに華を添えて    

 

デニムはカジュアルな印象ですが、花火大会でも取り入れることができます。デニムショーツやデニムスカートに、鮮やかな色のトップスや華やかなアクセサリーを合わせると、カジュアルながらも華やかさが演出できます。

 

例えば、デニムショーツには、オフショルダートップスやクロップトップスを合わせて、肌の露出を増やすと、夏らしい爽やかな印象を与えることができます。

 

足元にはスニーカーやサンダルを合わせて、動きやすさと快適さも意識しましょう。

 

アクセサリーは、ビジューやパールなどの装飾が施されたものを選ぶと、デニムスタイルに上品さをプラスすることができます。

 
denimu

 

<パート4:浴衣の場合の注意点>

 

4.1 下着に気を使う。

浴衣には専用の下着があります。和服は寸胴の方が似合うため、大きいサイズの胸を平らで鳩胸に補正する必要があるからです。

 

浴衣専用の下着にはメリットとデメリットがありますが、できるだけ着用することをオススメします。なぜなら、浴衣は普段私たちが着ている洋服とは全くタイプの違った衣服だからです。

 

和服は、前開きのかたちをしている・袖口が大きく開いている・胸元が開きやすい、といった特徴があるため、着崩れたり動いたりすると肌が大きく露出する可能性があります。そのため、浴衣専用の下着を着ておけば安心してお出かけを楽しむことができるのです。

 

4.2 下駄の鼻緒擦れに注意! 

 

鼻緒に当たる部分が擦れて痛くなるのを避けるには、ちょっと高価なのかもしれませんか、まず下駄を選ぶ際になるべく鼻緒部分に柔らかい綿がたくさん入ったものを選ぶ!

 

鼻緒は細いものより太めのものを選ぶとよいでしょう。

 

また当日に新品をおろすよりは、何日か前から履き慣らしておくと、だいぶ歩くのが楽になります。
 

履くときのコツとしては、親指をあまり奥まで突っ込まないようにし、かかとがはみ出すようにします。軽く下駄をひきずる感じで歩くのが痛くならないポイントです。
 

それでも下駄が苦手だという方は、下駄風のサンダルも売られているので、一度チェックしてみてはいかがでしょう?

 

<まとめ>

 

これらの提案を参考に、花火大会でのおしゃれなコーディネートを楽しんでください。大胆なアレンジや個性的なアイテムの組み合わせによって、より一層素敵な夏の思い出を作ることができます!

VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展