「ぽっこりお腹に効く!お腹を補正する補正下着&ガードルで無理なくすっきり♪」

 

体型の気になる部分で、常に上位に上げられている「ぽっこりお腹」。

 

他は痩せているのに、なぜかお腹だけぽっこり…なんて方も。

 

「エクササイズをする時間が無いー!」

「着たい服があるから今すぐ!すっきり見せたい!!」

 

こんな悲鳴が聞こえてきそうですが、すぐに痩せ見えをしたいときは下着の力を借りちゃってください。

無理なくぽっこりお腹をすっきり見せることができる補正ガードルと合わせて使いたい補正下着も紹介します♪

 

目次

1.ぽっこりお腹を抑える補正下着の選び方

2.お腹をすっきり見せるおすすめ補正下着ブランド

3.ぽっこりお腹にl効果的な補正インナーの種類

4.ウエストシェイパーと補正下着の違いとは?

5.着用感・効果別!ぽっこりお腹対策の補正下着

6.補正下着でぽっこりお腹を解消するコツと注意点

7.ぽっこりお腹におすすめの骨盤ガードルと選び方

 

 

ぽっこりお腹を抑える補正下着の選び方

ぽっこりお腹を抑えるときには、きつすぎない補正下着を選ぶことが大切です。

 

サイズと素材の重要性:適切な補正下着の選び方

 

一般的に、補正下着は締めつけの強さに比例して補正(シェイプ)効果が高くなりますが、慣れないうちから締めつけが強い下着を選ばない方が良いでしょう。

 

せっかくおしゃれをして出かけても、強い力で腹部が圧迫され続けると体調が悪くなってしまうかも。

 

途中で苦しくなってトイレに駆け込むようなことは避けたいので、「ちょっと締め付け感があるかな?」ぐらいのものを選び、無理なく1日を過ごしてください。

 

素材も重要です。朝から夜までと長時間着用するので化学繊維が多く使われている生地だと、痒くなったり肌荒れの原因になってしまいます。

 

綿などのお肌に優しい生地のガードルをおすすめします。

 

ガードルとインナーの違い:お腹引き締め効果を高めるアイテム

 

ぽっこりお腹だけでなく、たるんでしまったウエスト、ヒップ、太ももを元の位置に戻してくれるのが補正ガードルです。

 

補正ガードルを履けば、『ウエストや太ももなどの脂肪の付きやすい部分は引き締め、垂れてしまいがちなヒップを上げてくれる』のでお腹から下半身のスタイルアップには欠かせません。

 

タイトなパンツや、ボディラインの出やすいワンピースのインナーにガードルを着用すれば、スタイルがより良く見えます。

 

ガードルに期待するのは「細く見せたい」と「痩せたい」の2つが多いのではないでしょうか。

 

 

veimiaガードルは着用することで、ウエスト、ヒップ、太ももを元の位置に戻して若い頃のシルエットを取り戻すことが目的です。

 

ガードルを選んで失敗しないようにするには、商品の機能と着用する目的が一致しているかを確認することが大切。

 

veimiaの補正ガードルは適度な締めつけで着心地が良く、補正機能もしっかりと付いているのでガードルだけでなくブラジャーやブラキャミとセットで買っても十分な効果が得られるはずです。

 

シリーズで揃えればキレイめやフォーマルにぴったりな統一感のあるシルエットが楽しめるので是非お試しください♪

 

ぽっこりお腹に 効果的な補正インナーの種類

ぽっこりお腹に効果的な補正インナーを紹介します。

 

ガードルももちろん効果はありますが、ウエストニッパーもおすすめです。ポイントは補正力にこだわり過ぎてキツイものを選ぶよりも1日中快適に着用できるものを選ぶこと。

 

着用感重視:素材とカラーの違いを比較

 

下半身に合わせて上半身もスタイルアップしたいところ。補正ブラやブラキャミ、ウエストニッパーと合わせて使うことも考えてみましょう。

 

ガードルと同じシリーズで揃えたり、目的に合わせて使い分けることもできるので、おすすめの補正下着をピックアップして紹介します。

 

お腹補正用インナーの選び方

 

気になるお腹のお肉を強力に補正するなら、ウエストニッパーがおすすめです。

 

特に、お腹を重点的に補正したいときは『ガードル+ブラキャミ』よりも、『ガードル+ウエストニッパー+補正ブラ』を組み合わせて使うという方法もおすすめです。

 

同じシリーズが無いことも多いので、カラーを揃えるようにすれば違和感のないコーディネートになります。

 

ウエストシェイパーと補正下着の違いとは?

