最近、友人たちから内衣に対するアレルギーの報告が相次いでいます。特に汗をかいた時に、アレルギー症状がより悪化し、肌が不快感を感じ、赤く腫れてかゆく、我慢できないほど痛みます。

皮疹、湿疹、じんましん、乾癬、牛皮癬など、胸部でよく見られるアレルギーの症状です。アレルギーが出ると、胸のサイズが大きいか小さいかにかかわらず、ブラを着たくない気持ちが生まれます。

 

フリーランスや休暇中の学生なら、アレルギー症状が出た際に一時的にブラを着ないこともできますが、仕事を持つ人にとっては非常に困難な状況になるかもしれません。

 

この記事では、夏におけるアレルギーをできるだけ避ける方法について説明します。夏季でも自分とブラが友好的に共存できるようにするためのアドバイスです。

 

アレルギーの種類

 

金属アレルギー

 

ニッケルは銀白色の金属であり、耐摩耗性、防食性、高い磨きつやを持っています。また、豊富な供給量と低価格のため、電気めっき処理の欠かせない要素となり、硬貨には主にニッケルが使用されています。

 

ブラのワイヤー自体はステンレス鋼である可能性がありますが、電気めっき処理が施されることも避けられません。電気めっきは金属を錆びにくくする効果があります。しかし、金属アレルギーの原因は通常ニッケルアレルギーです。

 

データによると、人口の約20%がニッケルに過敏症を示し、その中で女性の割合が男性よりも高いです。この過敏症は通常、毛穴の拡張や皮脂腺の浸透を通じて体内に入り、免疫システムの警報を引き起こすことがあります。

 

汗をかくと、汗の成分がニッケルをニッケルイオンに変化させることがあります。これにより、ニッケルが皮膚により容易に浸透し、人体はニッケルに対してより過敏に反応しやすくなります。

また、摩擦の過程でもニッケルが皮膚と接触しやすくなる可能性があります。

 

この種の過敏症は一度発症すると終生持続する可能性があり、接触皮膚炎を引き起こすことがあり、治療が難しい場合もあります。そのため、ブラのワイヤーがアレルギー症状を引き起こしやすい理由も理解できます。

 

硬貨の表面もニッケルで覆われていますが、多くの人は過敏症状がほとんど感じられないことがあります。これは手の指先の汗が比較的少なく、また多くの人が硬貨を実際に手に持っている時間が短いためです。

 

しかし、ブラのワイヤーは体と長時間接触するため、布地が間にあるとしてもニッケルイオンが汗を通じて体内に入り込むのを避けることはできません。夏に多くの汗をかく時期には、症状がより悪化することがあります。

 

金属アレルギーを回避したい場合、一つの方法は特殊な素材でできたワイヤーを探すことです。例えば、プラスチックで覆われたソフトなワイヤーを使用することで、金属と直接接触することを避けることができます。

または、電気めっきを施していないワイヤーに変更することも考えられますが、電気めっきを施さないワイヤーは錆びやすい傾向があります。

そのため、ワイヤーが錆びる前に新しいものに交換することで、ブラジャーを買い替える頻度は高める必要があります。

 

一部分のブラはプラスチック製のワイヤーを使用しており、これらのワイヤーの快適性、サポート力は通常ステンレスワイヤーに比べて劣り、主に胸が小さい女性向けです。

 

ブラジャーは、ワイヤー以外にも、バックのホックやストラップなどの部分に金属が使用されることがあります。

重度のアレルギーのある女性は、金属素材のバックのホックやストラップを避けて、ワイヤーのないタンクトップタイプのブラジャーやプラスチック製のものを選ぶことができます。

 

もしもほとんどの時間を冷房で過ごすなら、たまに大量に汗をかくことでアレルギーが出ることもあるかもしれません。その場合、ブラのスタイルを変える必要はなく、プラスチック製のものに変える必要もありません。

代わりに、汗をかいた時にはこまめに拭いて、汗がワイヤーを腐食させるのを防ぐために気を付けることが大切です。

 

