古代には、腹巻や胸当てのような「ランジェリー」は自分で作られていました。

伝統的な男性の農作業と女性の織物作りの生活様式が私たちから離れるにつれ、現代に入ると、衣服を作る人は、手作りを趣味とする人か、正式な職業とする人に限られます。

これは外着に限られ、ランジェリーを作れる人はほんの一握りです。

 

外着と比較して、ランジェリーを作る際の詳細は、人々にあまり知られていません。

veimiaが提案したこの記事では、ランジェリー作成プロセスの詳細と使用される機械の種類について語ります。

 

1.ランジェリーの制作ポイントとコスト分析

 

ランジェリーは精密に縫製され、他の衣類とは違い、人体を覆うだけでなく、胸部の健康をサポートするために精巧な工芸と緻密な設計が必要です。正確なフィットを得るには、縫製の精度が非常に重要です。

 

欧州の企業は通常、誤差が3.175ミリメートル以内であることを求めており、それを超えると不良品と見なされます。

制作時間は通常8〜30分で、デザインの複雑さによってパーツの数が異なります。

 

ランジェリーのコストは工場出荷価格の55〜60%であり、最も基本的なデザインでも4.5ドルがかかります。

1000円以下での購入は品質や機能の不足が考えられるため、注意が必要です。

 

セールやプロモーション時には特に価格を慎重に検討しましょう。

 

2.ランジェリー製造の原材料

 

ほとんどのランジェリー製造に使われている原材料は、主に石油から取られる化学繊維です。その中でもっとも大切なのがスパンデックス(ポリウレタン繊維の略)です。

 

スパンデックスのおかげで、現代のランジェリーは進化しました。

その理由は、スパンデックスが十分に伸縮性があり、同時に強度も兼ね備えているからです。混ぜることができるので、ほとんどの生地にスパンデックスを組み合わせて使用することができます。

例えば、ストレッチコットンやストレッチポリエステルの織物にも使えます。

 

スパンデックスを使うことで、ランジェリーは体にぴったりフィットし、動く際の適応も良くなります。

価格が手ごろで、供給が簡単で、大量生産が可能であり、低アレルギーで無害なので、ほとんどの人がこの素材を使えます。

さらに、耐汗性があり、化学的に安定しているので、他の伸縮性のある衣類にもよく使われています。

ランジェリーは一定の伸縮性が必要で、スパンデックスの登場により、工業生産に向いたものになり、多様な人に対応でき、耐久性もぐんと向上しました。

 

3.ランジェリーのカットと分類工程

 

通常、ランジェリーは特別なカットマシンを使用して裁断され、精度が確保されます。

デザインは非常に精密で小さいため、異なるサイズの部品にマーキングを行い、効率的にカットする必要があります。

生産過程では、これらの切り取られた部品を束ねてマーク管理を行い、混乱を避けるよう努めます。

部品同士には一定の類似性があり、このプロセスは複雑ですが、後続の生産をスムーズに進め、部品の混乱を避けるために非常に重要です。

 

製造業者は、特別なストレージシステムを使用します。

これは、四角い区切りのあるテーブルで、各ホールには袋があり、必要な部品を保存するために使用されます。

分配が完了すると、これらの袋はそれぞれが隔離されます。

同じタイプの部品を一つの袋に入れるのではなく、一つの袋に一つの異なる部品を入れ、必要に応じて取り出し、袋の中の他の部品は動かさないようにします。

この方法を使用すると、部品の混乱が最小限に抑えられます。

 rannjeri-noseisaku-20231031crx

このような格子状のスペースのようなものです。

 

4.ランジェリーの縫製工程

 

ランジェリーの縫製は主に手作業に頼っており、作業者の精度や器用さを重視しています。主に女性が担当し、彼女たちは賢明であると同時に、高い集中力が求められます。

 

rannjeri-noseisaku-20231031crx2 

 

同時に、メーカーも工程を簡素化して不必要な労力を減らす努力をしています。手縫いが使われる場合もあり、これにより時間コストが増えることがあります。

 

製作過程では、ランジェリーの整理やアイロンがけは不要ですが、梱包時に行います。したがって、使用する機械はできるだけ清潔である必要があります。

部品はまずカップ、サイド、ベースに分けられ、通常はサイドとベースを先に作り、その後にカップを作成します。

 

 

5.ランジェリー製造の機械種類

 

ランジェリーの製造過程は複雑ですが、必要な機械はシンプルで、多くの追加機能はいりません。すべての追加機能は、付属品や他の補助ツールを使って行います。

 

全ての機械には共通の特徴があります:セミドライヘッド、軽量、そしてダイレクトドライブモータ。

これらの機能を利用することで、ランジェリーの縫製効率が大幅に向上します。機械の数を最小限にすることで、工程を効果的に簡略化することも可能です。

 

①Zigzag/ジグザグ縫製機

 