 

ウエストシェイパーと補正下着にの違いは加圧効果があるかどうかです。

 

どちらのアイテムもウエストラインを補正してくれる効果があるので、ボディシェイプは可能です。

 

加圧効果:ウエスト引き締めのメリットとデメリット

補正下着には加圧効果はないので着用している時のみの一時的なスタイルになってしまいます。

 

ウエストシェイパーはアイテムによりますが、加圧効果のあるものだと発汗作用があるので着用後でも痩せて引き締めてくれる効果があります。

 

着用しているだけで痩せることができるのでメリットではありますが、加圧することでウエスト周りが苦しくなって、体調が悪くなるというデメリットもあります。

 

骨盤ガードルとウエストシェイパー:選ぶべきアイテムの違い

 

骨盤ガードルとウエストシェイパーはボディシェイプする部分が異なります。

 

骨盤は腰からお尻、ウエストシェイパーは胸下からお腹の部分なので自分の気になる部分で使い分ける必要があります

 

着用感・効果別!ぽっこりお腹対策の補正下着

 

ガードルにはウエストの長さが短いロータイプ、ウエストで丁度とまるジャストタイプ、ウエスト上まですっぽり包み込むハイタイプがあります。

 

お腹と姿勢:着用時の快適さと効果を両立

 

着用時にお腹と姿勢の快適さを優先するのであればジャストタイプがおすすめです。

 

ロータイプだとウエストのお肉を抑えることができないので、ショーツの段差でお肉が乗ってしまう可能性があります。

 

ハイタイプはウエストより上まですっぽり包み込んでくれますが、苦しくなる可能性があります。

 

補正効果ではウエストが長いほど効果はあるので、使用用途によって選んでくださいね。

 

補正下着でぽっこりお腹を解消するコツと注意点

 

補正下着でぽっこりお腹を解消することはできます。

 

ウエストまで隠れるタイプのガードルならぽっこりお腹もキレイに解消できます。

 

サイズ選び:XL やブラックなどの選択肢

 

ガードルを選ぶ際にサイズ感や生地感を重要視することは大切です。

 

きつ過ぎず、緩すぎない丁度良いサイズ感を選ぶ事も大切ですが、色見も気になりませんか?

 

特に人気のガードルだと、定番のカラーはすぐ売り切れてしまいます。

 

ベージュなどの透けにくいカラーも大変人気ですが、ブラックなどの定番カラーもとても人気です。

 

ブラックは洋服にも透けやすいので注意してくださいね。

 

さらにサイズの大きな方の方が体型に悩みを持っている方が多いので、サイズもXLなどの大きめのサイズの方がすぐに在庫がなくなってしまいます。

 

着用方法とダイエット:効果を最大化するコツ

 

ダイエット中にガードルを着用するのはおすすめです。

 

食事、運動と頑張りながら、ガードルでお尻を上の位置でキープしてあげることで、ダイエットで余ってしまう皮の部分まで上げてくれる可能性があります。

 

ぽっこりお腹におすすめの骨盤ガードルと選び方

 

ぽっこりお腹におすすめの骨盤ガードルはジャストタイプとハイタイプのガードルです。

 

腰回りからお尻の部分までしっかり包み込んでくれます。

 

 

 

骨盤ガードルの種類:価格とスタイルの違い

 

骨盤ガードルはウエストの生地の長さ、太ももの生地の長さ、締め付け感によって価格帯も異なります。

 

一番価格が異なる原因は、締め付け感です。

 

締め付けが強いほど、生地も工夫していることが多くコストがかかります。

 

締め付け感が強いとスタイルアップすることも可能なので、その分価格は高くなってしまいます。

 

 

生地とカラー:ベージュやブラックなどの選択肢

 

ガードルは補正効果を求めて購入する方もいますが、ボトムスに響かないようにと購入する方もいます。

 

ショーツのようにお尻の付け根にゴムがないので段差にもならず、ボトムスをキレイに着こなせます。

 

ガードルはブラックも人気のカラーですが、ベージュならボトムスの色見に関係なく着用できるのでおすすめですよ。

7月 21, 2023 — OFFICIALVEIMIA
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展