シリコンを使用しているブラ

シリコーン素材の下着は夏季によく見られている、主にシリコーン製のブラジャーのパッド、ストラップレスのブラジャーに使用されるシリコーンストリップ、シリコーン製のブラジャーパッドなどが含まれます。

また、豊胸手術の材料にも、シリコーンのインプラントが含まれることがあります。

 

夏季によく見られるブラの一つがシリコーン素材のものです。主にシリコーン製のブラのパッド、ノンストラップのブラに使用されるシリコーンストリップ、シリコーン製のブラパッドなどがあります。

また、豊胸手術においても、シリコーン製のインプラントが使用されることがあります。

 

シリコーンのアレルギーは、金属のアレルギーほど一般的ではありません。なぜなら、シリコーンは二酸化ケイ素から成るため、その成分は比較的安定しています。

しかし、シリコーンのアレルギーは時折起こることがあり、肌が敏感な女性は特にシリコーンアレルギーを起こしやすいことがあります。

 

もしシリコーンや上に使われている接着剤にアレルギーがある場合、そのようなタイプのブラはできるだけ避けるようにしましょう。ストラップレスブラを選ぶ際には、綿の生地を選ぶこともできます。

 

このタイプのストラップレスのブラジャーが見つからない場合、通常のブラジャーの肩ひもを外して着用することもできます。その際には、自分の通常のブラジャーよりもワンサイズダウンを選ぶことをおすすめします。

 

素材が身体に合わないとかゆみの原因になる

 

ブラの素材は主にスパンデックス(伸縮性素材)、ナイロン(ストラップ)、ポリエステル(広範囲にわたる使用)であり、これらはアレルゲンです。

これらの材料は石油から取られる原料から作られており、アレルギー反応の可能性が高くなります。

 

スパンデックスは主にブラがあまりにもきついことからアレルギー反応が引き起こされることがありますので、きついデザインのものを避けることができます。

 

もしナイロンやポリエステルに対してアレルギーがある場合、通常のブラを着用することが難しくなる可能性があります。その代わりに、綿やシルクのブラを選ぶ必要があるかもしれません。

 

それ以外にも、天然素材から作られた合成素材が存在します。例えば、テンセルやビスコースなどです。

これらの素材は天然素材から作られていますが、もし自身が特定の植物に対してアレルギー症状を持っている場合、これらの素材の取材によってもアレルギー反応が引き起こされる可能性があります。

 

アレルギーの方へ!ブラジャーの選び方

 

出血の症状がある場合、内衣をすぐに脱ぎ、次にノンアルコールのヨードチンキを使用して消毒するのが良いでしょう。アルコールが含まれていないため、痛みを感じることはありません。

 

軽度のアレルギー症状の場合、ブラを替えたり、副作用の少ない薬を服用したりすることもできます。しかし、重度のアレルギー症状がある場合は、医師の診察が必要です。自己処理は避けてください。

 

ブラを着用しないことは可能ですか?

 

ブラジャーを着用しないことも考えることがあります。ブラは必ずしも着用しなければならないものではないため、一時的に着用しないことも完全に可能です。

 

軽度のアレルギー症状の場合、綿素材のブラに変えることができます。バストが大きい女性は、タイトな綿素材のブラトップを選ぶことができますし、バストが小さい女性は、着用しないか、ワイヤーのないデザインを選ぶことができます。

 

重度なアレルギー症状はないが、夏になるとブラジャーを着ることが不快な女性は、ブラをつける時間を減らしたり、通気性の高い素材を選んだり、ワイヤーのあるブラはノンワイヤーブラに変えたりするといいでしょう。

また、皮膚にクリームやベビーパウダーを塗ることでアレルギー症状を緩和することもできます。

 

 

8月 17, 2023 — OFFICIALVEIMIA
VEIMIA・ヴェーミア

ブランドストーリー

これはVEIMIA創設者、小田恵子の物語でもあります
ブラジャーが誕生
顧客に大変好評
ブランドの発展