この機械は、独特な外見と伸縮性のある生地の縫製に主に使用されます。例えば、レース下着に使われます。

14種類の異なるステッチタイプを備え、最大99種類のパターンを保存できます。

ランジェリーの伸縮性のある生地の縫製を詳しく見ると、ほぼすべてが曲線で縫製されているのがわかります。

これにより、生地の伸縮性を維持しながら、耐久性も確保できます。

ランジェリーの最終工程では、この機械も使用されます。たとえば、フック部分もジグザグステッチで縫製されます。

 

rannjeri-noseisaku-20231031crx3

 

②Bartack/バルタック機

 

この超高速機械は、1分間に最大3200回のステッチが可能です。これにより、縫製の効率が大幅に向上します。

主に、ストラップとカップの間や、バンドとカップの部分の接続など、追加の補強に使用されます。

バルタック機には50のプリセットパターンがあり、最大200のパターンを保存できます。例えば、レースランジェリーなど、いろんなセクシーランジェリーに使われます。

ランジェリーの縫製用の特別な縦型プレスフットも備えており、コンピュータを使用してステッチの方向を制御し、ランジェリーの洗練度を向上させ、ディテールを強化することができます。

 

rannjeri-noseisaku-20231031crx4

 

③Single Needle/シングルニードル高速縫製機

 

この機械は、主にランジェリーの接続に使います。ロックステッチは、ランジェリーの強度と安定性を効果的に向上させます。

最小高さは15mmで、ランジェリーの縫製に特化して設計されています。通常の縫製機とは異なります。

 

この機械は、ランジェリーの精度要件を考慮に入れて設計されています。

毎分5000ステッチの縫製速度と、車台下のトリマーおよびスレッドブラシが装備されており、製造過程でランジェリーの微細な違いを調整することができます。

 

rannjeri-noseisaku-20231031crx5

 

④Double Needle/ダブルニードル縫製機

 

この機械は、ストラップやワイヤーの固定に主に使用されます。ワイヤーブラに適しています。

これらの位置は対称であり、この機械を使用することで、対称のロックステッチ固定の時間を効果的に短縮し、両側をより対称にすることができます。

機械のプレスフットは、非常に小さな変数を制御できるため、フラッフィーな生地や伸縮性のある生地の縫製に非常に適しています。

機械の操作台は一定の幅があり、縫製の過程でステッチ幅が変化しても、良好に調整することができ、ステッチがより均一になります。

 

rannjeri-noseisaku-20231031crx6

 

⑤Special/特別なストラップ製造機

 

この機械は、ストラップの生産に特化しています。切断、8字リングの挿入、縫製仕上げ、Oリングの挿入などの工程を、1台で直接完了できます。効率は非常に高く、基本的に5秒で1本のストラップを製作できます。

内蔵の光電管は、ストラップの必要な長さを自動的に感知し、自動的にカットできます。原材料の欠如も感知し、補充が便利です。最大18mm幅のストラップの製造に対応できます。

この機械は非常に高性能で、現時点では日本だけが持っています。価格は比較的高いですが、約5年でコストを回収でき、機械自体の寿命は10年ですので、残りの5年間でリターンを得ることができます。

また、従来の方法では3人の熟練工が必要ですが、この機械を使用すると、熟練工を1人減らすことができます。

 

rannjeri-noseisaku-20231031crx7

 

6.ランジェリーのパッケージングと品質監査

 

縫製が完了したランジェリーは、アイロンがかけられ、タグが付けられます。

通常、バックのホックを縫い付ける際に、タグも一緒に縫い付けられます。一部のブランドでは、ランジェリーが完成した後で、別途紙のタグが追加されます。通常は両方が使用されます。

 

完全に製造されたランジェリーは、コンベヤーベルトに乗せられ、包装プロセスが行われます。

このプロセスは、手作業または機械を使用して行われ、その後、保管または直接卸売業者に送られます。

 

ランジェリーの品質検査も非常に重要なステップです。

最終的な製品ができ上がった時点で品質検査が行われるのではなく、最初から最後まで、すべての素材の色の堅牢度、耐久性、形状の保持性など、ランジェリーの繊細な特性に関わるあらゆる側面が検査されます。

多くの企業は自社でランジェリーを生産していない場合があり、一部の原材料は、サプライヤーが製造した後にランジェリーのブランド企業に送られるため、受け取った時点で開梱検査が必要です。

最終的な製品も適切に抜き取り検査を行い、その後送られます。

 

ランジェリーは非常に個人的なアイテムであるため、その要求は比較的厳格であり、精密度も高い必要があります(最初に言及された3.175mm)。

優れたブランドほど、ランジェリーの不良品の排除基準が厳しく、これは一般的に品質管理のステップと言われます。

この部分がより適切に制御されている場合、顧客が受け取るランジェリーの差はより微細になり、一部は良いもので、他は悪いものであるという状況が発生しにくくなります。

品質管理に努めるブランドは、交換率や返品率が大幅に低下します。

 

まとめ

 

現代のランジェリーが古代のランジェリーとこれほど異なるのは、原材料であれ製造工程であれ、ほとんどすべてが現代の設備と成果を使用しているからです。

カスタムメイドや手作りのランジェリーでさえも、現代の設備なしには成り立ちません。

一部の非常に遠隔地に住む女性たちは、現代の設備から遠ざかっているため、自分に合ったランジェリーを着るのが難しいのです。

VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展